logo

Top > 魚類/甲殻類/水生生物 > 淡水魚

タニシの生態、特徴、飼い方など






ヤマトヌマエビやミナミヌマエビと並んで日本に生息している水槽の掃除屋として有名なタニシ。
苔や魚の食べ残しを食べて水槽を綺麗にしてくれるだけではなく、なんと水質浄化のお手伝いもしてくれます。

特別な世話が必要というわけではなく、魚と一緒に飼うことで飼育も特に手間がいりませんから、水槽を立ち上げる際には是非お勧めしたい貝類です。

では、タニシはどのような生き物なのでしょうか。
今回はそんなタニシについて、生態や特徴、飼い方の解説をしていきます。

タニシってどんな生き物?

 

タニシは南米や南極以外の淡水がある場所に生息している巻貝です。

アジアに多く見られ、日本ではマルタニシ、ヒメタニシ、オオタニシ、ナガタニシと呼ばれる4種類のタニシを見ることができます。

 

要注意外来生物として指定されているスクリミンゴガイ(ジャンボタニシ)や豆粒のような大きさのサカマキガイは一見タニシに似ていますが、彼らはタニシとは別の貝類です。

今回はそれらの貝類にも触れつつ、タニシの生態、特徴、飼い方(水槽導入)について解説していきます。

 

 

タニシの生態

 

 

淡水性のタニシは湖や田んぼだけではなく、用水路や川にも生息しています。

タニシの食性は

 

  • 刈り取り食者(グレイザー)
  • デトリタス(水底の沈殿物)食者
  • ろ過(水中の混濁物)摂食者

 

であるため、淡水であり水草や生物が住んでいる、もしくは枯れ葉などの沈殿物がある場所であれば暮らすことができるのです。

大きさは1cmから8cm程度で、日本に住むタニシは5cm程度の個体が多いです。

 

野生のタニシは落ち葉や苔、魚の糞などを食べているので、落ち葉が溜まっている川底などを網ですくうとタニシが入っている可能性が高いです。

透明度が高い田んぼなどでは、水底をゆっくりと歩いている姿を見ることもできます。

貝殻が黒く、保護色になっているので最初は少々見つけづらいかもしれませんが、一度探すのに慣れてしまえば簡単に見つけられる生き物です。

 

 


タニシの特徴

 

 

タニシと別の貝を見分ける大きな特徴として、貝殻の巻き方があります。

タニシは右巻きの貝殻を持っていますが、ほかの淡水に暮らす貝は左巻きの貝殻であることが多いです。

水槽を立ち上げた場合、購入した 水草 によくついてくるサカマキガイなどはその代表例です。

サカマキガイは一見すると小さなタニシにも見えますが、卵胎生(卵を体内で育てる)のタニシとは違い、透明な卵が入ったゼリー状の卵塊をあちこちに産み付けます。

 

・タニシと呼ばれているけどタニシじゃない?

 

 

最近は日本のあちこちに生息するようになった外来種のスクリミンゴガイ(ジャンボタニシ)も左巻きの貝殻を持ち、また、サカマキガイと同じように卵塊を産みます。

その卵は特徴的で、スクリミンゴガイが生息している場所の壁や水草の根元などには、下の画像のような警戒色である紅色をした沢山の卵塊が見られることが多いです。

 

 

田んぼの雑草などを食べてくれるという生きた除草剤のような役目も果たしてくれますが、要注意外来生物に指定されてしまうほど繁殖力がつよいため、もしスクリミンゴガイの卵を見つけた場合は駆除するか、もしくは水の中に落とすようにすることをお勧めします。

スクリミンゴガイの卵は毒を持っているため、本来の生息地である南アメリカでも卵を食べようとする生き物は、最近日本に侵入してきたことで話題となったヒアリのみです。

孵化してしまえば無毒となるため、日本には食用として持ち込まれた経緯がありますが、寄生虫の懸念があるため過熱せずに食べることは避けてください。

 

スクリミンゴガイは水草をよく食べてしまうため、水槽内に入れることはお勧めできません。

しかし、サカマキガイは成体になっても小指の先ほどしかない程度の大きさの貝ですから、タニシと比べると掃除能力は落ちるものの水槽にいても問題がない生き物です。

単為生殖が可能で卵を産む数も多いことから、2匹もいればそこから爆発的に増えるという面で、 アクアリウム などの景観を崩してしまうことで有名ですが、魚を飼育するということに関しては害のある貝ではありません。

特にフグや 金魚 などはサカマキガイを餌にするため、良い生餌になってくれます。

 

また、タニシにはお腹に固い蓋があります。

何か刺激を受けたときにさっと体を引っ込めて、外敵が殻の中に入ってこないように蓋をするのです。

こちらもタニシの特徴です。

サカマキガイの稚貝とタニシの稚貝を見分ける時に蓋の有無を確認することで簡単に判別することができます。

 

とはいっても、実はスクリミンゴガイにも蓋があります。

こちらの見分け方は、殻に潜った貝を平らなところに置くことで判断することができます。

タニシが安定して置けるのに対してスクリミンゴガイは不安定にゆらゆら揺れてしまうと思います。

これは一体どちらのタニシなんだ?と思ったらそうしてみてください。

 

 

水槽にタニシを入れてみよう!

 

suisou

 

タニシと ヤマトヌマエビ ミナミヌマエビ を水槽に入れれば、水槽の壁についた藻や魚の食べ残しを食べてくれることで水質の悪化をかなり抑えてくれます。

石巻貝も水槽の掃除屋として有名ですが、汽水(淡水と海水が混合している水)と淡水を回遊する性質から家庭での繁殖は非常に難しいです。

その一方で、タニシはペアで購入をすれば繁殖も可能となります。

日本には4種のタニシが生息していますが、今回は日本各地の様々な場所に生息しており、ペットショップで売られていることも多く入手がしやすい「ヒメタニシ」について解説をしていこうと思います。

 

・ヒメタニシのここがお勧め

 

ヒメタニシは今では絶滅危惧種扱いになってしまっているマルタニシや、6.5cmにもなるオオタニシとは違い、平均3.5cm程度の可愛らしい大きさをしたタニシです。

そのため水槽の景観を邪魔することもなく、アクアリウムに最適なタニシとも言えます。

また、環境汚染に強く、急な水質の変化にも十分耐えるほど適応能力があります。

酸性に偏った水だと殻が溶けてしまい、弱ってしまうこともあるようですが日本の水道水や水は弱アルカリ性もしくは弱酸性であるものが殆どなため、牡蠣の殻などを水槽に入れてカルシウムを補給させてあげれば何も問題はありません。

 

また、ヒメタニシはろ過(水中の混濁物)摂食の力が強いタニシです。

外で魚を飼育した場合、グリーンウォーターと呼ばれる植物性プランクトンが多く含まれる水に変化してしまうことは多いと思います。

そこでヒメタニシを何匹か水槽に入れることで、水のグリーンウォーター化を防ぐことができます。

勿論グリーンウォーターを作りたい場合は、ヒメタニシをたくさん入れることはお勧めしません。

 

魚も植物プランクトンを食べますから、餌を定期的にあげることが難しい場合などはグリーンウォーターで飼育すると良く育ってくれます。

特に稚魚などは口が小さく、与えた餌をすべて食べきれないことが多いため水質悪化の原因にもなってしまいますから、飼育している魚の状態を選んでヒメタニシを導入すると良いでしょう。

ヒメタニシは魚もその卵も食べませんし、もし食べたとしても死んでしまった固体や卵ぐらいであると言われています。

あまり水槽が綺麗になってしまうとタニシは餓死してしまいますから、水草は必ず水槽の中に入れてあげるようにするとタニシが餓死することもなくベストです。

 

水質が悪い場所によくいると言われているヒメタニシですが、実際は自然の浄化のような役割を果たしているというのがヒメタニシがそんな場所にも住んでいる理由です。

鰓でプランクトンを漉しとって食べてくれるヒメタニシは水質浄化の力が高いことから、湖や田んぼなどの水質が変化する場所でも生きていくことができます。

ヒメタニシが大量発生している場所を見ても、水質が悪いと考えずに水質の調整をしてくれているんだなと考えてみてください。

 

 


タニシの繁殖

 

 

タニシの多くは卵胎生です。

ヒメタニシも同様に体の中で卵を育て、ある程度の大きさになったら子供を産むという仕組みを取っています。

弱アルカリ性の水が一番タニシが良く育つと言われていますが、基本的には水の調節をする必要はなく、雄と雌のペアであればヒメタニシは問題なく繁殖してくれると言っても良いでしょう。

 

ヒメタニシの稚貝は大きさが3~5ミリと非常に小さいです。

自然下では6月から8月の時期に稚貝を産むとされています。

自然では小さな小さな稚貝は発見するのが難しいですが、水槽の中だとその姿をはっきりと見ることができます。

小さくてもちゃんとタニシの形をしていて、案外可愛らしいです。

 

ヒメタニシの雌雄の見分け方は、その触角でわかると言います。

右側の触角がくるりとカール状になっていれば雄、まっすぐであれば雌です。

ペットショップで売られているタニシは透明な水の中で触角を出してゆっくり動き回っていることが多いですから、繁殖させたい場合は少しタニシを観察してみて雄と雌のペアを売ってもらうと良いかと思います。

 

ちなみに、タニシは日本で昔から「田んぼのサザエ」「ツブ」などと呼ばれ親しまれていました。

お見合いの際にはタニシを使った料理を作る地域もあるぐらいです。

しかし、繁殖期が終わり、体内に稚貝を持ったタニシを食べるとざりざりとした触感が口の中に残ると言われています。

その口触りのため、身が大きく繁殖力も高い、更に卵生であるところに注目されて食用として持ち込まれたのがスクリミンゴガイです。

 

外来生物の代表と言ってもいい アメリカザリガニ やウシガエルなど、日本に根付いてしまった外国原産の生き物は沢山います。

今回解説させていただいたのは日本に住むタニシ達ですが、水を綺麗にしてくれたり水槽を掃除してくれる生き物は他にも、アルビノの個体がレッドラムズホーンと呼ばれているインドヒラマキガイ、魚では コリドラス やオトシンクルスが挙げられます。

しかし、それらの生き物は皆日本が原産国ではありません。

繁殖自体は容易なので、餌となるプランクトンや苔など、餌になるものと雌雄のペアであれば簡単に増えてしまいます。

日本の環境で増えてしまう生き物も多く、実際に外来種が日本の生態系を崩してしまうことは少なくありません。

生態系を崩さないためにも、外来種の生き物が飼育環境で増えても自然に放つことは避けてくださいね。

 

 

タニシのまとめ

 

 

・タニシは湖や田んぼ、流れが緩やかな川で暮らしています。

 

苔や藻、落ち葉などを食べる草食なため、水底にいる個体が多いです。

もし野生のタニシを捕まえる時は網などで落ち葉が溜まっている場所を浚ってみると、タニシがいるかどうかがすぐにわかります。

また、寄生虫をもっている場合があるためタニシに触った後はしっかりと手を洗ってください。

 

・タニシとほかの貝の見分け方は「貝殻の巻き方」。

 

日本に生息しているタニシは必ず右巻きの貝殻を持っています。

小さなサカマキガイなどは最初はタニシの稚貝にも見えてよくわからないのですが、すこし大きくなるとその貝殻の巻き方でどんな貝であるかが判別できます。

タニシでないから害がある生き物というわけではないので、そのまま放置しておく、殻を砕いて中の身を魚の餌にする、など用途はあります。

カタツムリも似たぐるぐると渦巻状の殻を持ったインドヒラマキガイ(ラムズホーン)も水槽の掃除という面でお勧めの貝です。

ジャンボタニシと呼ばれているスクリミンゴガイは水草をよく食べてしますし糞などで水質を悪化させてしまうため、アクアリウムにはお勧めできません。

 

・アクアリウムにお勧めなのはヒメタニシ。

 

メダカ などの小さな魚を飼育する場合は特にヒメタニシがお勧めです。

大き目の金魚などの魚の場合はオオタニシや石巻貝でも良いかもしれません。

・タニシのすごさは水質浄化能力!

 

タニシを数匹入れればグリーンウォーターも一晩である程度綺麗になってくれるほどです。

タニシを手に入れた時はぜひ試してみてください。

シジミやドブガイなどの二枚貝の水質浄化能力も素晴らしいのですが、餌となるプランクトンの供給という面で継続した飼育に難があります。

餌が水中を漂うプランクトンだけではないタニシは非常に飼いやすい生き物なのです。

 

・タニシの繁殖は6月から8月にかけてです。

 

タニシを増やしたい場合は繁殖時期にペアにして水槽にいれてあげましょう。

産卵数は意外と多く、30匹から40匹ほど生まれるので、稚貝の選別はしたほうがいいと思われます。

あまり水槽に数が多いと、餌が足りなくなって餓死してしまうためです。

タニシの寿命は5年ほどと、案外長いため繁殖させる場合は計画的に育てましょう。

雄と雌のペアにしていなくても、雌が体内に雄の精子を持っている場合は繁殖が可能です。

雌雄の見分け方は難しいものではないので、繁殖をしない場合は雄と雌を分けて飼育するのが一番良いです。

 


最後に

 

タニシのように、私たちの身近な場所にいる生物は意外と素晴らしい力を持っていることが多いです。

水の栄養分が豊富すぎると表れ始めるミズミミズや、赤い体になって酸欠状態を教えてくれるアカムシなど、水槽一つでも様々な生き物と巡り合えます(しかし、ミズミミズやアカムシが表れた場合は富栄養化した水の汚染が進んでいる状態なので対処をしてください)

生態系の循環や汚染された場所の浄化など、一度その仕組みを知ると生き物を飼育したり自然の中で見つけたときにここはこんな場所なんだ、と知ることができて、なんだか面白いなと個人的に思います。

この記事がアクアリウム水槽にタニシを導入したいと考えている方の参考になれば幸いです。


フォローして最新のペット・動物関連記事をチェック!



検索

カテゴリ一覧

大型哺乳類(9)
   カピバラ(2)
   ミニブタ(1)
中型哺乳類(307)
   猫/ネコ(120)
   犬/イヌ(162)
小型哺乳類/小動物(54)
   うさぎ(27)
   ハムスター(16)
鳥類(58)
   陸生鳥類(50)
   水生鳥類(4)
魚類/甲殻類/水生生物(51)
   熱帯魚(21)
   淡水魚(17)
爬虫類(23)
   蛇/ヘビ(5)
   トカゲ(6)
両生類(9)
   ウーパールーパー(1)
   カエル(5)
虫/昆虫(12)
   カブトムシ/クワガタ(7)
   タランチュラ(1)
ペット/動物全般/コラム(35)
   ペットや動物と触れ合えるスポット(5)
   寄付/募金/殺処分(7)

タグ一覧

飼い方/飼育方法(497)
種類/品種(441)
繁殖/育成(382)
毛色/毛質(176)
性格/生態/特徴(334)
食事/餌/栄養(390)
病気/病院/治療(436)
しつけ(342)
トイレ(123)
おもちゃ(13)
選び方(385)
値段/価格(397)
ランキング/おすすめ(87)
口コミ/レビュー(120)
旅行/ホテル/レストラン(10)
寄付/募金(12)
おもしろペット(71)
飼育知識/豆知識(543)
画像(74)
まとめ(551)

人気記事ランキング