logo

Top > 中型哺乳類 > 猫/ネコ > 猫の飼い方/豆知識

猫があくびをする理由。実は眠いからとは限らない?






猫が大きな口を開けて「ふぁ~~」とあくびをする様をかわいいと感じる方は多いのではないでしょうか。

猫はよくあくびをしますが様子を観察すると、どうも眠いときだけあくびをしているわけではなさそうです。
実は猫のあくびには様々な意味があり、コミュニケーションの手段でもあるのです。

猫があくびをする理由を知っておくと、猫がどんな気持ちなのか、何を必要としているのか知ることができますよ。
猫があくびをする理由と、あくびを利用した健康管理をご紹介します。

【目次】猫があくびをする理由。実は眠いからとは限らない?

 

猫のあくびはウォーミングアップとクールダウンのため

眠いからあくびをする

ウォーミングアップのため

やる気を出すためのあくび

猫のあくびはリラックスのサイン

猫のあくびはストレス解消のため

緊張や不安を落ち着けるため

不満を感じたときもあくび

猫があくびをしすぎるのは病気?

あくびに見える病気のサイン

誤飲

口が痛い

猫のあくびで健康チェック

猫があくびをしているときにチェックしたいこと

以下のことに気がついたら要注意

猫のあくび:まとめ

 

猫のあくびはウォーミングアップとクールダウンのため

 

トトのあくび

FULL HOUSEの社猫、  トトちゃん   のあくび

 

あくびは人間も  もしますよね。

あくびをするのは「眠いから」するという印象が強いですが、実はそれだけではありません。

 

あくびの動作を考えてみると、どの動物でも大口を開けて呼吸をするという動作になります。

つまり、あくびは深呼吸をする動作であり、脳が酸素を求めているからでる行動であると言われています。

 

では、猫のあくびにはどんな意味があるのでしょうか。

 

眠いからあくびをする

 

猫

 

猫の語源は「寝子」からきていると言われるほど良く寝る動物。

1日15時間~20時間も眠る猫もいます。

 

猫は眠るのが大好き。

1日の多くの時間を眠って過ごすのが当たり前なので、もちろん人間と同じように眠くなったときもあくびをします。

 

ウォーミングアップのため

 

猫は目が覚めてすぐにあくびをすることも多く見かけられます。

昼寝をしていて、目を覚ますとまずは大きなあくび。

 

猫は寝ている時間が長いので、起きると手足や背中を伸ばしたりしてストレッチしますね。

あくびもその一種です。

これから  起きて活動するためのウォーミングアップのためにあくび   をしているのです。

元気に行動できるように酸素を体内に取り入れているのですね。

 

やる気を出すためのあくび

 

猫は遊んでいるときや、猫同士で小競り合いをしているときなども突然あくびをすることがあります。

飼い主は「そこ、あくびをするところ?」とちょっと不思議に思いますが、これにも理由があるのです。

 

あくびをすると体内に酸素が取り込まれるので、やる気がアップします。

人間でも酸素を吸うと勉強に集中できたり運動が持続できたりしますね。

猫は「これからもっと遊びたい!」というときに、あくびをするのです。

 

さらに、あくびをすることでエキサイトしすぎた気持ちを落ち着かせてもいるのです。

だから、遊んでいる最中や小競り合いの最中にあくびをするのですね。

 

 


猫のあくびはリラックスのサイン

 

猫

 

猫がお気に入りの場所でくつろいでいるときや日向ぼっこをしているときに、気持ちよさそうに目を閉じてあくびをすることがあります。

これはすごくリラックスできているサイン。

そして、脳も体もまったりしているので、このまま寝てしまいたいなという気持ちの表れです。

これは人間も同じですね。

 

 

猫のあくびはストレス解消のため

 

猫

 

緊張や不安を落ち着けるため

 

猫が キャットタワー から足を踏み外してしまうなどの失敗をしたとき、何事もなかったかのように体をなめたりあくびをしたりします。

人間は「失敗をごまかしているのでしょ?」と思いますが、本当はちょっと違います。

猫を叱っているときも突然あくびをしたり、体をなめるという行動がみられ、飼い主的には「全然反省していないのでは?」と思ったりしますが、実は全く正反対。

 

驚いたり緊張したりしたときに、猫がそれとは全く関係ないように見えるあくびや毛をなめる行動をしてしまうのは代替行為なのです。

驚いたり怖いと感じたりしたときのストレスを軽減し、自分の気持ちを落ち着かせるためにこのような行動をとります。

全然気にしていないのではなく、  とても気にしているとあくびが出てしまうのです。

 

このときにするあくびは、気持ちいいときにするあくびとは表情が違います。

気持ちがいいときは目を閉じて気持ちよさそうにするのですが、ストレスの代替行為のときは、目を見開いたままあくびをします。

 

猫はドキドキして不安に思っているので、あくびをしたら叱るのはほどほどにしてあげるといいですね。

そもそも猫は叱っても同じことを繰り返すので、叱るよりも「やってほしくないことはできないようにする」ほうがいいでしょう。

 

不満を感じたときもあくび

 

猫

 

猫が休んでいるときや毛づくろいをしているときなどに、飼い主がなでるとあくびをすることがあります。

これは、眠いからするあくびではなく  「不満」のサイン。

つまり、「触るな」と言っているのです。

 

猫はイラっとした時もあくびをします。

あくびをすることでイラっとした気持ちを落ち着かせようとしていると思われますので、不満のサインを出されてもなお触り続けると猫に怒られます。

 

 


猫があくびをしすぎるのは病気?

 

猫がたくさんあくびをするような病気はありませんので大丈夫です。

しかし、通常の範囲を超えてしょっちゅうあくびをするようであれば、ストレスのサインかもしれません。

猫にストレスがかかるようなことがないか観察してみましょう。

 

 

あくびに見える病気のサイン

 

あくびのように見える病気のサインがあります。

 

誤飲

 

猫が何か誤飲してしまい、口やのどに引っかかっているとあくびのように何度も口を開ける行動をとることがあります。

これは正確にはあくびではなく、  異物が不快で何とか取り除こうとしている   のです。

何度も続けて口を大きく開ける、下を向いたり上を向いたり頭を振りまわるようなしぐさが確認できるときは要注意。

異物が奥に引っかかっているときは口を開けさせても見えないことがありますから、すぐに獣医を受診しましょう。

 

口が痛い

 

病気のときもあくびのような行動をとることがあります。

何度も口を開けるという行為があくびに見えるのですが、やはりこれも口の中の不快感や痛さのために口を開けるのです。

 

よだれが出る、口臭がするなどのときは注意が必要です。

口内炎、歯肉炎、口腔がんなどの場合があります。

 

猫の口は臭いと思っている人もいますが、清潔であれば臭くありません。

菌が繁殖していたり病気だったりすると悪臭がするのです。

口を開けている、臭いがする、よだれが出るといった症状が見られたら病院を受診しましょう。

 

口をあけながら涙を流していたり、何度もくしゃみをする、鼻水が出るなどの症状が見られたら、何らかのウィルスに感染してしまい猫風邪をひいてしまった可能性があります。

猫は鼻で息をしているので鼻が詰まると苦しくなり、あくびのように大きく口を開けるという動作がみられるときがあるのです。

猫風邪というと軽い病気に聞こえますが、重篤になると命にもかかわりますから早急に獣医に診てもらいましょう。

 

 


猫のあくびで健康チェック

 

猫

 

猫は大口を開けてあくびをしますから、そのときを上手に利用して猫の口腔内の健康チェックを行いましょう。

猫の口を開けさせるのは大変ですし、猫にも嫌な思いをさせてしまいますが、あくびのときにチェックすれば、飼い主も猫もストレスなくできますね。

 

猫があくびをしているときにチェックしたいこと

 

  • 口の中の色がきれいなピンク色か
  • 赤くなって炎症を起こしている個所はないか
  • 腫れている場所はないか
  • 出血している場所はないか
  • 歯が欠けたり歯石がたまったりしていないか
  • 臭いにおいがしないか

 

チェックした時に異常に気が付いたらなるべく早く獣医に相談しましょう。

早期発見が回復へのカギです。

 

以下のことに気がついたら要注意

 

  • 口腔内の色が薄い(貧血の可能性)
  • 歯の色が黄色や茶色になって歯石がたまっている
  • 赤くなって炎症を起こしている
  • 腫れているところがある

 

また 口臭 は、口の中の衛生面の悪化や口内炎だけでなく、病気のサインであることも多いので「うちの猫の口って臭いんだよ」だけで放置してはいけません。

 

口臭があるということは、口腔内の環境が悪いということ。

口内炎や歯肉炎でご飯が食べられなくなり衰弱することもあるのです。

日ごろから猫の口の環境に気を付けるといいですね。

猫の歯磨きが難しかったら液体歯磨きなどを利用するとかなり効果があります。

 

 

猫のあくび:まとめ

 

猫

 

猫のあくびにはいろいろな意味があることが分かりましたね。

猫は人間の言葉が話せませんので、あくびの意味を知っておくと愛猫の気持ちがより分かるようになるでしょう。

 

代表的な意味は

 

  • 「眠い」
  • 「さあ、今から遊ぶぞ~」
  • 「気持ちいいな」
  • 「怖い、不安」
  • 「びっくりした」
  • 「落ち着こう」
  • 「もうやめてほしい」

 

など。

あくびをすするタイミングや表情も併せて読み取ると分かりやすいですね。

 

猫のあくびはかわいいので筆者はそれを眺めているのも好きですが、あくびをしているときは絶好のお口チェックのチャンス。

あくびのときに愛猫の口の中を観察すると、毎日ささっとチェックできますよ。


フォローして最新のペット・動物関連記事をチェック!



検索

カテゴリ一覧

大型哺乳類(4)
   カピバラ(2)
   ブタ(2)
中型哺乳類(357)
   猫/ネコ(155)
   犬/イヌ(202)
小型哺乳類/小動物(50)
   うさぎ(29)
   ハムスター(21)
鳥類(85)
   陸生鳥類(77)
   水生鳥類(8)
魚類/甲殻類/水生生物(43)
   海水魚/熱帯魚(23)
   淡水魚(20)
爬虫類(16)
   蛇/ヘビ(7)
   トカゲ(9)
両生類(9)
   ウーパールーパー(2)
   カエル(7)
虫/昆虫(8)
   カブトムシ/クワガタ(7)
   タランチュラ(1)
ペット/動物全般/コラム(24)
   ペットや動物と触れ合えるスポット(16)
   寄付/募金/殺処分(8)

タグ一覧

飼い方/飼育方法(625)
種類/品種(567)
繁殖/育成(499)
毛色/毛質(235)
性格/生態/特徴(482)
食事/餌/栄養(507)
病気/病院/治療(555)
しつけ(419)
トイレ(147)
おもちゃ(16)
選び方(471)
値段/価格(484)
ランキング/おすすめ(117)
口コミ/レビュー(150)
旅行/ホテル/レストラン(24)
寄付/募金(13)
おもしろペット(83)
飼育知識/豆知識(710)
画像/動画(120)
まとめ(723)

人気記事ランキング