logo

Top > 中型哺乳類 > 犬/イヌ > 犬の飼い方/豆知識

犬が吐くのはどうして?犬の嘔吐の原因と対処法






愛犬が吐いたり嘔吐していると心配になってしまいますね。

しかし、犬は人間に比べると吐きやすい動物ですので、犬と暮らしていれば嘔吐の場面には何度出くわします。
犬の嘔吐にはすぐに病院に連れて行くべきものと、様子を見ても大丈夫なものがあります。

もちろん動物病院に連れていくのが一番ではありますが、毎回直ぐに行くのは難しいですし、深夜や早朝だと営業している動物病院はほとんどありません。

参考までにも、犬が吐くことに関してある程度の知識を持っておくと安心です。
本記事では犬が吐く原因と対処法をご紹介します。

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、臨時休業あるいは営業時間の変更等の措置を取っている店舗・施設がございます。


お出かけ前に、店舗・施設の公式HPやSNS等で最新情報のご確認をお願い致します。


【目次】犬が吐くのはどうして?犬の嘔吐の原因と対処法

 

犬の嘔吐には種類がある

ある程度消化されたものを吐く「嘔吐」

胃に入る前に吐く「吐出(としゅつ)」

飲み込めない「嚥下困難(えんげこんなん)」

犬が吐く原因

<様子を見てもいい犬の嘔吐>

<病院に行くべき犬の嘔吐>

犬が吐いたときの対処法

吐いた後に元気なら様子を見る

犬が吐いたときの獣医師の受診の仕方

いつ病院に行くべきか

病院を受診するときに用意するといいもの

さいごに

 


犬の嘔吐には種類がある

 

犬 吐く 茶色 黄色 透明 白い泡 原因

 

飼い主としては が食べたものを口から吐き出す行為を「嘔吐」として捉えますが、実はその吐く行為にも3つの種類があります。

 

ある程度消化されたものを吐く「嘔吐」

 

食べ物が一旦、胃や小腸に達して、ある程度消化されたものなどを吐くことを「嘔吐」と言います。

犬が嘔吐するときは、舌なめずりをしたり、口をくちゃくちゃしたり、苦しそうに落ち着きがなくうろうろしたりする状態が見られ、お腹を膨らませたり引っ込ませたりするえづく様子も見られます。

 

その後、顔を下にして消化しかかったものを吐き出します。

このとき、吐いたものは再び口にしません。

 

吐き出されるものは消化途中のものや、胃液や十二指腸液であることが多いです。

嘔吐するときに心配される病気は、胃腸の不調や肝臓や腎臓などの内臓の疾患が考えられます。

 

胃に入る前に吐く「吐出(としゅつ)」

 

犬 吐く 茶色 黄色 透明 白い泡 原因

 

未消化のものを吐くことを吐出といいます。

嘔吐が顔を下に向けて吐くのに比べて、吐出するときの頭の位置は高く、まるで噴水のように前方に向かって飛ばすように吐きます。

 

えづくなどの前兆はあまりなく、いきなり口から食べ物が飛び出してくるといった感じで、食べ物は未消化なため、もう一度食べてしまうこともあります。

吐出のときは、のどや食道のトラブルも考えられるでしょう。

 

飲み込めない「嚥下困難(えんげこんなん)」

 

食べ物を飲み込めずに吐き出してしまうことを嚥下困難といいます。

 

一旦口にしたものを飲み込めないだけでなく、そもそも食べ物を口にくわえることができないといった症状も見られます。

口の中やのど、食道に問題がある場合に見られる症状です。

 

犬が吐く原因

 

犬が吐く原因には様々なものがあり、あまり心配しなくてもいい場合と早急に獣医師を受診しなければならないときがあります。

 

<様子を見てもいい犬の嘔吐>

 

犬の嘔吐の中にはあまり慌てず、少し様子を見ても良いケースもあります。

早速そのポイントを見ていきましょう。

 

早食い・食べ過ぎが原因で吐く

 

犬 吐く 茶色 黄色 透明 白い泡 原因

 

犬は早食いをしやすい動物ですが、早食いが過ぎると消化器官が対処できず、吐き出してしまうことがあります。

早食いをすると食べすぎる傾向にもあり、食べ過ぎたことによっても嘔吐します。

 

ストレスで吐く

 

犬は不安な状態になったり緊張したりしたときも嘔吐することがあります。

これは人間でも緊張のあまりご飯が食べられないとか胃がムカムカするなど、同じような症状が出ることがありますね。

犬は人間よりも吐きやすいので、食べないだけでなく、吐いてしまうこともあります。

 

草を食べて吐く

 

犬 吐く 茶色 黄色 透明 白い泡 原因

 

草を食べるのを好むワンちゃんがいますね。

そして、草を食べたしばらく後に嘔吐することがあります。

 

なぜ犬が草を食べて嘔吐するのかはよく分かっていません。

吐いた後は問題がないことが多いですが、農薬などがかかっている場合もありますし、毒性のある植物を口にすると大変ですので、散歩中は草を食べさせないようにした方が良いでしょう。

 

吐いたものが黄色・白い泡

 

最後の食事をしてから長い時間が経過したときなどに、黄色い液体や白い泡を吐くことがあります。

筆者の愛犬の1匹もときどき黄色い液体を吐くことがあります。

 

たいてい朝や夜など前回の食事から時間が経過した、空腹と思われる時間帯に吐くことが多いですが、吐いた後はけろりとしています。

筆者の愛犬は逆流性胃炎と診断されており、黄色い液体や白い泡を吐くときは、多くの場合この病気が疑われるでしょう。

 

病気といっても筆者の愛犬は薬の服用などはなく、空腹が原因と考えられるので、対処法としては空腹になる時間が長くならないように食事を数回に分けています。

 

ただ、自己診断は難しいですので、逆流性胃炎が疑われる場合でも一度は診断を受けることをおすすめします。

症状が悪化するような場合は早急に獣医師に相談しましょう。

 

乗り物酔いで吐く

 

犬 吐く 茶色 黄色 透明 白い泡 原因

 

乗り物が苦手なワンちゃんは、乗り物酔いで嘔吐してしまうことがあります。

もし乗り物酔いが原因のときは、多くの場合は乗り物から降ろして休ませれば回復します。

 

<病院に行くべき犬の嘔吐>

 

一方で、すぐさま動物病院へ連れて行くべきケースもあります。

下記に要注意ポイントをまとめましたので、該当の症状がある場合は近くの病院を受診しましょう。

 

茶色の液体を吐く

 

犬が吐いた液体が茶色のときは、血が混じって茶色に見えている場合があります。

このときは内臓に何らかの疾患があることが考えられるので、病院へ行きましょう。

 

嘔吐と下痢・発熱

 

犬 吐く 茶色 黄色 透明 白い泡 原因

 

嘔吐と下痢の症状がみられるときは、感染症にかかっている可能性があります。

非常に致死率が高い病気であることも考えられるので、早急に病院へ行ってください。

 

また、このような症状を引き起こすウィルスの感染症はワクチンでしか防げない場合もあるので、任意のワクチンを接種するようにしましょう。

 

血を吐く

 

明らかに血と分かる赤いものを吐いたときは、胃潰瘍や腫瘍などが疑われますので、獣医師の診察を受けましょう。

 

繰り返し吐く

 

何度も繰り返して吐くようであれば病気や中毒が疑われます。

 

吐いた後に元気がない

 

犬 吐く 茶色 黄色 透明 白い泡 原因

 

吐くだけでなく元気や食欲がない、苦しそうに背中を丸めてうずくまっているなどの症状が見られたら、犬が苦痛を感じている証拠ですので、放置せずに病院へ行ってください。

 

吐いたものがウンチの匂いがする

 

嘔吐したものからウンチの匂いがするときは、腸閉塞の可能性があるので早急に受診しましょう。

 

食後の運動で嘔吐

 

食後の運動はそもそも避けるべきことです。

胃捻転を発症する危険もありますので、散歩は食前に行くようにしてください。

もし胃捻転を発症して吐いてしまった場合は命に関わります。

 

 


犬が吐いたときの対処法

 

犬 吐く 茶色 黄色 透明 白い泡 原因

 

吐いた後に元気なら様子を見る

 

吐いた後に元気な様子であれば、生理現象や一時的な吐き気である場合が多いので、その後の様子を見ても大丈夫でしょう。

 

消化器官を休ませるために、吐いた後に元気そうであってもしばらくは食べ物を与えず様子を見て、落ち着いた頃を見計らって消化のいいものをあげてみてください。

ただし、老犬や子犬、持病がある犬は吐くことによって脱水症状などの症状を引き起こす場合もありますので、愛犬の状態によっては獣医師に相談することをおすすめします。

 

 

犬が吐いたときの獣医師の受診の仕方

 

実際に愛犬が嘔吐した時には、焦りや心配が前に出てしまい、冷戦な判断ができなくなることも。

あらかじめ流れを把握しておくと、いざと言うときに役立ちます。

 

いつ病院に行くべきか

 

犬 吐く 黄色 白い泡 ストレス 原因

 

愛犬が嘔吐してしまったときに、どのタイミングで病院に行くべきなのでしょうか。

吐血などの症状の場合は、もちろんすぐに受診することが必要です。

 

その他、吐いた理由が分かっており、あまり心配がない嘔吐に該当するときはしばらく様子を見ましょう。

問題がないときは、その後は何事もなかったかのようにケロッとしています。

 

しかし、思い当たる原因があったとしても、吐くものがないのに何回も吐きたそうにする、元気がない、ふらつくなど、様子がおかしいときは病院へ行ってください。

犬には危険な食べ物や草を口にしてしまった中毒なども考えられますし、胃腸炎などが原因だった場合、放置すると症状がひどくなります。

 

病院を受診するときに用意するといいもの

 

犬

 

吐いたときの状況を獣医師に説明するとともに、吐いたものの写真を持っていくといいです。

血を吐いたり、茶色だったりにおいが異常なものは、実物を持って行ったほうがいいでしょう。

 

何度も繰り返す場合は、その様子の動画を撮るのも有効です。

今はスマートフォンなどで簡単に愛犬の様子を撮影できますから、受診の際に活用すると正確な診断につながります。

 

犬が吐いたときは、考えられる吐いた原因、吐いた回数や頻度、どんなものを吐いたか、吐いた後の犬の様子などを観察し、獣医師に伝えましょう。

 

吐くという行為のほかに、咳が出る、よだれが多い、嘔吐までいかなくてもえづくことがあるなど、普段の様子で気にかかることがあれば、それも嘔吐や嚥下困難につながっている場合もありますので、合わせて伝えるようにしてください。

 

 


さいごに

 

 

犬は人間に比べると吐きやすい動物ではあるので、様子を見ても大丈夫な場合もありますが、判断するには犬の様子と嘔吐したものをよく観察する必要がありますね。

少しでも心配な症状があるときはすぐに獣医師を受診しましょう。

 

▼関連記事

 

・  犬の飼い方、費用、エサ、トイレ、しつけ、病気、老後のお世話まで

・  子犬の飼い方マニュアル。子犬のしつけや育て方、食事やシャンプーの注意点


フォローして最新のペット・動物関連記事をチェック!



検索

カテゴリ一覧

大型哺乳類(23)
   カピバラ(2)
   ブタ(3)
中型哺乳類(544)
   猫/ネコ(213)
   犬/イヌ(286)
   霊長類/類人猿/サル(12)
   モモンガ(3)
   フェネック(1)
小型哺乳類/小動物(100)
   うさぎ(44)
   ハムスター(23)
   ハリネズミ(7)
   モルモット(8)
   チンチラ(2)
鳥類(120)
   インコ(21)
   梟/フクロウ(10)
   文鳥(3)
魚類/甲殻類/水生生物(76)
   海水魚/熱帯魚(32)
   淡水魚(23)
爬虫類(41)
   蛇/ヘビ(9)
   トカゲ(10)
   カメ(10)
両生類(13)
   カエル(7)
   ウーパールーパー(2)
虫/昆虫(17)
   カブトムシ/クワガタ(10)
   タランチュラ(1)
ペット/動物全般/コラム(64)
   ペットや動物と触れ合えるスポット(24)
   寄付/募金/殺処分(6)

タグ一覧

飼い方/飼育方法(841)
種類/品種(716)
繁殖/育成(594)
毛色/毛質(299)
性格/生態/特徴(662)
食事/餌/栄養(656)
病気/病院/治療(672)
しつけ(464)
トイレ(154)
選び方(509)
値段/価格(583)
ランキング/おすすめ(142)
口コミ/レビュー(164)
旅行/ホテル/レストラン(24)
寄付/募金/保護活動(14)
おもしろペット/珍ペット(99)
飼育知識/豆知識(957)
画像/動画(127)
まとめ(858)

人気記事ランキング