logo

Top > ペット/動物全般/コラム > 寄付/募金/殺処分

保護猫を養う資金はどこから出てきているのか






保護猫の里親募集や譲渡会は色々な所で行われています。
その分、保護猫がたくさんいるということも事実です。

しかし、そのたくさんいる保護猫を養う資金はどこから出てきているのか疑問に思いませんか?
猫を保護していたとしてもお金が貰えるわけではありませんし、むしろ保護猫を養うためには多額の資金が必要になります。

そう考えると、その資金がどこから出てきているのか不思議ですよね。
本記事では保護施設の資金源や、保護活動の支援について掲載しています。

保護猫にかかる費用

 

を保護している施設の状況や、保護猫の頭数によりだいぶ費用は変わります。

本記事では、必要最低限の初期費用を見てみましょう。

 

①医療費

 

医療費

 

意外とかかるのが医療費です。

まず、動物病院での負担費用は、基本全額負担になります。

もし、ペットの医療保険に入っているのであれば保険会社から幾分保障されますが、保護猫で医療保険に加入していることはないでしょう。

そして、保護猫で行っておきたい医療行為は以下となります。

 

・健康診断(検便や血液検査など)
・ウイルス検査
・予防接種
・去勢または避妊

 

これらを行い、もし何か異常があれば追加でその医療費もかかることになります。

通常、動物病院は価格競争が起こらないように、ホームページがあっても診察料を載せていません。

それは、動物病院により値段がだいぶ変わるということでもあります。

 

そのため、値段ははっきりいくらとは言えませんが、筆者が保護猫施設に勤めていた時の経験から、メス猫で合計で35000円とします。

※内訳:健康診断5000円、ウイルス検査3000円、予防接種7000円、避妊20000円

 

②食費

 

猫 餌

 

食費ですが、猫は大人であり健康体だとします。

 

・ドライキャットフード2kg:2000円
・水

 

基本的に、こちらがあれば十分な生活ができます。

ドライフードですが、飼育頭数が多ければ大袋入りの物でブリーダー用を買っている所が多いと思います。

そのため、普通のドライフードより少しは値段が安くなります。

しかし、これ以外のウェットフードや おやつ を与えるとなると、さらに金額が高くなります。

 

③雑費

 

雑費

 

猫ですので、 爪とぎ 猫砂 などの衛生用品を定期的に購入しなければなりません。

 

・爪とぎ:500円
・猫トイレ:1000円
・猫砂5L:600円
・食器:1000円
・爪切り:600円
・キャリーバッグ:5000円
・ケージ:10000円
・エリザベスカラー(去勢、避妊後に必要な場合あり):2000円

合計:19100円

 

ケージ や猫トイレなどは品揃えが多く、値段がピンからキリまであるので、さらに値段が跳ね上がることもあるでしょう。

 

保護猫にかかる初期費用合計

 

ここまでで出ました初期費用を合計してみます。

 

①35000円+②2000円+③19100円=56100円

 

初期費用だけでも、こんなにかかってしまうのです。

 

猫は長生きする個体で20歳くらい生きます。

もし、 里親 に引き取られることなく生涯施設内で過ごすことになったとすると、1匹育てるのに相当な手間と費用がかかることになります。

 

それを賄うための資金はどこから来ているのか疑問に思いませんか?

 

 

保護猫を養う費用の資金源

 

保護猫を養うための資金源は幾つかあります。

また、その施設により方法も変わってきます。

 

①保護猫カフェ

 

保護猫

 

保護猫がある程度人に懐いている場合は、保護猫カフェを運営していることがあります。

保護猫カフェを行うことには利点があり、『猫が引き取られやすくなる』『猫のストレスが軽減されることがある』『資金源になる』などがあります。

 

猫カフェ を行うことで、実際に猫と触れ合い、保護猫を引き取りたいと名乗り出てくれる人が多くなります。

また、猫を譲渡する側としても、その人とすでに直接会っているので、譲渡がしやすくなります。

 

多くの利点はありますが、保護猫カフェの開業資金や運用資金、経営力などが必要になるので、保護猫カフェの運営に至るまでの道のりは険しいです。

 

②寄付

 

寄付

 

寄付を募ることもあります。

ホームページやSNSなどを利用して行えるので、0円から実施可能です。

 

しかし、知名度がないと集まらなかったり、必ず寄付してもらえるわけではありません。

当たり前なことですが、名も知れていなく、どのような活動を行っているかもわからない団体に寄付をしたいとは思いませんよね。

 

保護活動の詳細を公に公表し、健全かつ保護活動に貢献できていることを知ってもらうことで信頼を得ていかなければなりません。

 

③個人的なお金

 

ポケットマネー

 

意外とあるのが、個人のお金で活動資金を補っている場合です。

いわゆる、ポケットマネーというものですね。

 

NPO法人や団体活動にすることができず、個人的に保護活動を行っている人もいますので、このようなパターンもあります。

中には、NPO法人でもほとんど個人のお金で活動資金を賄っているところもあります。

 

④助成金

 

支援

 

助成金とは、事業の活動を助けるために別の団体から支払われるお金です。

助成金を支払う団体により内容は違いますが、助成金の申請は審査が厳しいです。

事業報告書や活動報告など、作成に手間がかかってしまう場合があります。

 

しかし、その手間があった分、助成金を受け取ることができた団体はしっかりとした活動ができているという証にもなります。

もし、個人的に寄付をするとしても、そのような団体ならば安心して寄付ができますよね。

 

この助成金を支払う事業を行っている団体はいくつかありますが、その中には『犬の殺処分ゼロ』を目指す【ピースワンコ・ジャパン】プロジェクトを運営する認定NPO法人 ピースウィンズ・ジャパンがあります。

この団体ですが、 だけではなく『猫の殺処分ゼロ』も実現させるために、ある取り組みを始めたのです。

 

その取り組み内容が気になりますが、まずは【ピースワンコ・ジャパン】について紹介します。

 

 


ピースワンコ・ジャパンとは

 

【ピースワンコ・ジャパン】は、広島県神石高原町を拠点に活動している認定NPO法人 ピースウィンズ・ジャパンが運営するプロジェクトです。

犬の殺処分ゼロへのチャレンジを行っており、これまでに2800頭以上の犬を保護してきました。

2016年4月からは広島県内で殺処分対象となった犬の全頭引き取りを始め、『広島県の犬の殺処分ゼロ』に成功しています。

 

これ、実はとても凄いことなんです。

 

なんと、広島県は2011年に全国ワーストの『犬・猫殺処分頭数』を記録していたのです!
※犬2342頭、猫5998頭、計8340頭

それだけでも犬のために貢献をしているのですが、他にも様々な活動を行っています。

 

ピースワンコジャパン

 

主な活動内容

 

 

・保護・譲渡活動

 

メインとなる、犬の保護・譲渡活動です。

保護活動の一環にはドッグトレーナーによるトレーニングも含まれており、保護に対する意識が高いです。

なぜなら、保護施設でも保護と譲渡で手一杯になってしまい、なかなかトレーニングまですることができない場合が多いからです。

 

・災害救助犬などの育成

 

 

災害救助犬やセラピー犬、里守り犬や低血糖アラート犬の研究・育成を行っています。

中には、殺処分寸前で【ピースワンコ・ジャパン】に保護され、訓練の末、災害救助犬として広島土砂災害やネパール大地震で活躍している犬もいます。

 

・教育・啓発活動

 

出張授業や企業ボランティア研修、講演会などを通じた啓発活動を行っています。

最近では2016年より、犬の飼養に関する知識を専門的に学ぶことができる『ピースワンコPRODOGスクール』というスクールも開校しました。

 

・地域再生

 

地元の特産品を販売するアンテナショップや、地元の食材を使った犬も一緒に行けるカフェ、さらにはドッグランも運営しています。

ドッグランは西日本最大級の大きさがあり、自然の中を駆け回れるようになっています。

 

・助成事業

 

最後に、他の団体を応援する助成事業です。

犬の保護活動に力を入れている【ピースワンコ・ジャパン】ですが、猫の殺処分ゼロも目指しています。

しかし、保護猫は施設にいません。

 

犬の殺処分を継続的に実現させるためにも、猫の殺処分ゼロ事業は手がけていないのです。

命を預かる責任は大きく、簡単に手を出すことは出来ません。

 

それでも、『猫の殺処分ゼロ』も実現できるように取り組み始めた活動が、助成事業なのです。

 

 


猫の殺処分ゼロも支援する『殺処分ゼロ・チャレンジ推進助成事業』

 

『殺処分ゼロ・チャレンジ推進助成』は2017年2月から開始された、まだまだ新しい事業です。

日本全国各地で『犬猫の殺処分ゼロの実現』を目指す民間非営利団体へ支援をしています。

 

助成申請書の審査は、別途有識者等による審査委員会が行うため、厳しく審査されるのでしょう。

そして『営利目的』や『特定宗教の布教目的』などの事業は助成の対象外となるので、本当に『犬猫の殺処分ゼロの実現』を目指している、信頼できる団体のみに助成される仕組みになっているのです。

 

このような団体でしたら、支援をする側も安心して任せることができます。

 

『犬の保護活動』『猫の保護活動の支援』など、『保護犬』『保護猫』のために様々な活動に取り組んでいる【ピースワンコ・ジャパン】のために、個人でも何かできることはないのでしょうか?

 

 

【ピースワンコ・ジャパン】の活動を応援することができる『ワンだふるサポーター』

 

『ワンだふるサポーター』とは、月額制で寄付をすることができるサポーター制度です。

こちらは、1000円からの寄付が可能となっています。

サポーターとして寄付したお金ですが、保護犬の飼育費や災害救助犬・セラピー犬の育成などに活用されます。

 

もし、月額1000円でサポーターになり、1年間在籍したとすれば、犬1頭、1年分のフィラリア、ノミダニ駆虫薬を購入でき、まだお釣りがくるほどの支援が出来ます。

月額の寄付金額が多くなくても、継続して支援を行うことに意味があります。

犬たちに寄り添った長期的で計画的な活動は、継続的な支援があってこそ成り立つものだからです。

 

また、支援する側にも継続して支援することでメリットがあります。

『ワンだふるサポーター』になるとそのお礼として、入会セット(ワンだふるサポーター会員証とワンコのポストカード)と年に3回のニュースレターが送られてきます。

継続して支援した方が、支援側にも活動の状況が目に見えて分かるのです。

 

また、ピースウィンズ・ジャパンは、日本に約52000あるNPOのうち、約1000しかない認定NPO法人のため、税制上の大きなメリットもあります。

 

ピースワンコジャパン

 

 


支援の形は様々ある

 

支援の方法は他にもあります。

ふるさと納税をしたり、物資を寄付したり、売り上げの一部が活動資金に充てられる商品を買ったり…方法は様々です。

 

資金の調達が大変であり、労力も消費する保護活動ですが、それを外部から助けてくれる人がいるだけでも、大きな励みになります。

犬や猫の保護活動に少しでも興味があれば、ぜひその支えになってください。


フォローして最新のペット・動物関連記事をチェック!



検索

カテゴリ一覧

大型哺乳類(9)
   カピバラ(2)
   ミニブタ(1)
中型哺乳類(307)
   猫/ネコ(120)
   犬/イヌ(162)
小型哺乳類/小動物(54)
   うさぎ(27)
   ハムスター(16)
鳥類(58)
   陸生鳥類(50)
   水生鳥類(4)
魚類/甲殻類/水生生物(51)
   熱帯魚(21)
   淡水魚(17)
爬虫類(23)
   蛇/ヘビ(5)
   トカゲ(6)
両生類(9)
   ウーパールーパー(1)
   カエル(5)
虫/昆虫(12)
   カブトムシ/クワガタ(7)
   タランチュラ(1)
ペット/動物全般/コラム(35)
   ペットや動物と触れ合えるスポット(5)
   寄付/募金/殺処分(7)

タグ一覧

飼い方/飼育方法(497)
種類/品種(441)
繁殖/育成(382)
毛色/毛質(176)
性格/生態/特徴(334)
食事/餌/栄養(390)
病気/病院/治療(436)
しつけ(342)
トイレ(123)
おもちゃ(13)
選び方(385)
値段/価格(397)
ランキング/おすすめ(87)
口コミ/レビュー(120)
旅行/ホテル/レストラン(10)
寄付/募金(12)
おもしろペット(71)
飼育知識/豆知識(543)
画像(74)
まとめ(551)

人気記事ランキング