logo

Top > 中型哺乳類 > 猫/ネコ > 猫の飼い方/豆知識

猫は魚を食べても大丈夫?魚の栄養効果と、猫に与える際の注意点






日本では「猫は魚が好き」という印象が強いですよね。

実際に国内で販売されている猫缶(ウエットフード)は原材料のほとんどが魚です。
しかし、猫に魚を与えるというイメージは日本特有のものです。

魚が好きな猫ちゃんは多いですし、猫は魚を食べることができます。
ただ、猫は本来は魚を食べて生きていたわけではありませんので、魚を猫の主食にしてはいけませんし、与える時も注意が必要です。

本記事では魚の栄養素や、猫に魚を与える際の注意点、上手な魚の与え方をご紹介します。

【目次】猫は魚を食べても大丈夫?魚の栄養効果と、猫に与える際の注意点

 

猫は魚を食べても大丈夫

猫はなぜ魚が好き?

猫は肉食獣

日本では猫に魚を食べさせた

魚を食べない猫もいる

海外でも猫に魚を食べさせる?

猫の効果的な魚の栄養素

ビタミンB12

鉄分

カルシウム

ビタミンD

ビタミンB2

DHA

EPA

タウリン

猫に魚を与える際の注意点

魚が主食はダメ

青魚の与えすぎは病気の元

アニサキス食中毒

ヒスタミン中毒

骨は取り除く

猫への魚の上手な与え方

少量をときどき与える

魚の種類は?

さいごに

 

 


猫は魚を食べても大丈夫

 

猫

 

日本で販売されている多くの猫用のウェットフードは魚が主成分であるように、猫は魚を食べることができます。

猫には食べさせない方が良い、与える際には注意が必要といわれるアワビやイカなど、一部与えない方が良い魚介類がありますが、一般的に「魚」と呼ばれるものについては猫は食べることができます。

 

日本では猫は魚が好きという認識が一般的ですが、実は猫はもともと魚が主食だったわけではありません。

そのため、主食を魚にすることは猫の健康のためには良くありません。

健康を損なうことなく、猫に魚を与えるためには注意も必要です。

 

 

猫はなぜ魚が好き?

 

猫

 

日本ではなぜ猫は魚が好きだと思われているのでしょうか。

 

猫は肉食獣

 

猫は魚が好きであるという認識は、実は日本特有のものです。

猫はもともとは魚を主食とする動物ではありません。

 

すべての猫の祖先は、リビアヤマネコであることがDNAの分析で分かっています。

リビアヤマネコとは、現在でも中東からエジプトにかけての砂漠地帯に暮らしている野生種の猫です。

 

リビアヤマネコの主食は小さな動物や鳥、虫、爬虫類等で雑食性のない完全な肉食獣です。

砂漠地帯なので、リビアヤマネコはほとんど魚を食べることはないでしょうし、猫の祖先となったリビアヤマネコも魚を食べて生きてはいなかったでしょう。

猫が日本では魚を主に食べていたのは、日本人の食生活に大きく関係しています。

 

日本では猫に魚を食べさせた

 

砂漠地帯で暮らしていたリビアヤマネコが、人間のペットとなって世界中に広まりました。

日本に猫がやってきたのは奈良時代とされ、中国から贈り物や経典を守るために連れてこられたとされています。

ただし、近年では弥生時代の遺跡から猫の骨が発見されたので、奈良時代よりもっと前の時代から猫がいたとも考えられています。

 

もともと魚を食べることがない肉食獣であった猫が、なぜ魚を食べるようになったかというと、日本では動物の肉ではなく魚を食べることが一般的だったからです。

現在では日本人もたくさんの肉を食べるようになりましたが、明治時代までは基本的に肉食は一般的なことではありませんでした。

 

仏教の普及やたびたび出された肉食禁止令などにより、日本人は動物の肉ではなく、タンパク源として魚を食べてきたのです。

猫を飼っていた人間が動物を食べる習慣がなかったので、猫にも動物の肉ではなく魚を食べさせました。

 

猫は魚を食べる習性はありませんでしたが、魚もタンパク質の多い食べ物であり、猫の食性に合う食べ物であったので、猫も魚を食べるようになったのです。

そして、日本ではその習慣が現在でも続いているのです。

 

 


魚を食べない猫もいる

 

日本の猫はみんな魚を食べるかといえばそういうわけではありません。

先祖代々長い時間魚を食べてきたので、魚を好む傾向はあるでしょう。

しかし、もともとの主食というわけではありませんから、魚を口にしない猫ちゃんも当然います。

 

魚には猫に良い栄養素が含まれていますし、猫が好むことが多いため与えることができますが、品質の良い総合栄養食のキャットフードを与えていれば、無理に魚を食べる必要はありません。

魚が好きだという猫ちゃんにのみ、ときどき与えるようにするのが良いでしょう。

 

 

海外でも猫に魚を食べさせる?

 

日本では「猫 = 魚好き」のイメージですが、海外では「猫 = 肉が好き」という考え方が一般的です。

ドライのキャットフードを見ても、ほとんどは肉が主成分であり、魚が主成分であるキャットフードはあまり見かけません。

 

缶詰やパウチ等のウェットフードも主原料が魚であるは日本だけで、海外で売られているものを見るとほとんどは肉が主原料のウェットフードで、魚が主原料のものは主流ではないようです。

海外でも港町では猫に魚を与えるようですが、「猫は肉食獣」という認識のもとに、肉を与えるのが一般的です。

 

 


猫の効果的な魚の栄養素

 

魚

 

ビタミンB12

 

動物性食品(魚および肉)のみに含まれる水溶性ビタミンです。

タンパク質や赤血球の形成に必要な栄養素で、老化防止や貧血防止に役立ちます。

 

鉄分

 

全身に酸素を運ぶ重要な要素であるヘモグロビンやミオグロビンを構成するための成分です。

鉄分が不足すると貧血や発育不良などの影響が出ます。

 

カルシウム

 

カルシウムは骨や歯の発育と維持のために重要な栄養素です。

ただ、過剰摂取はかえって健康を損なうため、適量を摂取することが必要です。

 

ビタミンD

 

ビタミンDはイワシやマグロなどの脂肪分の多い魚やレバーに多く含まれています。

人間や草食動物は体内でビタミンDを作ることができますが、犬や猫は作ることできないため、ビタミンDを食事から摂取する必要があります。

ビタミンDはカルシウムを体に吸収させるためであったり、筋力の維持に欠かせない栄養素です。

 

ビタミンB2

 

ビタミンB2は筋肉の維持や細胞を正常に保つために必要な栄養素で、皮膚や被毛を健康に保つ働きがあります。

 

DHA

 

DHAはオメガ脂肪酸の一つです。

皮膚や被毛を健康に保つ効果と共に、DHAは認知症予防にも効果的であることが知られています。

 

EPA

 

EPAは血管に血栓ができることを防ぐ働きがあるため、血液をサラサラにしてくれる栄養素として知られています。

認知症予防や心筋梗塞や脳梗塞の予防効果が期待できます。

 

タウリン

 

タウリンは目の健康を維持し、動脈硬化や貧血を予防する栄養素です。

また、コレステロールや中性脂肪を減らす効果があり、肝臓の機能を高めてくれる効果が期待できます。

 

 

猫に魚を与える際の注意点

 

猫

 

猫は魚が好きなのだからたくさん与えても大丈夫というイメージがあるかもしれませんが、魚を与える際には適切な与え方をしないと健康を害する可能性もあります。

 

魚が主食はダメ

 

日本では魚が主原料のウェットフードがたくさん売られていますし、猫には魚をたくさん与えても大丈夫と思う方もいるかもしれませんが、魚を主食にすると栄養が偏ったり、病気になってしまう可能性があります。

パウチや缶詰等は総合栄養食でないものもありますし、総合栄養食となっているものは、魚だけではなく他の栄養素が補填されています。

 

また、マグロのトロなど脂肪分が多いものを食べ慣れてしまうと、それ以外の食べ物を食べなくなってしまうということもあります。

歳を取ったり体調を崩したりした場合は、治療のために療養食を食べなくてはいけないこともあるのですが、自分の好みの魚しか食べないようでは治療の際も困ってしまいますよね。

そのため、主食は品質の良い総合栄養食のキャットフードを与えるようにしましょう。

 

※合わせて読みたい:  猫のご飯には何をあげればいい?おすすめキャットフード13選から、猫の餌の選び方、ご飯の作り方まで

 

青魚の与えすぎは病気の元

 

青魚と呼ばれるさんまや鯖などには、健康に良いとされるDHAやEPAがたくさん含まれているために、猫にも積極的に与えたいと考える方もいるかもしれませんが、青魚の取りすぎは病気を招く可能性があります。

 

そのうちの1つに「黄色脂肪症」があります。

青魚の取りすぎにより脂肪が黄色く見えることをイエローファットと呼ぶため、この名前が付いています。

 

黄色脂肪症は魚の不飽和脂肪酸を過剰摂取することによって、不飽和脂肪酸が猫の体内で酸化してしまうことから発症します。

仮に発症した際は下記のような症状が現れます。

 

  • 下腹部にしこりができる
  • しこりの部分に熱がこもる
  • しこりの部分を痛がる
  • 歩き方がおかしい

 

このような症状が見られた際は、すぐに病院で診てもらうようにしてください。

 

アニサキス食中毒

 

魚に寄生するアニサキスによって発症する食中毒は、人間も発症し、ときどきニュースにもなりますよね。

猫もアニサキスが寄生した魚を食べてしまうと、アニサキス中毒症になってしまうことがあります

アニサキス食中毒は、アニサキスが胃などの消化器官に刺さるために激しい痛みや嘔吐を発症します。

 

アニサキスは熱に弱いため、魚を加熱することによって予防することができます。

また、魚をマイナス20℃で5日以上冷凍状態にするとアニサキスは死滅すると言われています。

生魚を猫に与える場合は、アニサキスがいないかどうかよく目で確認するとともに、アニサキスが生きたまま体内に入らないように細かく切るようにすると良いでしょう。

 

ヒスタミン中毒

 

ヒスタミン中毒は、常温に放置された魚を食べることによって発症する食中毒です。

ヒスタミンは、魚にもともとあるヒスチジンという物質が、常温で保存することによってヒスタミンに変化してしまうことから発症します。

 

ヒスタミンは熱に強いため、加熱処理をしても分解することができません。

常温に放置してしまった魚は猫に与えないようにしましょう。

 

ヒスタミン中毒を発症すると、下痢や嘔吐のほかに、顔が腫れてしまったり蕁麻疹やめまい等の症状を発症します。

猫の場合は毛が生えているので、顔の腫れや蕁麻疹に気が付きにくいため注意が必要です。

 

骨は取り除く

 

猫に魚を骨付きのまま与えないようにしましょう。

猫はもともと魚を食べる動物ではありませんし、骨が口の中や消化器科に刺さってしまうこともあります。

最悪手術が必要になる場合もありますので、骨をとってから猫に当たるようにしてください。

 

 


猫への魚の上手な与え方

 

サケ

 

猫は魚が好きというイメージが強いからといって、たくさん与えてはいけないことがわかりましたね。

猫に魚を与える際はどのようにすれば良いかを解説します。

 

少量をときどき与える

 

魚は猫に食べさせていけない食材ではありません。

しかし、大量に与えてはいけませんので、ときどき、少量を与えるようにしましょう。

猫に魚を与えてもいい量は、猫の体の大きさにより多少変化しますが、おおよそ「お刺身一切れの半分程度」の量を上限として与えると、安全に猫ちゃんが食べることができるでしょう。

キャットフードのトッピングやおやつのバリエーションの1つとして利用するといいですね。

 

魚の種類は?

 

「猫にはマグロ」というイメージが強いかもしれません。

少量をときどき与えるという与え方を守れば、他の魚も食べることもできます。

 

青魚の食べ過ぎは病気を招く可能性がありますが、サンマやアジなどを旬の季節に1口程度与える分には問題ないでしょう。

いい匂いがするので、食欲を刺激される猫ちゃんも少なくありません。

 

もし猫に魚を与えるとすると、低カロリーな白身魚が良いです。

お刺身で与える場合は寄生虫に注意し、新鮮な物を与えるようにしましょう。

 

中でもサケがおすすめです。

サケは身が赤いですが白身魚の一種で、身が赤いのは餌にアスタキサンチンを含むオキアミを食べているからであり、栄養が豊富で消化にも良いです。

適度に脂もあるので、好む猫ちゃんは多いのではないでしょうか。

 

 

さいごに

 

魚は猫に与えることができる食材の1つですが、猫は魚が好きというイメージがあるからといってたくさん食べてもいいわけではありません。

あくまでも主食は品質の良い総合栄養食のキャットフードを用いて、魚はトッピングやおやつとして利用しましょう。

 

猫は食べ物への好き嫌いが激しい面がありますが、いつも同じものではなく、色々な物を食べておいた方が療養食を受け付けやすくなると言われています。

また、筆者の知り合いの猫ちゃんもは内炎を発症した際に、口が痛くてご飯を食べられなくなりましたが、お刺身だけ食べることができたのでそれで乗り切ることができました。

 

猫は病気以外にもストレスで食事を受け付けなくなることがあります。

そうなったときにお魚をはじめ好物の物があると、食欲を増進させる効果が期待できます。

お魚の与えすぎは良くはありませんが、適切に与えることはメリットがあると思います。


フォローして最新のペット・動物関連記事をチェック!



検索

カテゴリ一覧

大型哺乳類(19)
   カピバラ(2)
   ブタ(3)
中型哺乳類(435)
   猫/ネコ(175)
   犬/イヌ(221)
   霊長類/類人猿/サル(9)
   モモンガ(2)
   フェネック(1)
小型哺乳類/小動物(74)
   うさぎ(31)
   ハムスター(21)
   ハリネズミ(7)
   モルモット(3)
   チンチラ(2)
鳥類(107)
   インコ(13)
   梟/フクロウ(9)
   文鳥(3)
魚類/甲殻類/水生生物(64)
   海水魚/熱帯魚(23)
   淡水魚(22)
爬虫類(31)
   蛇/ヘビ(7)
   トカゲ(9)
   カメ(6)
両生類(13)
   カエル(7)
   ウーパールーパー(2)
虫/昆虫(13)
   カブトムシ/クワガタ(8)
   タランチュラ(1)
ペット/動物全般/コラム(50)
   ペットや動物と触れ合えるスポット(16)
   寄付/募金/殺処分(6)

タグ一覧

飼い方/飼育方法(691)
種類/品種(605)
繁殖/育成(542)
毛色/毛質(246)
性格/生態/特徴(547)
食事/餌/栄養(556)
病気/病院/治療(596)
しつけ(444)
トイレ(150)
選び方(491)
値段/価格(507)
ランキング/おすすめ(126)
口コミ/レビュー(158)
旅行/ホテル/レストラン(24)
寄付/募金/保護活動(14)
おもしろペット/珍ペット(90)
飼育知識/豆知識(783)
画像/動画(120)
まとめ(794)

人気記事ランキング