logo

Top > 爬虫類 > トカゲ > トカゲの種類/飼い方/豆知識

フトアゴヒゲトカゲのエサ、繁殖方法、飼い方






フトアゴヒゲトカゲは野性味にあふれた見た目をしていますが、実は人に慣れやすい動物です。

愛嬌もあり、ベビーの時から飼えば手から餌を食べるようにもなります。
また、しっかりと飼育環境を整えてあげることさえれきれば、10年ほども長生きするトカゲなのです。

そんなかっこよくも愛らしいフトアゴヒゲトカゲの失敗しない飼い方とは、どのようなものなのでしょうか。
今回はフトアゴヒゲトカゲの特徴や寿命、飼うのに必要なもの、餌、飼い方、繁殖の仕方を解説します。

【目次】フトアゴヒゲトカゲのエサ、繁殖方法、飼い方

 

一度見たら忘れられない!フトアゴヒゲトカゲの特徴

フトアゴヒゲトカゲの出身地

フトアゴヒゲトカゲの大きさ

フトアゴヒゲトカゲの体色

フトアゴヒゲトカゲの寿命

フトアゴヒゲトカゲを家に迎え入れる前に、これだけは揃えておこう

フトアゴヒゲトカゲのための飼育ケージ

フトアゴヒゲトカゲに適した床材

フトアゴヒゲトカゲのための紫外線ランプ

フトアゴヒゲトカゲのための温度管理

フトアゴヒゲトカゲのシェルター

フトアゴヒゲトカゲの餌

フトアゴヒゲトカゲに与える昆虫

フトアゴヒゲトカゲに肉をあげてもいいの?

フトアゴヒゲトカゲも水を飲みます

フトアゴヒゲトカゲを飼うには何に気を付けたらいいの?

フトアゴヒゲトカゲをいじくりまわさないでください

フトアゴヒゲトカゲにはボスがいる

フトアゴヒゲトカゲを繁殖させるには

フトアゴヒゲトカゲの寒冷期

フトアゴヒゲトカゲの産卵

フトアゴヒゲトカゲの卵のお世話

フトアゴヒゲトカゲのベビーのお世話

フトアゴヒゲトカゲの病気

フトアゴヒゲトカゲのまとめ

 

 


一度見たら忘れられない!フトアゴヒゲトカゲの特徴

 

フトアゴヒゲトカゲ

 

面構えに特徴があるフトアゴヒゲトカゲ。

爬虫類 ファンならずとも、こんな生き物を飼ってみたい!と思う人は多いのではないでしょうか。

実はこの「アゴヒゲ」、喉の下にある袋のことです。

危険を感じると、敵を驚かそうとして、この袋を膨らませるのです。

 

フトアゴヒゲトカゲの出身地

 

フトアゴヒゲトカゲはオーストラリア東部の原産。

昼間活動し、長時間、石や丸太の上で日光浴をします。

 

フトアゴヒゲトカゲの大きさ

 

フトアゴヒゲトカゲは、成長すると、尻尾を入れて55cmから58cmになります。

 

フトアゴヒゲトカゲの体色

 

フトアゴヒゲトカゲには、様々な色のバリエーションがあります。

ノーマルなタイプとしては、褐色やグレーがあります。

 

フトアゴヒゲトカゲ

 

今日本のショップで取引されているフトアゴヒゲトカゲは、人の手で殖やされた子たちです。

オレンジ色や黄色が強く出ている個体をオレンジやイエローと呼んでいます。

値段は1万5千円から2万5千円ほど。

餌や光によって体色が変わることもあります。

 

フトアゴヒゲトカゲ

 

黒い色素が少ないハイポやトランスという体色も出回っています。

イエロートランスやハイポオレンジと呼ばれ、価格は3万円ほど。

ハイポやトランスの場合、光や餌によって体色が変わることはありません。

 

フトアゴヒゲトカゲの寿命

 

フトアゴヒゲトカゲ

 

フトアゴヒゲトカゲは、通常10年くらい生きます。

長いお付き合いになりますので、飼う前に十分考えましょう。

 

また、繁殖させる時も、生まれるベビーをどうするか、予め決めておいた方が良いですね。

馴らすためにはベビーの時から飼うのが一番です。

 

ただ、どんな動物もそうですが、赤ちゃんは病気になりやすいもの。

飼育に自信がない場合、1歳以上の子を飼うことをおすすめします。

 

 

フトアゴヒゲトカゲを家に迎え入れる前に、これだけは揃えておこう

 

爬虫類を飼うときは、まずその種類に適した環境を作っておくことが重要です。

飼育環境の良し悪しがフトアゴヒゲトカゲの健康にも関わるので、飼い始める前にケージ内の環境は完璧に整えておきましょう。

 

フトアゴヒゲトカゲのための飼育ケージ

 

フトアゴヒゲトカゲ

 

通気性のよいもの、逃げられないものを選びましょう。

成長すると50cm以上になるので、一匹で飼うとして、最低でも一辺1mは欲しいところです。

 

トカゲ は、 ヘビ とは逆に、体の大きさの割に広い空間が必要なので、理想的には1m50cmあると良いです。

もちろん、小さいうちはもっと小さめのケージでも構いません。

狭いケージで飼って、外に出して運動させればいいのではという人もいます。

ただ、爬虫類はサルモネラ菌を持っていることも多く、おすすめできません。

外に出す時は時間を限り、監視の下で行いましょう。

 

鈴木製作所 ガラス水槽

 

 

鈴木製作所 ガラス水槽の商品情報

 

参考価格:18,080円(税抜)

メーカー名:鈴木製作所

サイズ(幅X奥行X高さ):120×45×45cm

重量:30㎏

生産国:日本

 

フトアゴヒゲトカゲに適した床材

 

フトアゴヒゲトカゲ

 

基本的には乾燥していることが重要です。

掃除が楽なのは紙。埃のたたない砂でも良いでしょう。

汚れたらすぐ取り換えましょう。

 

ジェックス デザートサンド

 

 

ジェックス デザートサンドの商品情報

 

参考価格:905円(税抜)

メーカー名:ジェックス

内容量:3kg

生産国:中国

 

フトアゴヒゲトカゲのための紫外線ランプ

 

フトアゴヒゲトカゲは夜行性ではなく昼行性なので、紫外線ランプが必要です。

紫外線蛍光灯やUVライトを使いましょう。

 

もちろん、自然光でもいいのですが、ガラスは紫外線をブロックするので、直接、または金網越しに光が浴びられるようにします。

日光が不足する時期には、紫外線ランプを付けることが必須です。

自然光にせよ紫外線ランプにせよ、日陰も作ってあげてください。

 

ジェックス ソーラーグローUV

 

 

ジェックス ソーラーグローUVの商品情報

 

参考価格:5,350円(税抜)

メーカー名:ジェックス

サイズ(幅X奥行X高さ):9.5×9.5×13.95cm

重量:80g

生産国:中国

 

フトアゴヒゲトカゲのための温度管理

 

フトアゴヒゲトカゲ

 

温度管理は、爬虫類を飼う上で重要なポイントです。

パネルヒーターやプレートヒーターを、タイマーやサーモスタットと連動させて使います。

保温電球を使うときは、水滴が飛んでも壊れないタイプを使うか、金網などで覆った方が安全です。

 

bearded-dragon

 

フトアゴヒゲトカゲの場合、低温部は28度くらい、高音部は40度から43度必要です。

ケージの中に作る高温の部分をホットスポットといいます。

 

動物が必要に応じて高温部や低温部に移動できることが大切です。

夜間は21度から24度に下げます。

 

みどり商会 ピタリ適温プラス

 

 

みどり商会 ピタリ適温プラスの商品情報

 

参考価格:2,679円(税抜)

メーカー名:みどり商会

サイズ(幅X奥行X高さ):25×0.1×22cm

重量:150g

 

フトアゴヒゲトカゲのシェルター

 

爬虫類は、シェルターがないとストレスで参ってしまいます。

ランプや日光を十分浴びて、一休みするにもシェルターが必要です。

体全体がすっぽり入るくらいの隠れ家を入れてあげましょう。

 

スドー ロックシェルター2L

 

 

スドー ロックシェルター2Lの商品情報

 

参考価格:1,650円(税抜)

メーカー名:スドー

サイズ(幅X奥行X高さ):17.5×16.5×10.5cm

重量:920g

 

爬虫類を飼うには、動物の値段より環境作りにお金がかかると言われるとおり、以上を全て揃えると、初期投資としてなかなかの費用がかかります。

しかしながら、良好な飼育環境の中で十分な光を浴び、バランスの取れた餌を食べれば、10年くらい付き合ってくれますよ。

本当に飼いたいと思う方にとっては、必要な投資と言えるでしょう。

 

 


フトアゴヒゲトカゲの餌

 

フトアゴヒゲトカゲは雑食性です。

コオロギ などの昆虫、ミールワーム、野菜(ブロッコリー、ニンジン、チンゲン菜、タンポポなど)や果物(リンゴ、オレンジなど)を食べます。

野菜や果物は細かく刻んで混ぜ合わせ、爬虫類用のカルシウムをまぶすと良いでしょう。

 

ひっくり返らないように安定した容器に入れて与え、食べ残しは取り除きます。

大人には1週間に4~5 回、生後半年までは毎日与えます。

 

フトアゴヒゲトカゲに与える昆虫

 

昆虫やミールワームは通販でも売っています。

の昆虫にも、餌を与えなければなりません。

 

コオロギには、新鮮で清潔な野菜を与えます。

冬には保温をするために、使い捨てカイロを利用するのが便利です。

蒸れないよう、通気性にも気を配ってください。

 

ミールワームにはフスマを与えます。

長めのピンセットで与えると良いでしょう。

 

フトアゴヒゲトカゲに肉をあげてもいいの?

 

フトアゴヒゲトカゲ

 

ときどき肉を与えてもかまいませんが、リンが多い牛肉は避けましょう。

また、幼いときは動物性の餌を多く、成長するにしたがって、植物性の餌を多くします。

 

ベビーでも、ミールワームや昆虫が好きだからといって、そればかり与えるのはやめましょう。

野菜を受けつけなくなり、栄養のバランスが取れなくなってしまいます。

カルシウム補給として、小鳥用のイカの骨も砕いて与えると良いです。

 

フトアゴヒゲトカゲも水を飲みます

 

オーストラリアの乾燥地帯に住んでいるフトアゴヒゲトカゲですが、水入れは必要です。

水浴はしないので、小さなもので十分です。

安定したものを選びましょう。

水は毎日替えてください。

 

 

フトアゴヒゲトカゲを飼うには何に気を付けたらいいの?

 

適切な環境、バランスのとれた食事のほかに、気を付けるべき点は何でしょうか。

フトアゴヒゲトカゲがストレスを感じることなく、心身ともに健康に過ごしてもらうために、注意する点があります。

 

フトアゴヒゲトカゲをいじくりまわさないでください

 

bearded-dragon

 

人に慣れやすいトカゲですから、手に取ったり、触ったりして大丈夫です。

背中のトゲトゲは実は柔らかく、痛くありません。

慣れてくれれば、掃除や治療のときにも楽ですね。

 

ただ、触るのは1日10分から15分に留めましょう。

爬虫類全般に言えることですが、フトアゴヒゲトカゲも、別に撫でてほしいとは思っていないようです。

また、買ってきた日や、環境が変わったときなどは、そっとしておいてあげてください。

 

手に取るときは、決して尻尾をつかんだり、つまみ上げたりしないことです。

お腹からすくいあげるようにしましょう。

 

フトアゴヒゲトカゲにはボスがいる

 

何と生まれてすぐに上下関係を作るフトアゴヒゲトカゲ。

体が大きく、どっしりとした個体が必ず先に餌を食べます。

 

小さい時から少数で飼った方が、みんなが元気に育ちます。

生まれたての子を複数で飼う場合、1日に2~3 回餌をあげましょう。

 

みんなに行きわたるよう、少し余分に餌を用意します。

生後4週間くらいたったら、1日1回に減らします。

成長するとボスが現れ、縄張りを作ります。

大人は1匹かペアで飼うのが良いでしょう。

 

 


フトアゴヒゲトカゲを繁殖させるには

 

爬虫類を繁殖させたかったら、寒冷期を作って季節感を出します。

寒冷期を作るのはフトアゴヒゲトカゲが1歳を過ぎてからが良いでしょう。

 

最初の1年は、ずっと同じ温度で飼った方が無難です。

繁殖させる前に、生まれた子たちの行き先を決めておいてください。

 

フトアゴヒゲトカゲの寒冷期

 

寒冷期をウィンタークーリングともいいます。

日本では12月初めにスタートするのがいいでしょう。

いきなり温度を下げるのではなく、徐々に変化させてください。

 

フトアゴヒゲトカゲの場合は、7~8週間。

低温部は17~18度、ホットスポットは24~26度にし、夜間は15度くらいに下げます。

こうしてケージの中を人工的に冬の季節にします。

 

フトアゴヒゲトカゲの産卵

 

bearded-dragon-eggs

 

寒冷期の終わりには、再びゆっくりと温度を上げ、冬が終わり春が来たとフトアゴヒゲトカゲに感じさせます。

雌にはたっぷりの餌を与え、ペアを同じケージに入れて交配させます。

 

約3週間後に、雌を元のケージに戻します。

産卵用に、一部湿った砂を用意します。

穴が掘れるくらいの厚さに砂を入れてください。

交尾後45~60日で産卵します。

 

フトアゴヒゲトカゲの卵のお世話

 

通気性のあるプラスチックの箱にバーミキュライトを入れます。

湿らせて、窪みを作り、卵が少し顔を出すように置いてください。

 

この時、母親が産み落としたまま、上下を入れ替えないように気を付けます。

鳥類 の卵と違って、上下を変えるのは厳禁です。

 

箱の中は、湿度10% 気温30度を保つと60~70 日で孵化します。

中には卵から出るのに何日もかかる子もいるので、そっと見守りましょう。

動き回るようになったら、赤ちゃんだけのケージに入れてください。

 

フトアゴヒゲトカゲのベビーのお世話

 

bearded-dragon-baby

 

大人と同じか、やや低めの温度で育てます。

卵の栄養が体内に残っている間は、餌を食べません。

翌日から餌をすすめてみましょう。

 

大人に与える餌より、ずっと細かく刻んでください。

餌を食べない子や成長の早い子は、別の容器に移した方が良いです。

 

 

フトアゴヒゲトカゲの病気

 

フトアゴヒゲトカゲに多い病気といえば、卵詰まりや寄生虫など、いずれも爬虫類全般に多いものばかりです。

病気になる前に、エキゾチックアニマルや爬虫類を見てくれる獣医さんを探しておきましょう。

詳しくは、Petpediaの 爬虫類の病気に関しての記事 もご覧ください。

 

予防は、温度管理をしっかりすること、ケージの中を清潔に保つことです。

糞や餌の残りは毎日取り除き、1週間に1回くらい、ケージの掃除をしてください。

また、ペットに触ったり、お世話をした後は、必ずよく手を洗いましょう。

 

 


フトアゴヒゲトカゲのまとめ

 

bearded-dragon-pose

 

英語表記: bearded dragon

原産地:オーストラリア

体色:グレー、褐色、オレンジ、イエロー、白など

値段:通常1万5千円くらいから6万円くらい

特徴:昼行性

餌:雑食(昆虫と野菜、果物)

性質:馴れやすい

寿命:10年くらい

かかりやすい病気:寄生虫、脱皮不全、卵詰まりなど

入手の仕方:トカゲを扱っているショップなら大抵販売されています

 

 

野生的な顔つきなのに、しっかり人に馴れてくれるフトアゴヒゲトカゲ。

きちんと飼えば、元気に育ってくれて、初心者にもお勧めの爬虫類です。

ペットと共に暮らす喜びを、十分味わわせてくれる動物だと言えるでしょう。


フォローして最新のペット・動物関連記事をチェック!



検索

カテゴリ一覧

大型哺乳類(22)
   カピバラ(2)
   ブタ(3)
中型哺乳類(445)
   猫/ネコ(178)
   犬/イヌ(228)
   霊長類/類人猿/サル(9)
   モモンガ(2)
   フェネック(1)
小型哺乳類/小動物(83)
   うさぎ(38)
   ハムスター(21)
   ハリネズミ(7)
   モルモット(5)
   チンチラ(2)
鳥類(109)
   インコ(15)
   梟/フクロウ(9)
   文鳥(3)
魚類/甲殻類/水生生物(75)
   海水魚/熱帯魚(33)
   淡水魚(23)
爬虫類(34)
   蛇/ヘビ(9)
   トカゲ(9)
   カメ(6)
両生類(13)
   カエル(7)
   ウーパールーパー(2)
虫/昆虫(16)
   カブトムシ/クワガタ(10)
   タランチュラ(1)
ペット/動物全般/コラム(55)
   ペットや動物と触れ合えるスポット(19)
   寄付/募金/殺処分(6)

タグ一覧

飼い方/飼育方法(729)
種類/品種(634)
繁殖/育成(569)
毛色/毛質(253)
性格/生態/特徴(582)
食事/餌/栄養(584)
病気/病院/治療(619)
しつけ(459)
トイレ(153)
選び方(501)
値段/価格(533)
ランキング/おすすめ(132)
口コミ/レビュー(163)
旅行/ホテル/レストラン(24)
寄付/募金/保護活動(14)
おもしろペット/珍ペット(95)
飼育知識/豆知識(827)
画像/動画(120)
まとめ(838)

人気記事ランキング