logo

Top > 中型哺乳類 > 犬/イヌ > 犬の飼い方/豆知識

犬を飼う前に知っておきたい!犬アレルギーの特徴・症状・対策方法を解説






犬の飼育を検討していたり、実際に飼っていると度々耳にする「犬アレルギー」という言葉。
犬の被毛等が原因で、アレルギー症状がでることを犬アレルギーと言いますが、実際に症状が発症してしまうと大変です。

今後の愛犬との生活に支障をきたしたりまた、生活環境を変更したりと、負担がかかってしまうことがあります。

実際に犬アレルギーとはどのようなことが原因で起こるものなのでしょうか?
犬のアレルギーについて特徴・症状・対策方法などをご紹介いたします。

【目次】犬を飼う前に知りたい!犬アレルギーの特徴・症状・対策方法を解説

 

犬アレルギーになったら?:はじめに

犬アレルギーになったら?:主な症状

①犬アレルギーで見られる症状

②呼吸困難や皮膚炎に陥ることも

犬アレルギーになったら?:アレルギーの対策方法

①清潔な環境は必須

②直接の接触を避ける

③家族が発症した場合は接触を避ける

④飼わないという選択も

犬アレルギーになったら?:アレルギーの検査

①血液検査

②接触テスト

犬アレルギーになったら?:まとめ

 

犬アレルギーになったら?:はじめに

 

アレルギー はじめに

 

アレルギーとは体内に存在する免疫反応が、アレルゲンと呼ばれる特定物質に過剰反応して起こる症状を指します。

様々な原因があるアレルギーですが、その中でも「犬アレルギー」とは の被毛や唾液が原因で起こるアレルギーを呼びます。

 

動物アレルギーの中でも代表的な犬アレルギーですが、現在、犬の体内で生成されるアレルゲンは7種類が確認されています。

特に、犬の体内で作られているCanf1という物質が有名です。

 

犬アレルギーは、主に犬の被毛や唾液・フケの中に含まれている物質で、吸ったり触れたりすることにより発症します。

実際に犬アレルギーの症状がでてしまった場合は、どのような問題があるのでしょうか?

 

早速次項目より犬アレルギーの特徴等、紹介させていただきます。

犬アレルギーに対する対策等も併せて見ていきましょう。

 

 


犬アレルギーになったら?:主な症状

 

犬アレルギーにかかるとどのような症状がみられるのでしょうか?

特に多い症状についてご紹介いたします。

 

①犬アレルギーで見られる症状

 

犬アレルギーになった場合の症状としては、風邪と似た症状がでることがあります。

具体的な例としては、咳や鼻水、鼻炎のような症状や目のかゆみ、目の充血等が多くあげられます。

 

重症化すると呼吸困難や皮膚に湿疹がでたり、酷いかゆみや発熱を伴うこともあります。

これらの症状には個人差がありますので、同じ物質が原因でも軽症の方もいれば重症化する場合もあります。

 

しかし、花粉症や他のアレルギーでも見られる症状であり、原因の特定には慎重になる必要があります。

犬が原因のアレルギーと分かった場合は、すでに飼っている方にとっては今後の愛犬との接し方は大きな課題となります。

 

これらのアレルギー症状は、アレルギーの原因となる対象と接しないことで抑制することが可能です。

アレルギーの症状がみられた場合には、早めに医療機関を受診してアレルギーの原因を調べることが望ましいです。

 

犬が原因とはっきりと分かった場合には、すでに飼っている方は全く犬と接しないというのも難しい話です。

なるべく、症状が出ないように愛犬との生活を見直して、工夫や対策を講じる必要があります。

 

②呼吸困難や皮膚炎に陥ることも

 

犬アレルギーの症状は個人差が大きいですが、症状が強くでると命の危険を伴うこともあり、早期発見が重要です。

症状が進行すると、下痢や嘔吐、吐き気やめまいを伴うこともあり、特に呼吸困難は危険な症状の一つです。

 

犬が原因のアレルギー物質を吸うことで、呼吸器官が腫れてしまい呼吸がうまくできずに呼吸困難を引き起こすことがあります。

放置することにより重症化しやすくなり、完治するものではないので、なるべく早く病院に行きましょう。

もともと、喉や気管に疾患を持っている方や、喘息の人は症状を悪化させる可能性があるので特に注意が必要です。

 

さらには、特につらい症状としてあげられるのが皮膚炎です。

犬と人の皮膚が接触することにより、免疫が過剰に反応してしまい、触れた部分や場合よっては全身に発疹がでます。

特徴としては、短時間で発疹が広がり強いかゆみを伴います。

 

アレルギー対象の犬から、離れれば発疹は落ち着くことが多いですが、掻きむしってしまうと傷になります。

その傷口から菌が侵入して感染することにより、二次感染を引き起こして症状が長引くことになるのです。

 

皮膚炎は再発や重症化しやすく、また傷の具合によっては残ってしまうこともあります。

長期の治療は身体や経済的な負担にもなりますので、早急に対策したいものです。

 

 

犬アレルギーになったら?:アレルギーの対策方法

 

アレルギー 症状

 

つらい症状を伴う犬アレルギーですが、なるべくならないように対策することは有効です。

また、犬を飼いたい方にとっても犬アレルギーの有無は重要な選択ポイントでしょう。

では、犬アレルギーになるべくならないためには、どのような対策があるのでしょうか?

 

①清潔な環境は必須

 

まず、アレルギーを完全に予防することや治療する方法は現在確立されていません。

発症してしまった場合には、その症状によって内服薬や外用薬を使用することにより、症状を緩和させることになります。

 

犬アレルギーの完治は難しいものになりますが、症状を緩和させる方法は存在します。

第一に犬アレルギーをある程度抑ええるためには、清潔な環境は必要不可欠です。

 

こまめな掃除や換気はアレルゲン物質を減らすことになり症状の緩和に有効です。

定期的な シャンプー によって、犬自身を清潔に保つことができれば原因であるフケなども減少できるので良いでしょう。

犬の被毛によりアレルギーに反応がでる場合には、犬の毛を短く刈って飛び散らないようにすることも良い方法です。

居住空間にアレルゲンをため込まないことが重要です。

 

②直接の接触を避ける

 

犬アレルギーを発症した方にとっては、直接犬とふれあうことは症状を重症化することにつながります。

直接犬と触れ合わないように、マスクや手袋をしたうえで間接的に接触することにより、症状を軽減できます。

 

愛犬をこまめに トリミング に出して、他人に手入れしてもらうことにより接触の機会を極力減らせるでしょう。

空気清浄機の使用も効果的です。

ペットの消臭・除菌に強いタイプの空気清浄機を使用することにより、短時間なら愛犬と接することができる場合もあります。

 

しかし、間接的な飼育は異常に気付きにくく、コミュニケーション不足になる場合もありますので注意したいものです。

他の家族に飼育を手助けしてもらい、愛犬の様子を細かく報告してもらうのが良いでしょう。

 

③家族が発症した場合は接触を避ける

 

家族の中で犬アレルギーを発症した人が出た場合には、その家族と犬の居住スペースを分けることにより改善されます。

アレルギーの原因である犬との接触を少なくすることにより、お互いにストレスなく生活をおくることが可能です。

さらに屋外飼育の犬でしたら、接触を必要最低限にすることにより共同生活が可能です。

少し寂しい気もしますが、家族の一員である犬の世話は、他の症状がでていない家族がすることにより解決できるでしょう。

 

症状によっては、犬を里親に出すなどの「手放す」というつらい選択を迫られることもあります。

このような場合に重要なのは、本当に犬が原因でアレルギーが起こっているのかはっきりさせることです。

どうしても犬アレルギーの症状が、深刻化する場合にはつらい選択を迫られることになります。

 

そのようなことになった場合の預け先や里親の募集に関して事前に家族で話し合い、はっきりとさせておくことが重要です。

飼育するということは責任を伴いますので、飼育する前に明確にしておくことが大切ですね。

 

④飼わないという選択も

 

上記のように犬アレルギーが重症化した場合、愛犬との生活がいきなり崩壊してしまう可能性があります。

犬を飼育するということは、10数年生涯を共にするということです。

 

犬に限らず、生き物の飼育にはそれなりの責任と覚悟が必要であり、簡単に放棄することはできません。

どのような理由があれ、不当に遺棄すれば処罰の対象にもなります。

 

犬を飼いたいと飼育を検討している人の中に犬アレルギーになる可能性の人がいる場合には、事前にはっきりさせておくことが大切です。

さらには喘息などの疾患があり、将来的に犬アレルギーを発症する可能性がある場合には、長期飼育の計画をたてます。

そして場合によっては、犬を飼わないという選択が必要になってきます。

 

犬アレルギーが原因で犬を手放すことになれば、犬にとっても飼い主にとってもつらい選択に他なりません。

将来的に不幸な犬を生み出さないためにも、熟考した上で犬を迎えたいものですね。

 

 


犬アレルギーになったら?:アレルギーの検査

 

犬を飼う前に、自分が犬アレルギーかどうかをはっきり検査しておくことはとても重要です。

アレルギー検査をうけることで選択の幅も広がります。

主なアレルギー検査をご紹介いたします。

 

①血液検査

 

主な医療機関で受けられる検査方法として、挙げられるのが血液検査です。

少量の血液を採取してその血液の値を調べることにより、アレルゲンを特定する方法です。

 

RASTテストと呼ばれる方法が一般的で、血液に「ig抗体」というアレルギーが入ったときに作られる抗体の値を調べます。

しかし、このテストで犬アレルギーではないと診断されてもアレルギーにかかる可能性がないわけではありません。

医師の説明を詳しく聞いて納得した上で実行する必要があります。

 

②接触テスト

 

文字通り、犬と接触することで症状がどのていどでるかをみるアレルギーテストです。

プリックテストともいい、皮膚などに直接アレルゲンを付着させて10分程度放置し、腫れやかゆみなどの反応をみます。

医療機関で監視のもと行うので、安全であり身体を傷つける必要がないので子供でも負担なく受けることが可能です。

 

また、自分でできる方法としては犬とふれあえる 動物園 やペットショップに赴いて症状の有無の調べることができます。

犬を飼いたい人にとってはどのような 犬種 が良いか、その犬の特徴等も同時に知ることができ有効です。

しかし、そのような施設でのふれあいは短時間で終了するものですので、実際に暮らし始めてから症状がでることもあります。

 

ただし接触テストは「アレルギーの危険性がないと考えられる方」が取る方法です。

あらかじめ犬と触れ合うことにより、症状がでる可能性があるとわかっている場合には、危険ですのであえて接触することは避けましょう。

きちんと医療機関を受診したうえで調べてもらうようにします。

また、これらの検査を行っていってもある日、突然症状がでてしまう可能性はあります。

しかし、事前にある程度自分が犬アレルギーを発症する可能性がどのくらいあるのか知っておくことはとても大切です。

 

 

犬アレルギーになったら?:まとめ

 

犬 アレルギー まとめ

 

犬のアレルギーについての特徴などをご紹介させていただきました。

愛犬との生活は犬好きの人にとってはとても魅力的であり、楽しいものです。

 

一方で、いつかアレルギーになる可能性もあるということも承知してないといけないことです。

また症状を知っておくことで、いち早くその可能性に気づくことができ軽度のうちに対処できるようにもなります。

こちらの記事を参考に犬を飼育したい方、今飼ってらっしゃる方のお役に立てれば幸いです。


フォローして最新のペット・動物関連記事をチェック!



検索

カテゴリ一覧

大型哺乳類(16)
   カピバラ(2)
   ブタ(2)
中型哺乳類(376)
   猫/ネコ(144)
   犬/イヌ(198)
小型哺乳類/小動物(67)
   うさぎ(29)
   ハムスター(19)
鳥類(86)
   陸生鳥類(75)
   水生鳥類(7)
魚類/甲殻類/水生生物(61)
   海水魚/熱帯魚(23)
   淡水魚(20)
爬虫類(30)
   蛇/ヘビ(7)
   トカゲ(9)
両生類(13)
   ウーパールーパー(2)
   カエル(7)
虫/昆虫(12)
   カブトムシ/クワガタ(7)
   タランチュラ(1)
ペット/動物全般/コラム(50)
   ペットや動物と触れ合えるスポット(16)
   寄付/募金/殺処分(8)

タグ一覧

飼い方/飼育方法(610)
種類/品種(564)
繁殖/育成(483)
毛色/毛質(233)
性格/生態/特徴(461)
食事/餌/栄養(503)
病気/病院/治療(549)
しつけ(410)
トイレ(146)
おもちゃ(15)
選び方(472)
値段/価格(486)
ランキング/おすすめ(116)
口コミ/レビュー(148)
旅行/ホテル/レストラン(24)
寄付/募金(13)
おもしろペット(83)
飼育知識/豆知識(692)
画像/動画(121)
まとめ(706)

人気記事ランキング