logo

Top > 小型哺乳類/小動物 > ハムスター

ハムスターのトイレのしつけ、トイレ用品、トイレを使わないときの対処法とは






小さなスペースでも手軽に飼育でき、家庭用ペットとして人気のハムスター。
飼育にはケージの中に設置するトイレが必要です。

ハムスターは、生得的行動により、トイレと決めた1カ所にオシッコをする性質があるため、犬のようなトイレトレーニングは必要ありません。

では、どのようにトイレを認識させるのでしょうか。
ハムスターのトイレについて、しつけ方や、ハムスターがトイレを正しく使用しないときの対処法、ハムスター用のトイレ用品までご紹介します。

ハムスターはトイレを覚える!

 

を飼う人の中には、「  小動物   は犬や猫ほど利口ではないので、トイレを覚えない」という誤解を持つ人が中にはいらっしゃいます。

また、動物と疎遠な人でも「小動物は賢くない」という印象を持つ人はいるのではないでしょうか。

 

しかし、実はトイレの面でいうと小動物の方がしつけの苦労が少なくて済むのです。

「ええ?ハムスターを飼ってる/飼ったことがあるけど、うちの子はトイレを覚えてくれない」という方も、中にはいるでしょう。

これは、ハムスターの性格や物覚えによるものではありません。

 

問題の多くは、環境や接し方にあって、飼い主自身が意図せずハムスターのトイレトラブルをつくっています。

ここでは、特にトイレの覚えさせ方を中心に、ハムスターのトイレについて解説していきます。

 

 

小動物はきれい好き

 

hamster

 

ハムスター は、自分の巣穴の中のトイレだと思うところ以外ではオシッコをしない動物。

したがって、本来であれば ケージ の外の散歩中やトイレ以外の場所でオシッコをすることはありません。

 

なぜなら、オシッコをする際に隙ができやすくなる上、自身にオシッコの臭いが付いて体臭が強くなると天敵に狙われやすくなるからです。

このような生理的な防衛反応により、多くの小動物はトイレを決めてその場所で排泄するのです。

小動物 は大型の動物より清潔と言えますね。

 

ただし、ウンチはケージの中ならどこでもします。

基本的には、リラックスできる巣箱や物陰というある程度決まった範囲がウンチの場所となります。

飼育環境が悪いと、餌置き場で排泄するなんてことも。

 

 


ハムスターはトイレのしつけがいらない!?

 

前述した通り、ハムスターは本能的にトイレの場所を決めてオシッコする生き物。

ケージの隅にトイレを設置すると、何も教えなくてもトイレでオシッコをするようになります。

初めてケージに入ったときにその場所をトイレと認識するだけでその場所を覚えます。

 

もし、初めにトイレ以外でオシッコをした場合は、匂いが残らないように拭き取り、オシッコの匂いがついたものをトイレに置いておきましょう。

これにより、トイレの位置を変えたり、トイレ本体を違う物に変えたりしてもトイレ以外でオシッコはしなくなります。

「トイレ以外でもしてしまう」という場合については後述します。

 

 

トイレとトイレ用品

 

トイレの場所を決めてくれるハムスター。

それだけでお世話は楽になりますね。

ハムスターを迎えるときは、ハムスター用トイレとトイレ材を用意しておきましょう。

 

トイレ本体

 

市販のハムスタートイレは、砂が飛び散らないように巣箱と同じ穴の空いた箱がのものが多いものです。

中が半透明のタイプはハムスターの様子が分かるためおすすめ。

 

また、手作りのトイレを使用する飼い主もいます。

トイレを選ぶときは、大きさに気をつけましょう。

特にゴールデンハムスターの場合は、大きい体がすっぽり入るかどうか確認して用意しましょう。

 

マルカン ゆったりコーナートイレ

 

 

ハムスターの習性を利用したコーナー型トイレ。

トイレ砂が飛び散りにくい構造で、掃除がラクラク。

入りやすい2つの入口で、ハムスターにとっても使いやすい構造です。

外観も可愛らしいアイテムですね。

 

トイレの砂

 

トイレの中にトイレ材を敷く必要があります。

おすすめは砂タイプ。

 

砂は固まるタイプと固まらないタイプがあります。

固まるタイプは掃除が楽ですが、誤食の危険性や手足に付いて不潔になるデメリットがあります。

固まらないタイプは、掃除の手間がありますが安全です。

 

SANKO 337セーフクリーン

 

 

ハムスターリスなどの小動物用トイレ砂。

まとまるタイプのトイレ砂ですが、天然鉱物や木粉をブレンドした口にしても安心な素材です。

掃除しやすい上、誤食しても安全なのが嬉しいですね。

 

 


ハムスターの種類別で見るトイレ設置のコツ

 

ハムスターの種類によっても、トイレの設置の仕方や排泄に関する注意点は異なります。

ここで、ハムスターの種類別にトイレの設置や覚えさせ方を見ていきましょう。

 

ゴールデンハムスター

 

hamster

 

ゴールデンハムスターは最もポピュラーで大きめのハムスター。

トイレを最も覚えやすいハムスターでもあります。

 

ケージの隅にトイレを設置することで、何も教えなくてもトイレでオシッコをするようになります。

トイレの位置を変えたり、トイレを違う物に変えたりしてもほとんど問題はありません。

 

まだ目の見えない生後間もない子ハムスターでも、歩けるようになるとトイレで排泄するため、苦労することが少ないでしょう。

まれに、白くにごった色のオシッコをすることがありますが、ゴールデンハムスター特有のものなのでご安心を。

 

ジャンガリアンハムスター

 

hamster

 

ゴールデンハムスターより一回り小さいハムスター。

小さくてしぐさが可愛らしいため、非常に人気のハムスターです。

 

ジャンガリアンハムスターは、いつもオシッコをする位置にトイレを設置する、もしくはトイレの匂いのするものを設置したところに入れておくとトイレを覚えます。

ただし、あまりに広いケージでは思い通りにトイレを使ってくれないことも。

その場合、人間や環境を怖がって、トイレまでたどり着けていないことが原因として考えられます。

トイレを巣箱に近いところに設置するか、巣箱からトイレまでの間に死角をつくり、ハムスターが安心して移動できるように工夫しましょう。

 

・ロボロフスキーハムスター/チャイニーズハムスター

 

hamster

 

ジャンガリアンハムスターよりもさらに華奢なハムスター。

縄張りのアピールのため、尿でマーキングする習性があります。

走りながらマーキングすることもあるため、回し車がオシッコまみれになってしまうことも。

ここで回し車を取り外すのは、運動量の面で見て得策ではありません。

 

こまめに回し車を掃除するか、回し車を2つ以上用意し、入れ替えれて洗うようにしましょう。

ゴールデンハムスターやジャンガリアンハムスターより、寝床に近い距離にトレイを設置するのが良いとされています。

 

 

ハムスターがトイレでオシッコをしない原因とは?

 

hamster

 

ハムスターは本能的に1ヶ所をトイレとする習性を持ちますが、飼育されているハムスターで、オシッコをトイレにしないハムスターも多くいます。

それには、もちろん理由があります。

理由と対処法を見ていきましょう。

 

・トイレの位置を移動させた

 

トイレの位置を移動させた場合、ハムスターによっては初めにしていた場所でし続けることがあります。

これは、以前の場所に匂いが残っていて、変更したことに気づいていないことが考えられます。

 

まずは以前していたところの匂いを完全に消しましょう。

そして新しいトイレに匂いのついたものを置いて、トイレだと認識させましょう。

ハムスターは鼻が効くため、以前の匂いを完全に消すのはかなり骨が折れます。

少しでも匂いが残っていると、また新たに匂いの元を付けてしまうので、できればケージごと洗ってしまうのが良いでしょう。

 

・トイレが汚い

 

前述した通り、小動物であるハムスターはきれい好き。

自分の体にくさい匂いがつくのを嫌がります。

したがってトイレが汚れている、匂いがするというときは、トイレに入りたがりません。

トイレの場所を覚える段階では、ある程度トイレの匂いを残しておくようにしてください。

 

・トイレまでの道のりが怖い

 

飼い始めたばかりだったり神経質なハムスターの場合、トイレまで行くのが怖くてトイレ以外で排泄するケースもあります。

また、巣箱の外が安全とはいえない飼育環境に置かれている場合も、トイレまでの道を怖がります。

 

特に騒音が多い、ケージの外に猫や犬、小さい子どもがいる家庭は、巣箱などでオシッコをしてしまうハムスターが多いもの。

これらのケースなら今すぐ飼育環境を見直す必要があります。

トイレの位置を巣箱と近づける、トイレまでの道のりに死角をつくる、ケージの場所を変えるなど、ハムスターが安心してトイレに向かえる環境を整えましょう。

 

・トイレが遠すぎる、もしくは近すぎる

 

トイレは巣箱と対角線上に置くのが最良とされていますが、ケージが広くトイレまで遠すぎるとそこまで行かずにオシッコをしてしまいます。

また、トイレの匂いが近すぎて区別がつきにくいため、巣箱とトイレが近すぎてもいけません。

トイレと巣箱の距離も考慮の上で、ケージ選びもしておきたいものですね。

 

ハムスターの種類によって成長した時の大きさは異なります。

ケージ選びは成長した後に動きまわれて、巣箱・トイレ・給水器・エサ入れ・回し車などが十分に設置できるようにしましょう。

 

・部屋の掃除をした

 

トイレを覚えていないタイミングでケージ内の大掃除をしてしまうと、トイレ以外でオシッコをすることがあります。

これは、巣箱を荒らされたとハムスターが勘違いし、安心できないと感じてしまうからです。

 

また、自分の臭いがしない巣箱に、マーキング行動をするハムスターも。

特に飼い始めたばかりで神経質になっている2、3日は大掃除を控えましょう。

 

 

ハムスターが思うところにトイレをしないときは、とにかく気長にしつけるしかありません。

「以前はトイレでしていたのに、急にトイレでしなくなった」という場合は環境の変化やストレスを疑いましょう。

 

特に、寝床では基本的にオシッコをしないため、巣箱でオシッコをする場合は原因を知ることが急務です。

トイレをしないのはハムスターからの何らかのサイン。

ケージのレイアウトや飼育環境、飼い主の接し方などを改めて見直しましょう。

 

 


まとめ

 

ハムスターは概ねトイレのしつけについて苦労のかからないペット。

飼い主が正しい飼育環境を与えることで、トイレにオシッコをしてくれるようになります。

もしトイレにしてくれないようであれば、ハムスターの飼育環境について見直してみてくださいね。

安心できるトイレを与えて、快適に暮らしてもらいましょう!


フォローして最新のペット・動物関連記事をチェック!



検索

カテゴリ一覧

大型哺乳類(5)
   カピバラ(2)
   ブタ(3)
中型哺乳類(376)
   猫/ネコ(164)
   犬/イヌ(212)
小型哺乳類/小動物(51)
   うさぎ(30)
   ハムスター(21)
鳥類(91)
   陸地に棲む鳥(82)
   水辺に棲む鳥(9)
魚類/甲殻類/水生生物(44)
   海水魚/熱帯魚(23)
   淡水魚(21)
爬虫類(16)
   蛇/ヘビ(7)
   トカゲ(9)
両生類(9)
   ウーパールーパー(2)
   カエル(7)
虫/昆虫(8)
   カブトムシ/クワガタ(7)
   タランチュラ(1)
ペット/動物全般/コラム(22)
   ペットや動物と触れ合えるスポット(16)
   寄付/募金/殺処分(6)

タグ一覧

飼い方/飼育方法(652)
種類/品種(583)
繁殖/育成(519)
毛色/毛質(241)
性格/生態/特徴(511)
食事/餌/栄養(527)
病気/病院/治療(574)
しつけ(431)
トイレ(148)
選び方(482)
値段/価格(491)
ランキング/おすすめ(119)
口コミ/レビュー(153)
旅行/ホテル/レストラン(24)
寄付/募金/保護活動(13)
おもしろペット(83)
飼育知識/豆知識(741)
画像/動画(120)
まとめ(753)

人気記事ランキング