logo

Top > 中型哺乳類 > フェネック

フェネックの飼い方、値段、性格、大きさなど






「フェネック」 と聞いて、すぐにイメージができるあなたはかなりのエキゾッチクアニマル通。
一般的な知名度は低く、ペットとしての馴染みも薄いのが現状ですが、実は根強い人気を誇るスーパーアニマルなのです。

今までフェネックを知らなかった方も、この小動物に出会った途端、その愛らしさにすっかり虜になってしまうかもしれません。
本記事ではそんなフェネックの謎多き実体やペットとしての魅力、お値段や性格、飼う際の注意点などを解説します。

最後に、フェネックだけでなく、一般的なキツネの飼育方法についてもご紹介します。

フェネックを飼ってみよう

 

フェネック

 

フェネックを飼育するには、室内飼育が基本です。

フェネックは穴掘りを得意とし、数メートルもの穴を掘ることが珍しくありません。

屋外ですと、穴を掘って逃げ出す危険が高くなります。

 

 

フェネックの個体の購入

 

ペットショップで常時販売している動物ではありませんので、販売している店舗を探す作業から始まります。

ブリーダーさん経由で購入する場合も、予約販売をしているところが多いです。

 

慣れやすい個体は成獣よりも幼獣です。

実際に購入先に赴き、一番人間慣れしている個体を選んだ方が良いでしょう。

 

 


フェネックを飼うケージ

 

イヌ・ネコ用の ケージ を使用します。

大きさは、70 × 50 × 60cm程度か、それ以上のもの。

 

もしくは、ペットショップにあるガラス貼のショーケースをおすすめします。

ケージ の底は、足を痛める危険があるため、金網ではなく、ベニヤを敷いておきましょう。

ペットシーツ や新聞紙では、「穴掘り」の時、ボロボロにされてしまいます。

 

フェネックにおすすめのケージ

 

PAWZ Road ケージ サークル コンパクト 折り畳み 中型犬 大型犬 XL

 

前・背面鍵開閉型ショーケース

 

前・背面鍵開閉型ショーケースの製品情報

 

本体サイズ (幅×奥行×高さ) :65 × 50 × 55cm

本体重量 :13kg

素材:アルミパイプ、ステンレス、白色塩化ビニール板

備考:完全防水で丸洗いOK

参考価格:65,826円(税込)

 

 

フェネックの食事、餌

 

自然界では雑食性で、ネズミや鳥類ほか色々なものを食べます。

飼育環境下では ドッグフード を基本とし、タウリン補充のため キャットフード も混ぜて与えます。

毎日でなくて大丈夫ですが、おやつとして果物、生野菜なども与えるようにしましょう。

 

イヌの場合と同様にネギ科の野菜(ニラ、にんにくも含む)やチョコレート、菓子などは絶対に与えないでください。

自然界では植物から水分補給をしているようですが、給水ボトルも設置するようにしてください。

餌を与えるのは1日2回、朝と夕方だけで大丈夫です。

→  愛犬のための正しい餌の与え方と選び方&おすすめドッグフード15選!

 

 


フェネックの日常管理

 

運動

 

自然界では運動量の多い動物です。

ケージに中に入れたままにしておくとストレスが溜まってしまうので、時折ケージから出してあげてください。

 

前述の通り驚異のジャンプ力があるうえ、何でも齧り、さらに床などで「穴掘り」する危険もあります。

電気コードには保護具を設置し、タバコや誤飲しそうな小物は目の届かない場所に置くようにしてください。

 

そうとは言っても基本的に夜行性の動物のため、運動させるのは夕方以降が理想です。

外の散歩は リード を付ければ不可能ではありませんが、臆病な性質上難しいでしょう。

 

温度設定

 

自然界では砂漠に住んでいるため、暑さには比較的強いフェネック。

しかし、日本の夏場のような多湿を嫌いますので、エアコンで除湿調整が必要です。

逆に冬場の寒さには弱いです。

25-28℃位の温度に調整する必要があります。

 

予防接種

 

フェネックを診察してくれる病院で、イヌ用のワクチンやフィラリア予防薬を接種してもらうことをおすすめします。

しかし、フェネックがどんな病気にかかりやすく、どんな治療法があるか不明な点が多いのが現実です。

→  愛犬の健康を守るために、失敗しない犬の予防接種まとめ!費用は?種類は?時期は?

 

 

ペットとしてのキツネの仲間たちの現状

 

キツネの仲間は我が国を含め、地球上に広範囲に生息しています。

古来から人間とのかかわり合いも深く、時には神として崇められたり、また「ずるがしこい動物」として忌み嫌われてきました。

しかし、あくまでも野生動物としての扱いで、 オオカミ からイヌへ改良したような「家畜化」はされてきませんでした。

理由としては下記があげられます。

 

  • 臆病な性格で人間に慣れない。
  • 人間に対して同格の視線で見ているので、イヌのような主従関係にはならない。
  • 害獣としての意味合いが強く、家畜化するメリットがない。

 

また、上記のほかに 近年では現実的な問題として下記の理由があげられます。

 

  • 臭い(特に排泄物が強烈!)
  • 感染症媒介の危険性が高い

 

それでも、その愛くるしい見た目からキツネをペットとして飼ってみたいと思う人が少なくありません。

ペットとしての「キツネ」の現状はどんなものなのでしょうか。

 

 


ロシアの試み

 

ロシアでは、旧ソビエト時代から40年以上かけてキツネの家畜化計画を行ってきました。

結果として、人に慣れやすい性格のキツネを改良したとのことです。

尻尾を振ったり、容貌もイヌに極めて近くなるなどの変化がみられました。

ただ、未だ実用化には至ってない現状です。

 

 

ホッキョクキツネ

 

ホッキョクキツネ

 

北極圏のツンドラ地帯に生息しているキツネの仲間です。

体毛が真っ白なのが特徴で、寒さに強く、マイナス70℃の気温にも耐えられます。

逆に、暑さにはとても弱いので、飼育にあたっては空調管理が必要です。

 

飼育下ではドッグフード、鶏肉を好みます。

幼獣から飼育すると人にもよく懐く傾向が強いです。

残念ながら日本ではペットショップなどで取り扱っておらず、入手は極めて困難です。

 

 


ハイイロキツネ

 

ハイイロキツネ

 

北米~南米北部に生息しています。

体毛が灰色なのが特徴です。

餌としてドッグフードを与えることなど、育て方は他のキツネとほとんど同じと考えて良いでしょう。

この種もかつてはペットショップなどで販売されていましたが、現在の入手は困難です。

 

 

アカギツネ

 

アカギツネ

 

北半球の広い範囲で生息している最もポピュラーなキツネです。

我が国に住んでいるキツネの仲間は、アカギツネの亜種です。

それでは、国内で身近に住んでいるキツネなら、簡単にペットとして飼うことができるのでしょうか。

 

 


国内のキツネと飼育について

 

我が国には、2種類のキツネが生息しています。

 

  • キタキツネ:北海道に生息
  • ホンドキツネ:本州、九州、四国

 

すべてアカギツネの亜種で、赤茶色(キツネ色)の体毛を持っています。

 

キツネの像

 

まず、こうした野生のキツネを捕まえてきて、ペットして飼うことは可能かということですが、結論的には可能です。

詳細は各地方自治体によって異なりますが、ざっくり北海道以外の地域では

 

11月15日~2月15日

 

の期間であれば、指定された野生動物を狩猟できるのです。

狩猟した動物を飼育する制限はなく、キツネも対象動物。

しかも、人間に害を及ぼす「特定動物」の指定を受けていないので問題ありません。

むろん猟銃などを使っての狩りは許可がない限り禁止されていますが、素手で捕まえる分には問題ありません。

キツネに化かされることなく、生け捕りにできるかどうかは別の問題となりますが…。

 

問題は、北海道に住んでいるキタキツネ

往年の映画「キタキツネ物語」で人気になった動物で、ぜひ飼ってみたいと思う方も多いと思います。

しかし、野生のキタキツネはペット用に捕まえることは論外、むやみに近づいてはならない動物なのです。

「エキノコックス症」という極めて危険な感染症の媒介者として、キタキツネ本体ばかりでなく生息エリア一帯近づくことは危険です。

キタキツネの飲み水、食べたもの、糞、場合によっては体毛などあらゆるものが感染源です。

ペットにするどころか、正直、あまり野生では出会いたくない動物です。

 

※エキノコックス症

 

人畜共通感染症で、エキノコックスといわれる寄生虫の卵が、キタキツネなどの糞等を経由して水、食料から人間に経口感染します。

感染すると重篤な肝臓機能障害を冒し、最悪死に至ることもあります。

潜伏期間が最長で20年と長く、早期治療せず、放置した場合の5年生存率は30%程度です。

 

 

ご紹介したフェネックやキツネの仲間の基本データまとめ

 

フェネック

 

生息地:アフリカ大陸北部の砂漠地帯

体長:30~40cmほど

食べ物:

雑食性(小型哺乳類、鳥、果物等)
飼育下ではドッグフード

寿命:

野生下では10年ほど
飼育下では15年ほど

販売価格:

ショップ販売価格:オス 55~95万円/メス 80~120万円
ブリーダー価格:オス 60~80万円/メス 70~100万円

 

ホッキョクギツネ

 

生息地:北極圏全域

体長:46~68cmほど

食べ物:

レミングやホッキョクウサギなど、ほか死骸
飼育下ではドッグフード

寿命:

野生下では3~6年ほど
飼育下では最長15年ほど

販売価格:ペット用としての入手困難

 

ハイイロギツネ

 

生息地:北米~南米北部

体長:52~73cmほど

食べ物:

雑食性(小動物、昆虫、果物など)
飼育下ではドッグフード

寿命:

野生下で5~10年ほど
飼育下で最長12年ほど

販売価格:現在ではペット用の入手困難

 

アカギツネ

 

生息地:北半球一帯(日本含む)

体長:46~87センチ(亜種含む)ほど

食べ物:

雑食性(小動物、昆虫、果物など)
飼育下ではドッグフード

寿命:

野生下で10年ほど
飼育下で12~13年ほど

販売価格:ペット用として入手困難、日本国内での野生種の採取可能

 

キツネ

 

 

「世界一かわいいペット」とも称されることのあるフェネックの飼育難易度は、非常に高い言えます。

生活スタイルが夜行性ということや、鳴き声がうるさい、トイレの躾ができないと困難を極めると思います。

 

しかし、飼育下でうまく育てれば、10年以上は生きる比較敵長寿な動物です。

この動物の習性を理解し、過剰な期待をせずに愛情をもって接すれば、よきパートナーとして長い付き合いができるでしょう。


フォローして最新のペット・動物関連記事をチェック!



検索

カテゴリ一覧

大型哺乳類(16)
   カピバラ(2)
   ブタ(3)
中型哺乳類(420)
   猫/ネコ(169)
   犬/イヌ(213)
小型哺乳類/小動物(71)
   うさぎ(30)
   ハムスター(21)
鳥類(95)
   陸地に棲む鳥(82)
   水辺に棲む鳥(9)
魚類/甲殻類/水生生物(64)
   海水魚/熱帯魚(23)
   淡水魚(22)
爬虫類(30)
   蛇/ヘビ(7)
   トカゲ(9)
両生類(13)
   ウーパールーパー(2)
   カエル(7)
虫/昆虫(12)
   カブトムシ/クワガタ(7)
   タランチュラ(1)
ペット/動物全般/コラム(49)
   ペットや動物と触れ合えるスポット(16)
   寄付/募金/殺処分(6)

タグ一覧

飼い方/飼育方法(658)
種類/品種(584)
繁殖/育成(520)
毛色/毛質(241)
性格/生態/特徴(517)
食事/餌/栄養(531)
病気/病院/治療(579)
しつけ(433)
トイレ(148)
選び方(484)
値段/価格(492)
ランキング/おすすめ(120)
口コミ/レビュー(154)
旅行/ホテル/レストラン(24)
寄付/募金/保護活動(13)
おもしろペット(83)
飼育知識/豆知識(747)
画像/動画(120)
まとめ(759)

人気記事ランキング