logo

Top > 両生類 > イモリ

お腹が赤い、カラフルなアカハライモリの特徴と飼い方






日本でも身近なイモリ、アカハライモリを一度はご覧になったことがあるのではないでしょうか?
よく見るととてもつぶらな瞳をしていて癒されますよね。

今回はそんなアカハライモリの飼育についてご紹介いたします。
こちらを参考にアカハライモリに関心を持って頂けたら幸いです。

アカハライモリについて:はじめに

 

 

見た目にもかわいらしいアカハライモリですが、こちらの種類は日本の固有種になります。

昔から私たち日本人の生活の身近なところに存在していたアカハライモリですが、どのような特徴があるのでしょうか?

 

成長してもそこまで大きくならずに手のひらサイズの点もペットとして飼育するのに向いている イモリ です。

金魚 飼育などと同じ飼育環境で飼育が可能なので、安価に始められるのもアカハライモリの魅力の一つ。

飼育するうえでのおススメのアイテム、飼育環境などについてご紹介させていただきます。

 

 

アカハライモリについて:特徴

 

アカハライモリの特徴はその名の通りの美しい腹部の赤色です。

寿命は2~3年前後で皮膚がザラザラとしており高い再生能力があり、獅子の先端・瞳のレンズ部分まで再生します。

さらには身体に、フグと同質のテトロドトキシンという毒を持ち、腹部の赤模様は毒を持つことを他の動物に知らせる警戒色であると考えられています。

 

成長すると全長10センチ前後に成長して、腹部の模様はその個体により異なり千差万別です。

ほとんどのものは腹部のみ赤を有していますが、地域差・個体差があり、逆に真っ黒な個体や背部分まで赤が入る個体がおり選ぶ楽しさがあります。

 

ヤモリ などの 爬虫類 と同一視されやすいですが、アカハライモリは両生類になり、水田・河川の淀みなど流れのない淡水域に生息しています。

繁殖期以外は水辺近くの林や茂みに潜んでいてサンショウウオ類には珍しく、一年を通して水中で生活することが多いです。

冬季は水路の落ち葉の下や水辺の石の下などで冬眠をして冬を越します。

 

 


アカハライモリについて:分布・価格

 

 

アカハライモリは本州、四国、九州とその周辺の島々に分布しており、当該地域に分布する唯一のイモリです。

対馬島には分布しておらず、北海道や伊豆諸島には本来分布していませんでしたが、人為的に移植されたものが増えて問題視される事態になっております。

 

丈夫で飼育しやすく、自然界から入手してくることも可能な他、ペットショップでも取り扱いもある種類のイモリです。

ペットショップでは200円前後で販売されており、安価に入手することが可能です。

 

ペットショップで売っている個体は人なれしていることが多く、人口エサにも慣れていることがあるので後の給餌が楽になるという利点がアあります。

また、自然界から導入してきたものですと、飼育環境に慣れずに数日で衰弱死してしまうことがあるので、慎重に環境に慣らしてあげましょう。

 

 

アカハライモリについて:推奨する飼育環境

 

アカハライモリの飼育自体は容易なものになりますが、アカハライモリは素早く脱走の名人です。

せっかくお迎えしても数日しないうちに逃走してしまったという事態にならないために、きちんとした環境づくりが重要になります。

 

・水槽について

 

アカハライモリは水中を好んで生活するイモリですので、プラケースなどでの飼育も可能ですが、金魚飼育に使うような水槽での飼育がおすすめです。

プラケースでの飼育は湿気がこもりやすく、水質も悪化しやすいためアカハライモリが突然死する原因にもなります。

単一での飼育でしたら小型の水槽で十分ですが、多頭飼いを検討しているのであれば45センチ水槽を用意してあげるとストレスなく飼育が可能です。

 

・エサについて

 

 

自然界では昆虫やミミズ、他の両生類の卵などを捕食して生活する肉食性の強いイモリです。

飼育当初は人工エサに慣れない個体が多く、拒食になる個体もいます。

 

赤虫や エビ などの生き餌から徐々に乾燥赤虫や、 ウーパールーパー のエサなどの人工エサに切り替えていくのが良いでしょう。

幼少期は口が小さいため、赤虫よりもより小さなミジンコなどを給餌して確実にエサを食べられるようにすれば、餓死の心配はなくなります。

 

1日に2回食べきれる量のエサを与えて残ったエサは取り除くようにしましょう。

アカハライモリは食べ散らかし、水を汚しやすいので定期的な水替えをして水質が悪化しないようにする必要があります。

 

・複数飼育について

 

アカハライモリは日常において喧嘩をすることは繁殖期を除いてほぼない穏やかな性格をしています。

しかし、給餌の際に隣り合って エサ を食べていると反射的に目の前のものにかみつく習性がるので、小さな個体のアカハライモリなどはかまれる場合があります。

 

アカハライモリは一度かみつくとちぎろうとして強くブンブン頭をふるので小さい個体は腕などを欠損してしまうことがあります。

再生力が高いアカハライモリですが、かみつかれたショックで衰弱してしまうことがあるので、弱い個体は隔離して給餌をすると良いでしょう。

 

・おススメの飼育アイテム

 

 

 

アカハライモリは上記で紹介したとおり、脱走の名人です。

フタをしっかりしておかないといつの間にかいなくなっているということがあります。

フタはガラス製の重いものを全面に使用してすきまを作らないようにしましょう。

密閉してしまうと湿気がこもり、酸欠状態になってしまうので、一部分にメッシュ性の網を付けるなど通気性に配慮してフタを設置すると良いでしょう。

 

 


アカハライモリについて:飼育環境の準備

 

  1. 用意した水槽を洗って天日干しして乾かします。
  2. 水道水にカルキ抜きを入れてカルキを飛ばし、水が透明になったら水槽に水をいれます。
  3. 水を水槽の半分ぐらいの量を入れて上陸部分を流木、浮島、または砂利等で作ります。水を半量のみいれて陸地をつくるスタイルは水が汚れやすいので、3日に1回は水替えをしましょう。
  4. 陸地に藻や水苔をおいて湿度が一定になるようにしましょう。
  5. 入手してきたアカハライモリを水槽に静かに入れて迎え入れた日は絶食して様子を見ます。
  6. 次の日に動きが活発なら、徐々にエサをピンセットで与えて慣れさせていきましょう。

 

アカハライモリの飼育スタイルには、半水半陸のほかに8割以上水槽を水で満たして流木等で陸地を作る方法もあります。

飼育には陸地が必須ですが、水量を多くすることでろ過装置が使用できるので水質の管理がしやすくなり、水替えの頻度を抑えることができます。

 

また、上記のような飼育スタイルの場合、 水草 の設置や小魚も一緒に飼育できるので飼育の幅が広がります。

なにをメインに飼育するかを検討してアカハライモリの飼育を始めて見てくださいね。

 

 

アカハライモリについて:かかりやすい病気

 

 

アカハライモリは生きている以上私たちと同じように病気になりますが、残念ながら金魚以上に病気について詳しい治療法が確立されていません。

そのため飼育しているアカハライモリを衰弱させない、病気にさせない予防策が重要になってきます。

一度病気のように症状が出てしまうと回復は難しく、致死率は高くなります。

その中でも気を付けたいアカハライモリの様子について紹介いたします。

 

・消化不良

 

アカハライモリは一度給餌に慣れると際限なくエサを食べてしまいます。

また人にも良くなれるため、あのつぶらな瞳でじっとみられた際にはついつい多めにエサを与えがちです。

しかし、アカハライモリの消化機能はあまり発達しておらず、食べ過ぎにより消化不良を起こして突然死してしまうことがあります。

腹部が程よく膨れていれば十分にエサが足りている証拠ですので、必要以上に給餌することは避けましょう。

 

・脱皮不良

 

アカハライモリは身体を脱皮して新しい皮膚を作り出します。

その脱皮の過程で水質が悪化していたり、エネルギーが足りないとうまく脱皮しきらずに一部古い皮膚が白く残ってしまうことがあります。

放置しておくとその部分から菌が繁殖して壊死が進んでしまう場合があるので注意が必要です。

元気な個体でしたら数日もすれば白い脱皮部分は食べてしまいますが、抵抗力が低いと自ら脱皮しきることができないので普段の様子をよく観察するようにしましょう。

 

・ツボカビ病

 

両生類を飼育している方を悩ませる病気で主に カエル などに起こりやすい病気ですがアカハライモリにも感染します。

一度発症すると致死率は高く、感染力も強い病気になります。

真菌が原因で発症する病気ですが、発症すると皮膚が白く濁った色になります。

抵抗力の高い個体であれば発症することはありませんが、衰弱していると起こりやすく、死に至ります。

普段の様子をよく観察して、水温や水質が急激に変化しないように管理することが必要です。

 

 


アカハライモリについて:基本データ

 

原産国 : 日本

値段 : 200円前後

色 : 黒~茶褐色の体色に腹部が赤く、黒いまだら模様がある

寿命 : 2年前後

体長 : 10センチ前後

特徴 : 腹部が赤いのは毒を有しているための警戒色です。毒自体は微弱なもので触った後に手を洗えば問題がないです。

性格 : 穏やかな性格ですが、目の前のものにかみつく習性があるので給餌の際は注意が必要です。

かかりやすい病気 : 消化不良、ツボカビ病等

注意点 : 自然界ではその数が減少してきており、地域によってはアカハライモリの捕獲が禁止されていることもあるので、飼育の際には自治体等に確認するようにしましょう。

 

 

アカハライモリについて:まとめ

 

 

アカハライモリについて紹介させていただきましたがいかがでしたでしょうか?

両生類の飼育を検討している方に是非挑戦していただきたい種類です。

 

優しい顔つきと美しい腹部の赤色は私たちを楽しませてくれるでしょう。

また、冬の時期はある一定の温度になると冬眠してしまうので、温度が低くなりすぎないように飼育してあげてくださいね。


フォローして最新のペット・動物関連記事をチェック!



検索

カテゴリ一覧

大型哺乳類(8)
   カピバラ(1)
   ミニブタ(1)
中型哺乳類(280)
   猫/ネコ(108)
   犬/イヌ(151)
小型哺乳類/小動物(51)
   うさぎ(26)
   ハムスター(16)
鳥類(46)
   陸生鳥類(38)
   水生鳥類(4)
魚類/甲殻類/水生生物(42)
   熱帯魚(18)
   淡水魚(13)
爬虫類(20)
   蛇/ヘビ(3)
   トカゲ(5)
両生類(7)
   ウーパールーパー(1)
   カエル(3)
虫/昆虫(10)
   カブトムシ/クワガタ(5)
   タランチュラ(1)
ペット/動物全般/コラム(29)
   ペットや動物と触れ合えるスポット(5)
   寄付/募金/殺処分(5)

タグ一覧

飼い方/飼育方法(451)
種類/品種(385)
繁殖/育成(342)
毛色/毛質(167)
性格/生態/特徴(284)
食事/餌/栄養(350)
病気/病院/治療(395)
しつけ(319)
トイレ(116)
おもちゃ(12)
選び方(347)
値段/価格(362)
ランキング/おすすめ(76)
口コミ/レビュー(105)
旅行/ホテル/レストラン(10)
寄付/募金(10)
おもしろペット(64)
飼育知識/豆知識(484)
画像(63)
まとめ(488)

人気記事ランキング