logo

Top > 中型哺乳類 > 猫/ネコ > キャットフード/猫の飼育用品/ネコグッズ

猫が飛びつきやすい!おすすめの猫じゃらしの紹介から使い方まで






猫と一緒に遊ぶとき、あなたはどんな猫じゃらしを使いますか?
長い紐がついたもの、鳥の羽がついたもの…たくさんの種類の猫じゃらしがあります。

たくさん種類があると、どの猫じゃらしを選ぶか迷ってしまいますよね。
そんな悩める飼い主さんのために、猫の保護施設に勤めていた筆者が、猫が遊びたがるおすすめの猫じゃらしを紹介します。

猫を飼うのが初めての飼い主さんも、猫を飼っていない人も参考にできるように、「猫が飛びつきやすい猫じゃらしの特徴」や「猫が飛びつきやすい猫じゃらしの使い方」もまとめてあります。

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、臨時休業あるいは営業時間の変更等の措置を取っている店舗・施設がございます。


お出かけ前に、店舗・施設の公式HPやSNS等で最新情報のご確認をお願い致します。


【目次】猫が飛びつきやすい!おすすめの猫じゃらしの紹介から使い方まで

 

猫じゃらしを使っていますか?

猫じゃらしの必要性

1.猫のストレス発散

2.飼い主さんと猫のスキンシップ

猫が飛びつきやすい猫じゃらしの特徴

1.本物の鳥の羽が付いている猫じゃらし

2.音が鳴る猫じゃらし

3.釣竿状の猫じゃらし

猫が遊びたがる!おすすめの猫じゃらし!!

動き方が面白い【ペッツルート (Petz Route) カシャカシャびょんびょん】

本物の七面鳥の羽を使用!【ダ・バード】

天然の鳥の羽がついているのに安い!【キャティーマン (CattyMan) じゃれ猫 宙返り】

羽がボロボロになっても取り替えられる!【hirowood 猫じゃらし】

見た目がおしゃれな【AIDIYA 猫じゃらし】

こんな猫じゃらしもある!少し変わった猫じゃらし

LEDポインターで猫がじゃれる!【FIRIK(フィリク)猫用光るおもちゃ】

ひとりでに動きだす!?【FIRIK(フィリク) じゃれ猫】

一匹遊びも飼い主さんと遊ぶこともできる【Otofly猫おもちゃ】

猫が飛びつきやすい猫じゃらしの使い方

1.猫じゃらしは隠すように見せる

2.猫じゃらしを隠して音を鳴らす

3.最初はじわじわと猫じゃらしを動かし、そのあとはいっきに猫じゃらしを動かす!

おわりに

 

 


猫じゃらしを使っていますか?

 

猫じゃらし おもちゃ 猫 人気 食べる

 

もし を飼っているなら、1つくらいは猫じゃらしを持っているかもしれませんね。

しかしその猫じゃらし、猫がじゃれてくれていますか?

 

色々な猫じゃらしが発売されていますが、買っても猫がじゃれてくれないこともあるでしょう。

そうなってしまいますと、せっかく買ったのにただの置物になってしまいます。

そもそも、猫に猫じゃらしはそこまで必要なものなのでしょうか。

 

 

猫じゃらしの必要性

 

猫じゃらし おもちゃ 猫 人気 食べる

 

猫じゃらしの必要性ですが、下記の内容があげられます。

 

  1. 猫のストレス発散
  2. 飼い主さんと猫のスキンシップ

 

1.猫のストレス発散

 

猫じゃらし おもちゃ 猫 人気 食べる

 

猫じゃらしで遊ぶことによって、運動・狩猟本能の欲求が満たされストレス発散につながります。

特に1日中家の中にいる猫は、外に出られる猫よりストレスが発散できません。

 

ストレスがたまると、それにより体調が悪くなるということもあります。

適度に猫じゃらしで遊んであげて、ストレスを発散させてあげた方がいいでしょう。

 

2.飼い主さんと猫のスキンシップ

 

猫じゃらし おもちゃ 猫 人気 食べる

 

猫と一緒に猫じゃらしで遊ぶことで、飼い主さんと猫のスキンシップにもなります。

猫は意外と人を見分けており、よく遊んであげれば「この人は遊んでくれる人だ」と覚えてくれます。

 

実際に筆者の実家の猫は、筆者のことを遊んでくれる人と覚えているようです。

筆者の顔を見た途端にダッシュで隠れ、こちらをチラ見してきます。

 

どうやら、追いかけっこをしてほしいようです。

普段あまり会っていなくても覚えてくれることはあるので、いつも遊んであげれば、猫との絆はより良いものになるでしょう。

 

 


猫が飛びつきやすい猫じゃらしの特徴

 

猫じゃらし おもちゃ 猫 人気 食べる

 

飼い主さんが猫じゃらしで遊ぼうとしても、必ず遊んでくれるというわけではありません。

猫にも猫じゃらしの好みがあります。

個体差はありますので、一概に「これは必ず遊ぶ!」という猫じゃらしはありません。

 

しかし、比較的猫が飛びつきやすい猫じゃらしの特徴はあります。

主な特徴としては、下記の3点となります。

 

1. 本物の鳥の羽が付いている猫じゃらし

2. 音が鳴る猫じゃらし

3. 釣竿状の猫じゃらし

 

1.本物の鳥の羽が付いている猫じゃらし

 

猫じゃらし おもちゃ 猫 人気 食べる

 

鳥の羽って猫にすごく人気があるんです!

疑似羽でも飛びついてきてくれる猫は多いと思いますが、本物の鳥の羽の方が断然飛びつきやすいです。

しかし、本物の鳥の羽の分、疑似羽の猫じゃらしより値段が高くなることが多いです。

 

2.音が鳴る猫じゃらし

 

 

音が鳴る猫じゃらしの方が「何かいる」ということに猫が気づき、猫の興味がひかれやすいです。

上記の画像は【ペッツルート カシャカシャびょんびょん】のおもちゃの部分です。

このように、ポリエステル製のテープが付いているもので、これが擦れてカサカサなるというようなものでも効果があります。

 

3.釣竿状の猫じゃらし

 

猫じゃらし おもちゃ 猫 人気 食べる

 

釣竿状の猫じゃらしは特におすすめです。

紐の先におもちゃがぶら下がっているので、遠くに飛ばすこともできますし、不規則な動きでより本物の生き物のような動きをすることができます。

釣竿状じゃないものの場合は、柄の部分が固いものより、柔軟性があるものの方が猫の興味をそそる動きができるでしょう。

 

猫が飛びつきやすい猫じゃらしの特徴がつかめてきましたね。

それでは、筆者がおすすめする猫じゃらしもお伝えします。

 

 

猫が遊びたがる!おすすめの猫じゃらし!!

 

動き方が面白い【ペッツルート (Petz Route) カシャカシャびょんびょん】

 

 

全長が約90cmもあるので、猫と遊ぶのに十分な長さです。

柄から先の部分は柔らかい針金のようになっているので、縦横にふると面白い動きをします。

先端の方についているポリエステル状のとんぼの羽は、位置を変えることが可能です。

 

筆者は実際に使ったことがありますが、びょんびょんと動く面白い動きに猫がよく飛びついてきていました。

しかし、慣れるまではおもちゃの操作が難しく、思うような場所に動かせないかもしれません。

使っていればすぐに慣れることができるはずなので、いっぱい遊んで慣れていきましょう。

 

[おすすめポイント]

 

  • カシャカシャと猫の興味をひく音が鳴る
  • 面白い動きをする
  • 全長90cmの長さ
  • おもちゃの位置を変えられる

 

[カシャカシャびょんびょんの基本情報]

 

価格:554円

全長:約90cm

本体重量:39g

原材料:

本体 レーヨン、ポリエステル
棒 スチール、塩化ビニル

 

 

本物の七面鳥の羽を使用!【ダ・バード】

 

 

本物の七面鳥の羽がついているアメリカ製の猫じゃらしです。

柄の部分が長く、釣竿状になっています。

 

筆者も実際に使用していましたが、少し離れていても猫たちが駆け寄って来るほど人気な おもちゃ でした。

七面鳥の羽は猫の遊び心に火をつけるようです。

さらに、釣竿状になっているので素早い動きもでき、とても遊びやすいおもちゃです。

 

[おすすめポイント]

 

  • 猫に人気の本物の七面鳥の羽がついている
  • 釣竿状で使いやすい
  • 竿の部分が長くて頑丈

 

[ダ・バードの基本情報]

 

価格:1,460円

サイズ 棒をジョイントした全長:約92cm

ヒモの長さ:約83cm

羽の全長

約20cm
※七面鳥の羽の色は6パターン(赤、黄色、青、緑などの組み合わせ)

 

 

天然の鳥の羽がついているのに安い!【キャティーマン (CattyMan) じゃれ猫 宙返り】

 

 

天然の鳥の羽がついているのに、値段がとても安い猫じゃらしです。

釣竿状になっており、紐の部分の長さも十分にあります。

竿の部分はとても頑丈というわけではないので、猫のテンションが上がりすぎても、引っ張り合いをしすぎないようにした方がいいでしょう。

 

[おすすめポイント]

 

  • 機能のいいとこ取りをしているのに安価
  • 天然の鳥の羽が付いている
  • 釣竿状になっている
  • 猫じゃらし全体が比較的コンパクト

 

[キャティーマン (CattyMan) じゃれ猫 宙返りの基本情報]

 

価格:248円

竿の長さ:約30cm

素材構成:鳥の羽、ポリプロピレン

 

 

羽がボロボロになっても取り替えられる!【hirowood 猫じゃらし】

 

 

先端の羽の取り替えが可能になっている、釣竿状の猫じゃらしです。

猫が飛びつく先端のおもちゃの部分は、どうしてもボロボロになりやすいですよね。

そのおもちゃの部分の交換ができる使用になっているので、長く使うとができます。

 

また、この猫じゃらしの少し変わっている部分は、竿が95cmと長く伸びる代わりに、紐の部分はあまり長くはありません。

おもちゃの部分を遠くに投げることはできませんが、操作がしやすいでしょう。

 

[おすすめポイント]

 

  • おもちゃの部分が付け替え可能
  • 使いやすい釣竿状
  • おもちゃを操作しやすい
  • グリップが持ちやすい

 

[hirowood 猫じゃらしの基本情報]

 

価格:1,580円

竿の長さ:35cm~95cm(3段階)

予備の羽:3枚

 

 

見た目がおしゃれな【AIDIYA 猫じゃらし】

 

 

猫じゃらしは意外と場所をとることがあるのです。

縦に長いものが多いので、しまうにもしまい方に迷ってしまうこともあるでしょう。

そのため、家にお客さんが来た時に「猫じゃらしが置いてあっても、見た目をよくしておきたい」という飼い主さんにおすすめです。

 

おもちゃの部分はキーホルダーにできそうなほど、おしゃれな見た目をしています。

見た目のおしゃれさだけでなく、おもちゃには鈴が付いているので、猫の興味をひくことも忘れていません。

 

竿の部分は伸縮が可能なので、コンパクトにしまうことができます。

黒のシックな作りなので、部屋に置いておくにもあまり悪目立ちしないでしょう。

 

[おすすめポイント]

 

  • シンプルでおしゃれな見た目
  • 鳥の羽使用
  • 伸縮可能
  • 使いやすい釣竿状

 

[AIDIYA猫じゃらしの基本情報]

 

価格:1,077円

全長:40cm~80cm

本体重量:26g

素材:EVAフォーム、ポリプロピレン、ナイロン糸、鳥の羽

 

普通の猫じゃらしもいいですが、ちょっと変わった猫じゃらしも出てきているんです。

どのようなものがあるのか少し紹介しましょう。

 

 


こんな猫じゃらしもある!少し変わった猫じゃらし

 

LEDポインターで猫がじゃれる!【FIRIK(フィリク)猫用光るおもちゃ】

 

 

これを猫じゃらしと呼んでもいいのかと迷いましたが、猫がじゃれてくれるので猫じゃらしでしょう!

猫が好きな羽も、興味がひかれるカサカサ音が鳴るおもちゃもついていません。

遊び方はレーザーを追いかけるだけなのです!

 

あなたは、猫が鏡に反射した光を追っているところを見たことががありませんか?

音や実体がなくても、意外と猫は飛びつくんです。

 

その性質で遊べるような使用にしており、自動でLEDライトのポインターが動き回ります。

このLEDライトですが、特殊なものを使用しているため、万が一猫の目に直接当たってしまっても目を傷つける心配はありません。

4段階のスピードの調節や、15分の自動シャットダウン機能など、便利な機能も備わっています。

 

[FIRIK(フィリク)猫用光るおもちゃの基本情報]

 

価格:2,750円

サイズ:180*180*167mm

重量:389g

材質:ABS

 

 

ひとりでに動きだす!?【FIRIK(フィリク) じゃれ猫】

 

 

飼い主さんが手に持って操作をする猫じゃらしではありません。

電池式の勝手に動くことができる猫じゃらしです。

 

スイッチを入れるだけで本体が動き出し、羽自体も振動して動きます。

飼い主さんが忙しい時でも遊ばせてあげられますね。

しかし、臆病な猫だと怖がってしまう可能性があるので、愛猫の性格次第で買ってあげましょう。

 

[FIRIK(フィリク) じゃれ猫の基本情報]

 

価格:1,900円

色:緑

備考:電池付き

 

 

一匹遊びも飼い主さんと遊ぶこともできる【Otofly猫おもちゃ】

 

 

猫じゃらしにしては珍しい、多機能が備わっている猫じゃらしです。

いったいどのような機能があるのかというと、「猫だけで遊ぶ」「飼い主さんと一緒に遊ぶ」の両方ができる猫じゃらしなのです!

 

普通の猫じゃらしでも、猫が勝手にじゃれて遊んでいることもよくあります。

しかし、その遊び方は猫的にあまり面白みがあるものではないでしょう。

 

なにせ、おもちゃは自分で投げたり、くわえたりしないと動かず、あまり大きな動きができません。

そのため、すぐに飽きてしまうのです。

 

この猫じゃらしだと複数の遊び方ができます。

まず、ボールで遊ぶことができます。

音が鳴るボールが土台部分についているので、軽く触るだけで土台部分をクルクルと回り、猫の興味をそそります。

 

次に、柱にぶら下がっている、羽がついた猫じゃらしで遊べます。

電池式になっており、クルクルと回る羽を追いかけて遊ぶことができます。

 

最後に、この柱状の猫じゃらし、取れるんです!

これを手に持って、猫と遊ぶこともできちゃうんですね。

通常の猫じゃらしほどの使いやすさはないかもしれませんが、その分多機能に富んでいるので、1台で色々な遊び方が楽しめます。

 

[Otofly猫おもちゃの基本情報]

 

価格:2400円

素材:ABSプラスチーク、ステンレス、ナイロン糸、鳥の羽

 

猫じゃらしは本当に色々なものがありますね。

普通に猫じゃらしを使っていても猫と十分に遊ぶことができますが、どうせなら猫が楽しんでくれる遊び方をしたくありませんか?

猫じゃらしで遊ぶ時に、猫が飛びつきやすくなるような使い方も説明しましょう。

 

 

猫が飛びつきやすい猫じゃらしの使い方

 

  1. 猫じゃらしは隠すように見せる
  2. 猫じゃらしを隠して音を鳴らす
  3. 最初はじわじわと猫じゃらしを動かし、そのあとはいっきに猫じゃらしを動かす!

 

1.猫じゃらしは隠すように見せる

 

猫じゃらし おもちゃ 猫 人気 食べる

 

いわゆるチラ見せです。

チラ見せさせることで「何かいる!」と思わせます。

 

壁から少し猫じゃらしを見せたり、ゴザの下から少し出し入れしてみたりと、どこからでも大丈夫なので色々と試してみましょう。

これだけでも目をまん丸にし、お尻をフリフリして飛びかかってくる猫もいます。

 

2.猫じゃらしを隠して音を鳴らす

 

1に加えさらに猫じゃらしの音を鳴らすことで、視覚だけではなく聴覚も刺激され、さらに猫じゃらしに興味を惹かれるでしょう。

よく同じ猫じゃらしで遊んでいる猫なら、その音を聞くだけで「遊んでくれるんだ」と分かって遊ぶ体制にはいるでしょう。

ただし猫なので、遊びたい気分でなければ遊んでくれません。

 

音にも強弱をつけてみたりすると、猫の興味をひく効果があがります。

 

3.最初はじわじわと猫じゃらしを動かし、そのあとはいっきに猫じゃらしを動かす!

 

猫じゃらし おもちゃ 猫 人気 食べる

 

1・2の時点で猫が遊ぶ体制に入ったけど飛びかかってこない!という場合は、猫に猫じゃらしを見せてしまいましょう。

 

猫の興味がひかれているはずのなので、徐々にじわじわと猫じゃらしを動かします。

そのうち、猫がお尻をフリフリ、足をフミフミと動かしだします。

そうしたら、いっきに猫じゃらしを猫から遠ざけるように動かしましょう。

 

猫は逃げる獲物を追いかけるように、猛ダッシュで追いかけてくるはずです!

この方法以外にも、猫の好みの遊び方があると思いますので、猫に合わせて遊んであげましょう。

 

 


おわりに

 

猫じゃらしは比較的安い値段のものが多いので、新しい猫じゃらしを買って遊んでくれなくても「また新しいものを買えばいいや」となる場合が多いでしょう。

色々な猫じゃらしに手を出してみて、猫と遊んでみてもいいかもしれませんね。

 

▼関連記事

 

・  猫の飼い方!費用、エサ、しつけ、病気から老後の世話まで

・  子猫の飼い方マニュアル。子猫の食事やケアの仕方、飼育にかかる費用、注意点


フォローして最新のペット・動物関連記事をチェック!



検索

カテゴリ一覧

大型哺乳類(23)
   カピバラ(2)
   ブタ(3)
中型哺乳類(553)
   猫/ネコ(219)
   犬/イヌ(289)
   霊長類/類人猿/サル(12)
   モモンガ(3)
   フェネック(1)
小型哺乳類/小動物(100)
   うさぎ(44)
   ハムスター(23)
   ハリネズミ(7)
   モルモット(8)
   チンチラ(2)
鳥類(123)
   インコ(22)
   梟/フクロウ(10)
   文鳥(3)
魚類/甲殻類/水生生物(76)
   海水魚/熱帯魚(32)
   淡水魚(23)
爬虫類(41)
   蛇/ヘビ(9)
   トカゲ(10)
   カメ(10)
両生類(13)
   カエル(7)
   ウーパールーパー(2)
虫/昆虫(17)
   カブトムシ/クワガタ(10)
   タランチュラ(1)
ペット/動物全般/コラム(64)
   ペットや動物と触れ合えるスポット(24)
   寄付/募金/殺処分(6)

タグ一覧

飼い方/飼育方法(851)
種類/品種(718)
繁殖/育成(595)
毛色/毛質(301)
性格/生態/特徴(663)
食事/餌/栄養(659)
病気/病院/治療(677)
しつけ(466)
トイレ(154)
選び方(509)
値段/価格(585)
ランキング/おすすめ(142)
口コミ/レビュー(164)
旅行/ホテル/レストラン(24)
寄付/募金/保護活動(14)
おもしろペット/珍ペット(99)
飼育知識/豆知識(968)
画像/動画(127)
まとめ(860)

人気記事ランキング