logo

Top > 中型哺乳類 > 猫/ネコ > 猫の種類

ターキッシュアンゴラの価格、性格、飼い方






ターキッシュアンゴラは世界でも数の少ない希少種であり、原産国のトルコでは国宝級の猫として大変大事にされています。

祖先の野生種の特徴を長い歴史の中でも失わなかった点でも貴重な種であると言えるでしょう。

運動能力が高く、賢くフレンドリーな性格のターキッシュアンゴラはペットとしてもとても魅力にあふれた猫です。
真っ白のターキッシュアンゴラの他にも、様々な色があり被毛のバリエーションも豊か。

今回はそんな魅力たっぷりのターキッシュアンゴラの、価格や飼う際の注意点、性格や特徴、飼い方などを解説します。

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、臨時休業あるいは営業時間の変更等の措置を取っている店舗・施設がございます。


お出かけ前に、店舗・施設の公式HPやSNS等で最新情報のご確認をお願い致します。


【目次】ターキッシュアンゴラの価格、性格、飼い方

 

ターキッシュアンゴラの歴史

野生種の猫を祖先に持つ

ヨーロッパの乱繁殖で絶滅状態に

原産国のトルコで種として保存

ターキッシュアンゴラの特徴

ターキッシュアンゴラの大きさ

ターキッシュアンゴラの寿命

ターキッシュアンゴラの性格

運動能力が高い

フレンドリーな性格

いたずらもすぐに覚える

一緒に時間を過ごせる人におすすめ

ターキッシュアンゴラの飼育方法

被毛の手入れ

歯磨き

室内飼育をする

高い場所を用意する

ターキッシュアンゴラの気をつけたい病気

難聴

肥大型心筋症

運動失調症

ターキッシュアンゴラの飼育に必要な費用

飼育前の準備費用

年間の飼育費用

ターキッシュアンゴラをどこで手に入れるか

知識と愛情のあるブリーダーから購入する

ターキッシュアンゴラの基本事項

ターキッシュアンゴラをペットにするために:最後に

 

 


ターキッシュアンゴラの歴史

 

ターキッシュアンゴラ

 

野生種の猫を祖先に持つ

 

ターキッシュアンゴラは最も古い歴史を持つ 猫種 のひとつです。

長い歴史を持つとされるペルシャの祖先とも言われています。

優美な姿からは想像し難いですが、出身はトルコの山岳地帯で、過酷な冬の防御のために非常に柔らかいミディアム・ロングの被毛を持つようになりました。

 

ターキッシュアンゴラは中央アジアの野生の猫であるマヌルネコで、広く中央アジアに住んでいたタタール人が家畜化した猫が祖先と考えられています。

最も古い記述は16世紀のフランスであるため、ターキッシュアンゴラの原種は当時の貿易によりヨーロッパでも姿を見ることができたと推測されました。

 

ヨーロッパの乱繁殖で絶滅状態に

 

白い長毛の優美な姿はヨーロッパでも人気になり、17世紀のフランスではルイ16世やマリー・アントワネットの愛猫として知られています。

しかし、19世紀のキャットショーに出展されたことが絶滅のきっかけとなりました。

その優美な姿に魅力を感じたペルシャのブリーダーが繁殖にターキッシュアンゴラを使用し始めたため、本来の原種としてのターキッシュアンゴラは事実上ヨーロッパでは絶滅してしまったのです。

ペルシャと掛け合わされたターキッシュアンゴラの特徴である引き締まった体型を失い、ペルシャと同様なずんぐりした体型になってしまったために、長い間たんに「アンゴラ」と呼ばれていました。

 

原産国のトルコで種として保存

 

幸運なことにトルコではターキッシュアンゴラは国宝とみなされていたために、特別な繁殖プログラムが確立しており、種として保存されていたのです。

1950年台にアメリカの軍人がトルコのアンカラ動物園で飼育されていたターキッシュアンゴラの存在を知り、それがきっかけで世界に存在が再び知られるようになりました。

 

トルコではヨーロッパの乱繁殖のようなことが再び起こることを恐れて、ターキッシュアンゴラの国外への持ち出しには慎重な姿勢でした。

しかし、1962年にウォルター・グラント大佐にオスとメス2匹のターキッシュアンゴラを譲渡し、それらの猫がアメリカでターキッシュアンゴラの繁殖のきっかけとなります。

 

種を守るためにCFA(猫愛好家協会)で登録されているターキッシュアンゴラは、祖先が全てトルコのターキッシュアンゴラでなければ登録できないという厳しい規定を設けています。

1968年にCFAは白色のターキッシュアンゴラの登録を認め、1978年には色の付いた被毛のターキッシュアンゴラも正式に登録されました。

 

 

ターキッシュアンゴラの特徴

 

ターキッシュアンゴラ

 

ターキッシュアンゴラは絹のようなシングルコートのミディアム・ロングの長毛が最大の特徴です。

耳はとがった形をしており、目はアーモンド形で青、緑、琥珀、金目銀目=オッドアイなどがありすべて公認されています。

ボディは筋肉質ながらも引き締まった体型をしています。

 

 


ターキッシュアンゴラの大きさ

 

平均的な体重は2.5kg~5kg程度。

中型の大きさです。

 

 

ターキッシュアンゴラの寿命

 

13歳〜18歳。

近年人気のマンチカンやスコティッシュフォールドなど、人の好みに合わせて障害を固定化させた品種は短命な傾向にあるのですが、それに比べてターキッシュアンゴラは猫の野生種を祖先に持ち、過度な人の手が加えられていない品種なので体も丈夫で長生きです。

 

 


ターキッシュアンゴラの性格

 

ターキッシュアンゴラ

 

運動能力が高い

 

とても賢く運動能力も高いです。

高い場所に登ることも得意ですし、ドアなどは簡単に開けてしまうでしょう。

そのため、脱走されないように注意する必要があります。

ターキッシュアンゴラは古代からその個性を守られてきた種であり、狩猟本能も維持しています。

 

室内での暮らしを楽しくするために、キャットタワーやキャットウォークなどを準備してあげてください。

さらに、狩猟本能を満たせる 猫のおもちゃ も用意してあげましょう。

大人になっても遊び心を忘れない猫です。

 

フレンドリーな性格

 

ターキッシュアンゴラはあまり人見知りせず、訪問者とも仲良くなれます。

お客さんのあとをついて歩いたり話しかけたりするので「犬のような猫」といわれることも。

社交的で人間が大好き。

そして他の猫や とも仲良くできます。

 

いたずらもすぐに覚える

 

ターキッシュアンゴラはとても賢いため、 キャットフード のしまい場所や開け方などを覚えるとすぐに繰り返し行ってしまいます。

一旦覚えてしまったものを治すことは難しいです。

ゴミ箱のいたずらなど、してほしくないことは最初からできないように工夫しましょう。

 

一緒に時間を過ごせる人におすすめ

 

活動的で遊び好きなので、おもちゃなどで一緒に遊んであげられる時間が取れない人、猫のいたずらにユーモアと忍耐を持って対処できない人には向いていません。

 

 

ターキッシュアンゴラの飼育方法

 

 

被毛の手入れ

 

ターキッシュアンゴラはとても美しい長い被毛を持っていますが、シングルコートなのでお手入れはさほど難しくありません。

もつれやすいアンダーコートがないのでブラッシングをしやすく、週1〜2回程度行えば大丈夫でしょう。

ターキッシュアンゴラ本来の被毛の長さになるのは2歳くらいまで成長してからで、子猫とのときは短毛に見えます。

 

歯磨き

 

ターキッシュアンゴラは丈夫な品種ですが、歯肉炎になりやすいのは他の猫と一緒です。

できればブラシでの歯磨きをしたいところですが、難しい場合は液体歯磨きを併用したり、歯肉炎になりにくいフードにするなどの工夫をすると良いですね。

 

室内飼育をする

 

ターキッシュアンゴラは野生種の猫に近い本能を持っています。

冒険心があり運動能力が高いので、一旦外に出ると帰ってこなくなる可能性が大。

完全室内飼育をしてください。

 

高い場所を用意する

 

遊びが好きで冒険心あふれるターキッシュアンゴラが室内で退屈せずに過ごせるように、高い場所を用意してあげましょう。

冒険心が満たされるように、歩く場所が細いキャットウォークなどがあるとより楽しめます。

 

 


ターキッシュアンゴラの気をつけたい病気

 

ターキッシュアンゴラ

 

野生種の血を引き継ぎ、山岳地帯で生きられる体に進化したターキッシュアンゴラは、一般的に丈夫で、遺伝子疾患などは比較的少ないと言われています。

 

難聴

 

ターキッシュアンゴラは被毛に色がついているタイプもありますが、被毛が真っ白でオッドアイであった場合は片方または両方の耳が難聴であることがあります。

真っ白でオッドアイのターキッシュアンゴラは貴重なので珍重されますが、耳が聴こえない場合は外では暮らせませんから、必ず室内飼育をしてあげる必要があります。

室内のみで暮らす分には難聴であっても、人間が注意してあげれば問題なく暮らせるでしょう。

 

肥大型心筋症

 

猫にときどき見られる病気ですが、ターキッシュアンゴラも発症する病気です。

遺伝によるものではなくても、シニア以上になると発症しやすい傾向があります。

予防は難しい病気ですが、若い猫にも関わらず運動したがらない、寝てばかりいるなどの様子が見られたら早期に獣医に相談しましょう。

 

運動失調症

 

ターキッシュアンゴラはまれに運動失調症を発症することがあるとされています。

小脳に異常があることによる神経系の病気ですが、うまく歩けない、頭が傾いてしまうなどの症状が見られることがあります。

先天性の場合はごく幼いときから症状が現れますが、それ以外の病気や菌の感染などが原因になることもあります。

 

万が一発症しても、完全に室内で飼育し、高所や階段などを避けるようにすれば生活は可能です。

人間が運動を制限しなくても、成長した猫は高い場所など自分で危険な場所には行かないようになることが多いでしょう。

 

 

ターキッシュアンゴラの飼育に必要な費用

 

ターキッシュアンゴラ

 

飼育前の準備費用

 

食器 2,000円〜3,000円

 

雑菌が繁殖しないよう陶器製のものをおすすめします。

水分を摂取しやすくなるように水用の食器は複数個用意しましょう。

 

トイレ 4,000円〜6,000円

 

あまり小さいトイレは、猫は好まないので少し大きめのものがいいです。

猫のトイレは猫の数プラス1個以上が理想。

大と小を分けて使用する猫もいますし、トイレが汚れていることによる粗相も予防できます。

 

猫砂 1000円

 

猫砂も様々な種類が発売されていますが、猫は一般的に細かい砂のほうが好きです。

可能であれば猫砂も2種類使ってみると猫の好みが把握できるでしょう。

猫砂が気に入らなくて粗相する場合もあります。

 

ケージ 8,000円〜15,000円

 

大きくなれば自由に室内の放し飼いで大丈夫ですが、子猫のうちは留守番時など危険な場合がありますからケージがあったほうがいいでしょう。

猫は高さが必要ですから、2段以上あるケージが望ましいですね。

 

猫ベッド 3,000円〜4,000円

 

必ずしもなくてもいいですが、猫が安心できる場所を作ってあげましょう。

 

キャリー 3,000円〜5,000円

 

病院などに行く際に必ず必要です。

移動時は行方不明になることを避けるために必ずキャリーに入れてください。

 

ブラシ、歯磨き用品 3,000円〜5,000円

 

ターキッシュアンゴラは長毛ですのでブラシが必要です。

歯磨き用品なども用意しておきましょう。

 

キャットタワー 10,000円〜20,000円

 

完全室内飼育が望ましいですので、室内の高い場所を確保できるようにキャットタワーやキャットウォークなどを準備してあげましょう。

このように、合計すると準備に総額59,000円ほどかかることになります。

 

年間の飼育費用

 

フード代 1ヶ月 3,000円~6,000円

 

1日の食事量を50g~60gとすると(年齢・体重などによって変わります)、1ヶ月で約2kgのキャットフードが必要になります。

猫は、本来は肉食獣ですから穀物が少ないものを選んであげてください。

健康のためには添加物もなるべく少ないキャットフードがいいでしょう。

食事からも水分をとらせたいのでウエットフードも必要になってきます。

 

猫砂 1ヶ月の砂代 2000円~5,000円

 

トイレの砂はいつでも清潔な状態を保ってあげてください。

 

ワクチン代 4,000円~6,000円

 

完全室内飼育でも人間が持ち込む菌やウイルスから猫を守るために最低限、3種混合ワクチンを年に1度接種しましょう。

 

爪とぎ 1ヶ月 1,000円~2,000円

 

爪とぎがあると壁や家具での爪とぎを減らせます。

 

年間の費用は、14万円は見積もる必要があります。

18年生きたとすると252万円の費用が掛かります。

病気やけがになったときのための診療代も経費として考えておきましょう。

費用の面からも家族に迎えることが可能かどうか検討してください。

 

※合わせて読みたい: 猫の飼い方!費用、エサ、しつけ、病気から老後の世話まで

 

 


ターキッシュアンゴラをどこで手に入れるか

 

ターキッシュアンゴラ

 

希少種なので、価格は30万円ぐらいからと高額な傾向があります。

 

知識と愛情のあるブリーダーから購入する

 

ターキッシュアンゴラに関する専門知識と猫に対する愛情があるブリーダーから購入しましょう。

購入前にブリーダーを訪問してみることをおすすめします。

狭いアパートの1室で、猫をすし詰め状態にして繁殖しているような悪質ブリーダーも数多く存在します。

 

動物の数が多くても清潔にしていれば匂いはしないものです。

きちんと愛情を持って管理されているか確認しましょう。

 

また、子猫が親猫から早期に引き離されたり飼育者から愛情をかけてもらっていないと、甘噛の力加減ができなかったり人間への愛情が希薄だったりする場合があります。

日本では小さい子猫を希望する消費者が多いですが、アメリカの猫種を登録している組織であるCFAは優良なブリーダーは生後12週〜16週を経過した子猫を譲渡するとしており、それ以下のごく幼い子猫を譲渡するブリーダーは良くないことを示唆しています。

日本でも生後8週齢での譲渡販売は禁止されていますから、動物愛護の精神にのっとって繁殖しているブリーダーかどうか見極めてください。

 

 

ターキッシュアンゴラの基本事項

 

1.原産国:トルコ

2.歴史:最も古い歴史を持つ猫の1種。祖先は野生種のマヌルネコとされている。ヨーロッパで人気になったものの乱繁殖で絶滅状態に陥る。しかし、原産国トルコでは国宝として大切にされていたので種が維持された。

3.体の大きさ:中猫程度 平均的な体重は2.5kg~5kg

4.寿命:13歳〜18歳 余計な改良が加えられていないため丈夫な体を持つ。

5.特徴:美しい長い被毛を持ち、ほっそりとした引き締まった体を持つ。運動能力に優れており、高い場所を好む。

6.性格:フレンドリーな性格で、人間とも他のペットとも仲良くできる。賢く、ドアなどは簡単に開けてしまうので脱走されないように注意する必要がある。

7.気をつけたい病気:難聴、肥大型心筋症、運動失調症

 

 

ターキッシュアンゴラをペットにするために:最後に

 

ターキッシュアンゴラ

 

ターキッシュアンゴラはトルコでは国宝級とされ、その特性や姿を保持するために余計な改良を加えられていない本来の美しさを持った貴重な猫です。

賢いので脱走に注意する必要はありますが、性格もフレンドリーで飼いやすい猫といえますね。

 

ターキッシュアンゴラは寿命が長い傾向があるので、その分費用もかかりますし面倒も見てあげなくてはいけません。

その点も十分考慮して家族に迎えてほしいです。


フォローして最新のペット・動物関連記事をチェック!



検索

カテゴリ一覧

大型哺乳類(23)
   カピバラ(2)
   ブタ(3)
中型哺乳類(525)
   猫/ネコ(212)
   犬/イヌ(268)
   霊長類/類人猿/サル(12)
   モモンガ(3)
   フェネック(1)
小型哺乳類/小動物(97)
   うさぎ(43)
   ハムスター(23)
   ハリネズミ(7)
   モルモット(7)
   チンチラ(2)
鳥類(120)
   インコ(21)
   梟/フクロウ(10)
   文鳥(3)
魚類/甲殻類/水生生物(76)
   海水魚/熱帯魚(32)
   淡水魚(23)
爬虫類(41)
   蛇/ヘビ(9)
   トカゲ(10)
   カメ(10)
両生類(13)
   カエル(7)
   ウーパールーパー(2)
虫/昆虫(17)
   カブトムシ/クワガタ(10)
   タランチュラ(1)
ペット/動物全般/コラム(64)
   ペットや動物と触れ合えるスポット(24)
   寄付/募金/殺処分(6)

タグ一覧

飼い方/飼育方法(823)
種類/品種(700)
繁殖/育成(593)
毛色/毛質(283)
性格/生態/特徴(648)
食事/餌/栄養(637)
病気/病院/治療(658)
しつけ(466)
トイレ(154)
選び方(509)
値段/価格(569)
ランキング/おすすめ(143)
口コミ/レビュー(165)
旅行/ホテル/レストラン(24)
寄付/募金/保護活動(14)
おもしろペット/珍ペット(99)
飼育知識/豆知識(937)
画像/動画(128)
まとめ(860)

人気記事ランキング