logo

Top > 中型哺乳類 > フェネック

フェネックの飼い方、値段、性格、大きさなど






「フェネック」 と聞いて、すぐにイメージができるあなたはかなりのエキゾッチクアニマル通。
一般的な知名度は低く、ペットとしての馴染みも薄いのが現状ですが、実は根強い人気を誇るスーパーアニマルなのです。

今までフェネックを知らなかった方も、この小動物に出会った途端、その愛らしさにすっかり虜になってしまうかもしれません。
本記事ではそんなフェネックの謎多き実体やペットとしての魅力、お値段や性格、飼う際の注意点などを解説します。

最後に、フェネックだけでなく、一般的なキツネの飼育方法についてもご紹介します。

【目次】フェネックの飼い方、値段、性格、大きさなど

 

1ページ目 :

 

フェネックの特徴や生態

フェネックとは

フェネックの生息域

フェネックの習性、生活スタイル

フェネックの食事、餌

フェネックの性格

フェネックの寿命

フェネックの身体の大きさ

フェネックの体毛

フェネックの驚異的な運動神経

フェネックの現状

フェネックにまつわるトリビア

フェネックを飼う際の注意点

フェネックは夜行性

フェネックは臭い

フェネックは人に慣れない

フェネックの購入金額

フェネックは診察してくれる病院が少ない

 

2ページ目 :

 

フェネックを飼ってみよう

フェネックの個体の購入

フェネックを飼うケージ

フェネックの食事、餌

フェネックの日常管理

運動

温度設定

予防接種

ペットとしてのキツネの仲間たちの現状

ロシアの試み

ホッキョクキツネ

ハイイロキツネ

アカギツネ

国内のキツネと飼育について

ご紹介したフェネックやキツネの仲間の基本データまとめ

 

 

フェネックの特徴や生態

 

まずはフェネックの生物学的な分類や生息域、生活スタイルなどを確認していきましょう。

 

フェネック

 

フェネックとは

 

フェネックは哺乳綱ネコ目(食肉目)イヌ科キツネ属に所属する動物です。

キツネ の仲間では、イヌ科の中でも最小サイズの動物です。

最大の特徴はなんといっても、その大きな耳と言えます。

 

フェネックの生息域

 

フェネックのふるさとは北アフリカの砂漠地帯、サハラ砂漠とそれに続くサヘルという植物もまばらなステップ地帯。

砂漠は灼熱の暑い場所というイメージが強いと思いますが、朝晩は非常に冷え込み、寒暖の差が激しいところです。

 

フェネックは、その砂漠地帯に数メートルの深い巣穴を掘って暮らしています。

そのため、フェネックの身体は、砂漠で生活するに適した構造になっているのです。

通常は10匹程度の小さな群れで生活しています。

 

フェネックの習性、生活スタイル

 

フェネックは夜行性の動物です。

フェネックに限らず、砂漠で生活する生き物の多くが夜行性なのも、灼熱の日中は生活するには過酷すぎるため。

また、餌となる動物もほとんどが夜行性なので、夜の方が食事にありつきやすいというメリットがあります。

そうとは言っても紫外線を浴びることは必要で、午前中の早い時間に日光浴をする習慣があります。

 

フェネックの食事、餌

 

野生下のフェネックは雑食性で、 ネズミ  をはじめ小さな哺乳類、 や卵、 爬虫類 、昆虫の他、果物や植物の茎、根などを食べます。

砂漠という過酷な環境では、好き嫌いを言ってられないのかもしれません。

 

なお、水分補給も食する植物から摂取しており、渇きには耐性があります。

生活域に川などほとんどなく、雨も滅多に降らない環境には見事に適していると言えるでしょう。

 

フェネックの性格

 

警戒心が強く、臆病です。

食物連鎖の下位に位置付けられているため、常に天敵の様子を伺っていなければなりません。

鋭い牙や爪も持っていないため、天敵に襲われても戦う手段を持ちません。

 

フェネックの寿命

 

野生下:10年ほど

飼育下:15年ほど

 

とされています。

野生下では、天敵の餌食となり、天寿を全うできないケースが多いです。

天敵として、猛禽類(ワシミミズクなど)、ハイエナ、ジャッカルなどがあげられます。

 

 


フェネックの身体の大きさ

 

フェネック

 

体長:30~40cmほど

体重:1~2kgほど

 

以上が平均的なフェネックの成獣の大きさです。

チワワ のような 小型犬 と同じか、それよりも小型の動物と言えるでしょう。

そして最大の特徴である耳の大きさは、なんと8.5~15cmほどです。

 

この不格好なまでに大きな耳は、下記のような機能を持っています。

 

  • 砂漠の熱風から身体を守るため、放熱に役立っている。
  • 砂漠という不毛地帯で獲物を探すために、獲物のわずかな動きも見逃さないために役立っている。

 

 

フェネックの体毛

 

フェネックは柔らかい体毛で厚く覆われています。

これは寒暖差の激しい砂漠で生活するのに適しています。

毛色は砂色で、砂漠で生活する際の保護色として自らを守るためのものです。

 

足の裏にも体毛が密集していますが、これも砂漠で歩行するのに適しています。

獲物に足音を立てずに近づいたり、足音が原因で天敵に狙われないようするためです。

また、灼熱の地面から足を保護するのにも役立っています。

 

 


フェネックの驚異的な運動神経

 

垂直方向:60~70cm

水平方向:120cm

 

小さな体ですが、こんなにも跳躍できる強靭な足腰を持っています。

 

 

フェネックの現状

 

眠っているフェネック

 

もともと生息数が少ないうえに、諸事情が加わり、原産地では急速に数を減らしています。

理由としては下記があげられます。

 

  • ペットとしての需要が高まり、乱獲されている。
  • 生息域への人間の居住空間の進出が始まった。
  • 天敵に襲われやすく、身を守る手段がない。
  • 生息地でのフェネックの毛皮の需要があり、乱獲された。

 

しかし、絶滅を危惧するほどには深刻な状況ではないようです。

当種のペットとしての飼育を禁止している国もありますが、日本においては今のところ規制はありません。

 

ただ、ワシントン条約(絶滅のおそれのある野生動植物の国際取引に関する条約)の規制対象になっています。

同条約の付属書Ⅲ(商取引の制限を対象としたもの)の対象生物であり、輸入するには、輸出国の輸出許可書あるいは原産地証明が必要です。

 

フェネックにまつわるトリビア

 

  • ドイツ陸軍は、自国の偵察用装甲車「フェネック」をアフガニスタン駐留の治安部隊に派遣している。
  • フランスの作家であるサン=テグジュペリは、サハラ砂漠に不時着した際にフェネックに会ったと記録しており、代表作「星の王子さま」にも自筆の挿絵を描いている。
  • 生息地のひとつであるアルジェリアのサッカー代表のニックネームになっている。
  • ウェブブラウザ運営会社・Mozillaのモバイル版「Firefox」のコードネームとして用いられている。
  • ディズニー映画「ズートピア」にも"フィニック"というフェネックがモデルのキャラクターが登場している。
  • 韓国のStore&Storage社がデザインから制作まで手掛ける財布のオリジナルブランド名になっている。

 

 


フェネックを飼う際の注意点

 

フェネック

 

フェネックのペットとしての性質は、よく を足して、2で割ったようなものだと言われます。

機嫌がよい時には、尻尾を振って飼い主に近寄ってきたと思ったら、ネコのように自由気ままな振る舞いを見せる…。

何よりも、その愛くるしいルックスと仕草は、飼い主の心をぎゅっと掴んで放しません。

 

しかし、フェネックをペットとして考えた場合、様々な問題点が発生します。

イヌやネコをペットとして飼い始めるのとは全く違うものだとの認識を持たなくてはなりません。

 

フェネックの特性や、実際に飼った時に直面するだろう問題点を熟知し、それがすべて愛嬌で済ませたり、解決できるか。

フェネックを飼うための大前提は、まさにそこにあると思います。

実際に飼い始めて「こんなはずじゃなかった!」と後悔する前に、いくつかのデメリットをあげておきます。

 

 

フェネックは夜行性

 

先述の通りフェネックは夜行性です。

基本的に昼間は寝ていて、夜になると活発に活動を始めます。

自然界では巣穴を掘る習性があるため、ケージの中での砂堀動作を繰り返します。

 

そして、甲高い声で鳴きます。

家族および、場合によっては近所迷惑になるおそれがあることを承知しなければなりません。

集合住宅での飼育は難しいでしょう。

 

余談ながら、同じアフリカの砂漠出身で、似たような習性をもつミーアキャットは昼行性です。

→  動物園の人気パフォーマー!ミーアキャットってペットとして飼えるの?

 

 


フェネックは臭い

 

基本的にフェネックはトイレの躾はできないものと考えた方が良いでしょう。

便意や尿意を催したら、場所を選ばずに排泄します。

 

その便の臭いは非常に刺激臭が強く 、耐え難いものです。

特に夏場は大変で、飼育空間に悪臭が漂うことになりかねません。

飼い主は、日々排泄物の処理に振り回されることになります。

 

 

フェネックは人に慣れない

 

フェネックの性格は臆病で警戒心が強いです。

生後半年~長くても1年位の間に人間との触れ合いがあれば多少は懐くかもしれませんが、成獣だと難しいです。

仮に懐いたとしても、イヌやネコと同じようにはならないことが多いでしょう。

個体によっても非常に差があり、慣れない個体は幼獣から飼育しても、人の気配を感じたら警戒して逃げ回るものもいます。

 

また、フェネックの牙は 小動物 とはいえ、鋭いものを持っています。

慣れたつもりで接しても、何かの拍子に飼い主に噛みついてこないとも限りません。

現在飼育している飼い主の方も、慣らすまでの間に何度か噛まれている方が多いことでしょう。

本気で噛まれた場合、大けがする可能性があります。

 

 


フェネックの購入金額

 

フェネックを飼育するにあたっておそらく最大のネックは、この金額の高さにあるでしょう。

フェネックを入手するには、エキゾチックアニマルを取り扱うペットショップか、ブリーダーの方から購入するかどちらかの方法があげられます。

里親募集が稀に出ることがありますが、基本的には有償で、ブリーダー購入と同じ位の金額がかかるようです。

 

具体的には

 

ペットショップ購入の場合

 

オス:55~95万円ほど

メス:80~120万円ほど

 

ブリーダー(里親募集を含む)購入の場合

 

オス:60~80万円ほど

メス:70~100万円ほど

 

メス購入の方が高く、幼獣を購入する場合も基本的に同等の金額になります。

まさに中古車なら買える位の金額になります。

 

高額な理由としては、前述のように原産地である北アフリカでは個体数が減少し、「ワシントン条約」取引対象動物であること。

輸入するには、非常に煩雑な事務手続きが必要なのです。

 

国内繁殖の個体が中心になりつつありますが、繁殖が容易な動物ではありません。

全ての諸経費が上乗せされ、高額になってしまうのです。

 

 

フェネックは診察してくれる病院が少ない

 

人間もそうですが、動物も生きていく以上、時には体調を崩すことがあります。

貴方のフェネックが体調を崩し、最寄りの動物病院に駆け込んでも、おそらく診察を拒否させることが多いと思います。

 

理由としては下記があげられます。

 

  • 診察の前例がなく、症状からどんな病気かわからなかったり、適切な処置ができない。
  • 病院側でも、高額ペットであるとの予備知識があり、責任を持てない。

 

対策として、購入先からフェネックを扱う病院をいくつか紹介してもらうのがベストです。

しかし、その病院が自宅から遠距離にあったり、高額な治療費がかかるデメリットがあることもあるので、それは覚悟しておいてください。

 

フェネック

 

うるさい!臭い!慣れない!お金がかかる!

 

ペットとしては、条件が良くない動物かもしれませんが、この困難を乗り越える自信がありますでしょうか。

それでも、実際に飼っている人の話では、フェネックを飼うことの楽しさに比べれば、こんな事は大した苦痛じゃないとのこと。

 

なかには、フェネック飼育用に自宅をリフォームしたり、複数飼育している方もいらっしゃいます。

フェネックはこれほどまでに人々を魅了する動物なんですね。


フォローして最新のペット・動物関連記事をチェック!



検索

カテゴリ一覧

大型哺乳類(18)
   カピバラ(2)
   ブタ(3)
中型哺乳類(426)
   猫/ネコ(171)
   犬/イヌ(217)
   モモンガ(2)
   フェネック(1)
小型哺乳類/小動物(74)
   うさぎ(31)
   ハムスター(21)
   ハリネズミ(7)
   モルモット(3)
   チンチラ(2)
鳥類(96)
   陸地に棲む鳥(83)
   水辺に棲む鳥(9)
魚類/甲殻類/水生生物(64)
   海水魚/熱帯魚(23)
   淡水魚(22)
爬虫類(30)
   蛇/ヘビ(7)
   トカゲ(9)
   カメ(5)
両生類(13)
   カエル(7)
   ウーパールーパー(2)
虫/昆虫(12)
   カブトムシ/クワガタ(7)
   タランチュラ(1)
ペット/動物全般/コラム(50)
   ペットや動物と触れ合えるスポット(16)
   寄付/募金/殺処分(6)

タグ一覧

飼い方/飼育方法(669)
種類/品種(589)
繁殖/育成(530)
毛色/毛質(243)
性格/生態/特徴(525)
食事/餌/栄養(539)
病気/病院/治療(587)
しつけ(439)
トイレ(149)
選び方(488)
値段/価格(498)
ランキング/おすすめ(122)
口コミ/レビュー(157)
旅行/ホテル/レストラン(24)
寄付/募金/保護活動(13)
おもしろペット(86)
飼育知識/豆知識(760)
画像/動画(120)
まとめ(772)

人気記事ランキング