logo

Top > 中型哺乳類 > 猫/ネコ > キャットフード/猫の飼育用品/ネコグッズ

猫に服を着せるメリット・デメリットとは?猫に着せたい服も併せて掲載!






ペットショップのみならず、ネット通販やネットショップでも猫の服は販売されています。
販売されている種類が増えた分、猫に服を着せる飼い主さんも増えてきました。
さらに、ツイッターやインスタグラムに飼い猫が服を着ているかわいい姿を載せている人が増えたため、それを見て「自分の愛猫にも服を着させたい!」と思う人も増えました。

しかし、猫にとって服を着ることは必要なことなのでしょうか。
本記事では、猫に服を着せるメリット・デメリットや猫に着せたい服を紹介します。

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、臨時休業あるいは営業時間の変更等の措置を取っている店舗・施設がございます。


お出かけ前に、店舗・施設の公式HPやSNS等で最新情報のご確認をお願い致します。


【目次】猫に服を着せるメリット・デメリットとは?猫に着せたい服も併せて掲載!

 

服を着るようになった猫

猫が服を着るメリット

(1)かわいい!

(2)術後に役立つ服もあり

(3)寒さ対策

猫が服を着るデメリット

(1)ストレスになる場合もあり

(2)動きにくくなる場合もあり

(3)服を脱ぐ可能性あり

猫におすすめな服!

【Phoenix スーパーマン】

【LL.HRD セーラー服】

【警察服】

【チャイナ服】

【ハロウィン仮装 吸血鬼マント】

術後も安心な猫用の服

【犬猫の服 full of vigor】

【猫用術後服】

【術後ガードスーツ】

猫に服を着せる際の注意事項

(1)無理やり着させない

(2)肌に異常が出たら服を着せない

(3)猫を物のように扱わないこと

おわりに

 

 


服を着るようになった猫

 

猫

 

外を歩けばオシャレな を着た 散歩 をし、SNSにはかわいい服を着た がアップされているように、いつの間にか動物も服を着るようになりました。

ペットショップやネット通販などでも、いろいろな種類の服が普通に売っています。

ネットで検索してみても、手作りができるように、作り方や服の型紙が無料でダウンロードできるサイトがあったりするほど定番となっています。

 

しかし、猫は服を着なければいけないわけではありません。

猫にとって服を着ることで、何かメリットがあるのでしょうか。

 

 

猫が服を着るメリット

 

(1)かわいい!

 

 

飼い主さん目線で言いますと、猫が服を着てくれるのはとてもかわいいですよね。

やはり、自慢のペットなのですから、色々と手を尽くしてあげたくはなります。

 

ツイッターやインスタグラムに写真をアップしたら、人気になること間違いなしです。

しかし、猫の体調も考慮して写真を撮ることに夢中になりすぎないようにしましょう。

 

(2)術後に役立つ服もあり

 

エリザベスカラー

 

実は、猫の服の中には怪我や手術後に着せる服もあるのです。

それはどのような効果があるかと言うと、傷口や術後の縫い目などを触らせないようにすることができるのです。

 

エリザベスカラー 」という傷口を触らせないようにする道具もありますが、それをつけても患部に四肢や口が届いたり、エリザベスカラー自体を取ってしまうという猫もいます。

そんな場合は猫に服を着せてあげれば、患部をいじらせないようにすることができ、エリザベスカラーよりストレスがかからない場合もあります。

 

(3)寒さ対策

 

猫

 

猫は毛皮があるので多少の寒さは平気ですが、それはその環境に元からいた猫の場合に限ります。

今では様々な品種の猫が日本に入ってきており、毛が短く寒がりな「 アビシニアン 」や、毛がない「 スフィンクス 」という猫もいます。

 

そのような猫たちのように日本の気候に慣れていない猫は、自分で温度調節をするのがとても難しいのです。

だから、暖房器具を使用したり服を着せてあげたりして温度調節をしてあげることをおすすめします。

 

 

猫が服を着ることはメリットだけではありません。

デメリットもあります。

 

 


猫が服を着るデメリット

 

(1)ストレスになる場合もあり

 

ストレス

 

服を着ることを嫌がる猫は多いと思います。

嫌がるということは、その行為がストレスになっている可能性が高いです。

ストレスが原因で剥げてしまったり、食欲不振になってしまうなど、体調にもひびくようになったら大変です。

 

猫が服を着たくないのであれば、無理に着せないようにしましょう。

 

(2)動きにくくなる場合もあり

 

猫 怒る

 

間違ったサイズの服を着せてしまうと、猫が動きづらくなってしまうことがあります。

ネットショップだと実物が見れないので、特にサイズは念入りに確認をして購入をした方がいいでしょう。

 

他にも、服の装飾により動きにくくなってしまうこともあります。

過度な装飾がされている服は避けた方が、猫のためになるでしょう。

 

(3)服を脱ぐ可能性あり

 

ジーパン

 

自分で服を脱いでしまう場合もあります。

せっかく服を着せても脱いでしまうようであれば買っても意味がありませんし、猫的にも嫌なのでしょう。

見た目より、猫が着やすそうな服を選んであげましょう。

 

 

しかし、いざ選ぶとなると猫の服はたくさんあるので、迷ってしまいますね。

猫の服はどのようなものがあるのか参考できるように、ネットで購入できる猫の服をまとめました。

 

 

猫におすすめな服!

 

【Phoenix スーパーマン】

 

 

スーパーマンのコスプレができる服です。

前から見ると二足歩行をしているみたいになるので、おもしろい商品です。

 

服を着る部分は前方のみなので、猫への負担がかかりにくいでしょう。

マントも付いていますが紐をかけるだけなので、嫌がる猫の場合は外すこともできます。

 

襟の部分がマジックテープになっているので、簡単に着せることもできるでしょう。

 

[Phoenix スーパーマンの基本情報]

 

価格:全サイズ1198円

サイズ

XS:首回り17~21cm、身長約16.5cm
S:首回り21~24cm、身長約20cm
M:首回り28~32cm、身長約23.5cm
L:首回り29~33cm、身長約28cm
XL:首回り30~36cm、身長約32cm

素材構成

襟部分:マジックテープ
前脚:ゴム入り

 

 

【LL.HRD セーラー服】

 

 

女子高生になれるコスプレ服です。

 

制服のリボンやスカートもしっかりと再現されています。

袖の部分は前肢の肩下あたりまでの長さなので、歩いていても邪魔にならないでしょう。

襟の部分には校章のようなワンポイントがついています。

 

スカートの丈が尻尾に届かないくらいがちょうどいいサイズでしょう。

 

[LL.HRD セーラー服の基本情報]

 

価格:全サイズ2200円

サイズ

長さ:(L)30cm (M)25cm
胸囲:(L)42cm (M)37cm

表地素材:ポリエステル

 

 

【警察服】

 

 

警察姿になれるコスプレ服です。

 

この服も前肢を通して首元のマジックテープを留めるタイプなので、簡単に着ることができます。

付属品として、警察帽子と前掛け風になっている白いシャツがついています。

警察帽子はゴムでかけるだけで、白いシャツはマジックテープを留めるだけとなっています。

 

前肢の部分に余裕があり締め付けられないので、窮屈にならないでしょう。

 

[警察服の基本情報]

 

価格

S:1639円
M~XL:1299円

サイズ

S:首周り 28 cm、バスト 28-38 cm
M:首周り32 cm、バスト38-45cm
L:首周り37cm、バスト45-50cm
XL:首周り42 cm、バスト50-56cm

 

 

【チャイナ服】

 

 

部屋着にもぴったりな猫用の服です。

 

チャイナ服仕様なので、背面にはかわいらしいリボンと、中華風な模様が入っています。

胸側にスナップボタンが付いているので、簡単に脱げてしまうことはないでしょう。

 

首回りや胴回りがモコモコとしており、寒さ対策に着せてあげるのにもちょうどいいでしょう。

 

[チャイナ服の基本情報]

 

価格:全サイズ2100円

サイズ

XS:胸囲30-35cm、丈23cm、首囲27cm 
S:胸囲35-40cm、丈27cm、首囲30cm 
M:胸囲40-44cm、丈33cm、首囲34cm 
L:胸囲44-48cm、丈37cm、首囲38cm 
XL:胸囲48-50cm、丈41cm、首囲41cm 

材質:リネン、綿等

 

 

【ハロウィン仮装 吸血鬼マント】

 

 

マントになっている服です。

猫以外にも、小動物にも着せることができるというおもしろいマントです。

吸血鬼のマントをモチーフにしているので、この姿で牙をむかれたらかわいらしい吸血鬼のよう。

 

フリーサイズで首元のマジックテープを留めるだけなので、簡単につけることができます。

胴回りや四肢が窮屈にならないので、普通の服ををあまり来てくれない猫におすすめです。

 

[ハロウィン仮装 吸血鬼マントの基本情報]

 

価格:1080円

サイズ

首周り:25cm
長さ:30cm
幅:30cm

 

 

とても着やすそうな服や可愛らしい服がありましたね。

これらは元気な猫向けの服でしたが、怪我や手術後に着られる服も色々とあります。

いざという時のためにも役に立つので、こちらも紹介しましょう。

 

 


術後も安心な猫用の服

 

【犬猫の服 full of vigor】

 

 

動物病院勤務の獣医師と共同開発で作られた術後服です。

 

サイズは豊富にあり、犬でも猫でも着用可能です。

吸湿速乾性やUVカット性能、静電気抑制機能など、様々な機能が備わっています。

 

体型に合わせられるよう、伸縮性にすぐれています。

さらに、留め具は強度がアップされている面ファスナーなので取れにくくもなっています。

 

[犬猫の服 full of vigorの基本情報]

 

価格:全サイズ3900円

参考体重

C3S:約1.5kg~
C2S:約2.5kg~
CS:約3.5kg~
CM:約4.5kg~
CL:約5.5kg~
C2L:約6kg~

 

 

【猫用術後服】

 

 

頭からかぶり、腰の部分で留めるタイプです。

留め具はマジックテープなので、留めやすく調節がしやすいです。

 

排泄は着ながらできるので、着脱を繰り返す必要がありません。

首元がしっかりとしているので、後ろにずれてしまう心配もありあせん。

 

病院でも使われている定番な術後服です。

 

[猫用術後服の基本情報]

 

価格:全サイズ2400円

体重

SS:2.2~3.5kg
S:3~4.5kg
M:4~5.5kg

ウエスト

SS:~35cm
S:~40cm
M:~45cm

首周り

SS:~20cm
S:~22cm
M:~25cm

着丈

SS:29~33cm
S:32~36cm
M:34~38cm

 

 

【術後ガードスーツ】

 

 

腹部手術後の猫のために作られた、猫用の術後服です。

お腹をしっかりガードしている分、背中や四肢が服で覆われないようにしており、通気性をよくする仕様となっています。

飼い猫ならすることが多い「避妊手術」後にぴったりな服です。

 

ヨガウェアにも使われる、速乾性に優れた快適ストレッチ素材を仕様しているので、猫の多様な動きも快適にすることができます。

留め具は幅が広めのマジックテープを使用しており、留めやすいです。

 

チャコールグレーと、ピンクの2種類があります。

 

[術後ガードスーツの基本情報]

 

価格

XS:4400円
S:4752円
M:4968円
L:5184円

本体サイズ (幅X奥行X高さ)

XS:11.0×1.0×16.0cm
S:11.0×1.0×16.0cm
M:12.0×1.5×16.0cm
L:13.0×1.5×18.0cm

本体重量

XS:28g
S:32g
M:37g
L:42g

素材構成

身頃:ポリエステル92%、ポリウレタン8%
付属:綿100%

 

 

医療系の服から仮装ができる服まで、様々な服が売られていますね。

服を購入したら早速着せてあげたいですが、注意して欲しいことがあります。

 

 

猫に服を着せる際の注意事項

 

(1)無理やり着させない

 

猫は本来服を着る生き物ではありません。

そもそも、猫は何かを身につけるという行為が犬以上に嫌いです。

猫が嫌がるのに無理に服を着せようとすると、ストレスを与えてる他にも、暴れてしまい四肢を骨折してしまうなんてことがあってもおかしくありません。

絶対に、無理に服を着せるのはやめましょう。

 

(2)肌に異常が出たら服を着せない

 

あまりないとは思いますが、服を着ていたら毛が剥げてしまったり、地肌に発疹が出てしまうこともあります。

猫の様子次第で服を着せてあげましょう。

 

(3)猫を物のように扱わないこと

 

これは特に注意してほしいことなのですが、猫にかわいい服を着せて撮った写真をSNSにアップすることに夢中になりすぎることです。

かわいい服を着させてあげるのはいいですが、取っ替え引っ替え着せ替えて、SNS映えするようないい写真を撮るために長時間写真を撮ったりするのは、猫にとってとてもストレスです。

愛猫のはずが、着せ替え人形になってしまっています。

絶対にそのようなことはやめましょう。

 

 


おわりに

 

猫が自分の意思で服を着たり脱いだりすることは難しいです。

猫が服を着たくないという意思表示を示しているときは無理に着せないようにし、ただの着せ替え人形にしないようにしましょう。


フォローして最新のペット・動物関連記事をチェック!



検索

カテゴリ一覧

大型哺乳類(23)
   カピバラ(2)
   ブタ(3)
中型哺乳類(507)
   猫/ネコ(211)
   犬/イヌ(252)
   霊長類/類人猿/サル(11)
   モモンガ(3)
   フェネック(1)
小型哺乳類/小動物(97)
   うさぎ(43)
   ハムスター(23)
   ハリネズミ(7)
   モルモット(7)
   チンチラ(2)
鳥類(119)
   インコ(20)
   梟/フクロウ(10)
   文鳥(3)
魚類/甲殻類/水生生物(76)
   海水魚/熱帯魚(32)
   淡水魚(23)
爬虫類(39)
   蛇/ヘビ(9)
   トカゲ(10)
   カメ(8)
両生類(13)
   カエル(7)
   ウーパールーパー(2)
虫/昆虫(17)
   カブトムシ/クワガタ(10)
   タランチュラ(1)
ペット/動物全般/コラム(61)
   ペットや動物と触れ合えるスポット(22)
   寄付/募金/殺処分(6)

タグ一覧

飼い方/飼育方法(805)
種類/品種(682)
繁殖/育成(591)
毛色/毛質(270)
性格/生態/特徴(634)
食事/餌/栄養(621)
病気/病院/治療(650)
しつけ(466)
トイレ(154)
選び方(509)
値段/価格(551)
ランキング/おすすめ(140)
口コミ/レビュー(165)
旅行/ホテル/レストラン(24)
寄付/募金/保護活動(14)
おもしろペット/珍ペット(99)
飼育知識/豆知識(915)
画像/動画(127)
まとめ(857)

人気記事ランキング