logo

Top > 中型哺乳類 > 猫/ネコ > 猫の飼い方/豆知識

猫が血便をしたらどうすべき?猫の血便の原因と対処法、予防策まで解説






猫は自分が具合が悪いことを隠す傾向にある動物です。
そのため、飼い主さんが猫の体調不良に気付かないということがあります。

そういう猫ちゃんでも毎日できる健康チェックの方法が、うんちの状態を観察することです。
猫のうんちが血便だった場合は、なんらかの体調不良の証拠。

今回は猫の血便にはどんなものがあるのかをはじめ、どんな病気が疑われるのかや、どう対処すべきかを解説します。

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、臨時休業あるいは営業時間の変更等の措置を取っている店舗・施設がございます。


お出かけ前に、店舗・施設の公式HPやSNS等で最新情報のご確認をお願い致します。


【目次】猫が血便をしたらどうすべき?猫の血便の原因と対処法、予防策まで解説

 

猫の健康なうんちとは?

うんちの回数は?

うんちの状態は?

うんちの匂いは?

うんちの色は?

うんちに異物が入っていたら要注意

量が多い=良いうんちではない

猫の血便とは

うんちに潜血が混じっている

うんちの表面に血が付いている

うんちのそばに血が落ちている

うんちが黒い

お尻から血が出ている

猫の血便の原因

ストレス

病気

誤飲

猫の血便を引き起こす病気は?

下痢

便秘

腸の炎症

感染による腸の炎症

腫瘍

食物アレルギー

猫が血便をしたらどう対処すべき?

必ず動物病院へ

病院へうんちを持参する

獣医に伝えること

猫の血便を予防するには

完全室内飼育をする

ワクチン接種をする

品質の良いフードを与える

猫の血便は毎日のうんちチェックが重要

 

 


猫の健康なうんちとは?

 

猫

 

猫のうんちのチェックは健康状態を把握するためには欠かせません。

まずは猫の健康なうんちがどんなものであるのかを知っておきましょう。

 

うんちの回数は?

 

健康な猫のうんちの回数は、1日に1~2回程度です。

子猫だと食事の回数が多くなるので、その分うんちの回数も多くなるのですが、生後6ヶ月以上の子で1日の食事の回数が2回程度であれば、うんちの回数は一般的には上記の通りとなります。

 

ただし、便秘や毛玉解消のための療養食を食べている場合は、うんちの回数が多くなることもあります。

普段から猫ちゃんのうんちの回数も把握しておくようにすると良いですね。

 

うんちの状態は?

 

健康的な猫のうんちの状態は下記の通りです。

 

  • コロコロしている…猫のうんちは人間のうんちよりも固めです。
  • 固すぎない…コロコロしていても、押してもつぶれないほどでは固すぎです。
  • うんちをすくったときに形が崩れない…うんちをスコップですくったときに形が崩れてしまう場合はうんちが柔らかすぎです。
  • うんちに艶がある…適度な水分を含んだ健康的なうんちは艶があります。
  • うんちに猫砂があまり付着しない…健康的なうんちには猫砂がべったりと付着しません。

 

うんちの匂いは?

 

健康的なうんちであっても、うんちだからもちろん臭いはするのですが、健康に問題がある場合のうんちはものすごく臭いです。

いつもよりも臭かったら、異常がある可能性があります。

 

また、うんちの臭いはその子によって違うのですが、キャットフードを替えていないのに、いつもと違ううんちの臭いがしたら、体調が悪くてうんちの臭いに影響している可能性があります。

 

うんちの色は?

 

猫のうんちの色は食べているキャットフードの色が影響するので多少異なりますが、一般的には茶色~こげ茶色です。

色が薄い場合はしっかり消化されていない場合があり、便の硬さも柔らかめです。

 

その他、真っ黒な便であるときも、血便などの可能性があります。

 

うんちに異物が入っていたら要注意

 

猫のうんちにビーズや紐などが混じっている場合は、猫ちゃんがそれらの物を食べてしまったという証拠です。

誤食してしまったものがうんちで出てくる、または吐くことができれば良いのですが、そうできなかった場合は開腹手術が必要になることがありますし、最悪の場合死に至ることもあります。

 

猫のうんちに異物が入っている場合は、猫が誤食をしないように対処しましょう。

また、紐状のものを誤食するとお尻から垂れ下がってしまうことがありますが、それを手で引っ張ってしまうと腸が出てきてしまうなど、大変な事態になってしまうこともあるため、絶対に自分で引っ張って出すようなことはしないでください。

必ず動物病院に連れて行き治療してもらいましょう。

 

量が多い=良いうんちではない

 

うんちの色や量は猫が食べているキャットフードによって変わってきます。

愛猫が普段どのようなうんちをしているか把握することによって異常を発見することができます。

 

なお、うんちの量が多いことは必ずしも良いことではありません。

猫は肉食獣なのですが、本来猫には必要のない小麦粉やとうもろこしなどが大量に入ったキャットフードを与えていると、うんちの量が多くなり、状態も悪くなることがあります。

 

すぐに健康に影響が出なくても、猫に不必要なものがたくさん入ったフードを与え続けることよって体調不良を招くこともありますので、与えるフードの品質にも気を付けるようにしてください。

 

 

猫の血便とは

 

猫

 

猫の血便は、一見はっきりと血が混じっていると分かる場合と分かりにくい場合があります。

 

うんちに潜血が混じっている

 

血だと分かる真っ赤な鮮血が混じっている場合は、大腸で出血している可能性があります。

赤い色のときは出血したばかりのときなので、飼い主さんも気付きやすいです。

 

うんちの表面に血が付いている

 

うんちに血が混じっているというよりも、うんちの表面に鮮血が付いている場合は、直腸の部分や肛門付近からの出血が考えられます。

 

うんちのそばに血が落ちている

 

うんちには血が付着していないが、うんちの側に血が落ちている場合も肛門付近からの出血が考えられます。

 

うんちが黒い

 

うんちが黒い場合は血が混じった便であることが考えられます。

胃や小腸などの部分で出血していることが考えられ、便を排出するまでに時間が経っているので色が赤ではなく黒く変色します。

 

はっきりと血が混じっているとは分かりづらいために、飼い主さんが血便であることに気付きにくいです。

 

お尻から血が出ている

 

うんちに血が付着しているのではなく、お尻から血が出ているように見えることがあります。

この場合の多くが血便ではなく、血尿である可能性が高いです。

 

結石等で尿道が詰まってしまった場合には、真っ赤な血尿がポタポタと出ることがあるために、お尻から出血しているように見えます。

これは血便とは異なりますが、尿道閉塞がかなり悪化している状態で命に関わりますので、すぐに動物病院に連れて行ってください。

 

 


猫の血便の原因

 

猫

 

猫の血便の原因としては様々なものを考えられます。

 

ストレス

 

猫はストレスに弱い動物であり、引越し等の環境の変化でも食欲が減退したり、下痢や便秘等の症状を発症したりすることがあります。

ストレスにより血便になってしまうこともあります。

 

猫にストレスになるようなことに心当たりがある場合は、できるだけそのストレスになるものを取り除く、および軽減するようにし、獣医に相談しましょう。

 

病気

 

胃や腸などの消化器官の炎症や腫瘍等によって血便が発症する場合があります。

 

誤飲

 

硬いものや消化できないものを誤食してしまうことによって消化器官が傷つき血便が出ることがあります。

 

 

猫の血便を引き起こす病気は?

 

猫

 

下痢

 

下痢が続くと腸の粘膜が炎症を起こし、出血して血便になってしまうことがあります。

猫の下痢は珍しくなく、ストレスや体調不調、感染症にかかったときも発症します。

単なる下痢と見過ごさず、血便を発症するまで重症化する前に病院で治療を受けてください。

 

また、体質やフードが合わないなどの理由により下痢を発症することもあります。

胃腸が弱い子のための療養食をもあるので、獣医に相談してみましょう。

 

便秘

 

ひどい便秘により血便を発症することがあります。

人間も便秘から痔を発症し、血便になることがありますね。

猫も同じように固すぎる便により腸や肛門などが傷ついてしまうことがあります。

 

猫は便秘にやりやすく、巨大結腸症を発症してしまう原因ともなります。

便秘に対応した療養食や整腸剤もありますので獣医に相談してみてください。

 

腸の炎症

 

腸の粘膜が何らかの原因によって炎症を起こし、下痢をし過ぎることで血便を発症します。

細菌に感染していなくても炎症を起こすことがあり、免疫異常などの原因が考えられます。

 

感染による腸の炎症

 

ウィルスや細菌、寄生虫に感染することによって血便を発症することがあります。

感染性の腸の炎症の場合、下痢や嘔吐、目やにや鼻水などの他の症状も発症することが多いです。

 

血便が見られるような激しい下痢を発症する感染症で一番恐ろしいのがパルボウィルス感染症です。

非常に感染力が強く、致死率が80%以上と言われ、子猫が発症すると助かる可能性が低いです。

早急に病院へ連れて行ってください。

 

腫瘍

 

腸に腫瘍ができることで血便を発症します。

猫に多く見られるがんの一種であるリンパ腫でも腸に腫瘍ができることがあります。

 

食物アレルギー

 

猫も食べ物に対してアレルギーを発症します。

アレルギーで下痢になり、血便になってしまうことがあります。

 

 


猫が血便をしたらどう対処すべき?

 

猫

 

血便が出るということは何らかの異常が猫の体に起きているということですので、放置してはいけません。

 

必ず動物病院へ

 

血便の原因には腫瘍のような命に関わる重大な病気が隠れている場合があります。

放置せずに動物病院へ連れて行ってください。

 

また、すぐさま命に関わる病気ではなくても、キャットフードが合っていない、体質的に便秘になりやすいなどの問題があることも予想されます。

その問題を解消してあげることが愛猫の健康な生活を守ることに繋がりますので、血便の解消のために獣医に相談しましょう。

猫のためのサプリメントや療養食もたくさん発売されています。

 

病院へうんちを持参する

 

猫が血便をしたときは、うんちを持参して病院へ行きましょう。

ご紹介してきた通り、血便も色々な種類があり、実際のうんちを見ることで獣医はどの場所からの出血なのかなどを診断することができます。

 

また、目に見えなくてもうんちには寄生虫が隠れているかもしれません。

寄生虫に寄生されているとうんちにその寄生虫の卵が含まれているのですが、肉眼では発見できなので、動物病院で顕微鏡を使って見てもらう必要があります。

また、寄生虫には様々な種類があり、その種類にあった駆虫薬を使用する必要があります。

 

獣医に伝えること

 

獣医には以下のことを伝えるようにしましょう。

 

  • うんちの回数
  • 食欲や元気はあるか
  • 何を食べたか
  • 血便以外の症状があるか
  • 異物を誤食した可能性はないか

 

異物を飲み込んだ可能性がある場合は、それも持参すると良いでしょう。

緊急で動物救急病院など、普段診てもらっていない獣医を受診するときには、既往症があればそれらも伝えるようにすると診察がスムーズに進みます。

 

 

猫の血便を予防するには

 

猫

 

がんなど予防するのが難しい病気もありますが、普段の生活に気を付けることで血便を予防することができます。

 

完全室内飼育をする

 

血便の原因となる寄生虫やウィルスや細菌に感染しないように、猫は外に出さずに室内のみで飼育するようにしましょう。

キャットタワー を用意したり、 トイレ を複数用意したりするなど、住環境を整えてあげれば猫は室内のみの生活で十分満足してくれます。

 

ワクチン接種をする

 

完全室内飼育をしていても、人間がウィルスを持ち込んでしまうことがあります。

そのため、年に一度は任意のワクチンを接種しましょう。

血便を発症するパルボウィルス感染症は治療薬がなく、ワクチン接種でしか感染を防ぐことができません。

 

品質の良いフードを与える

 

その子に会った品質の良い キャットフード を与えるようにしましょう。

キャットフードには様々な種類がありますが、中には猫には必要のない穀類などが多く入ったあまり品質の良くないフードもあります。

それが原因で下痢や便秘になり、血便を発症することもありますので、猫ちゃんの体のことを考えて品質の良いフードを準備してあげましょう。

 

 


猫の血便は毎日のうんちチェックが重要

 

猫 トイレ

 

真っ赤な血が表面についているなどすれば分かりやすいですが、一見して血便とは分かりにくい場合もあり、飼い主さんが病気に気付くのが遅れてしまうこともあります。

愛猫のうんちの異常に気付くためには、正常な猫のうんちはどんなものなのか、愛猫が普段どんなうんちをしているのかを知っておくことも大切です。

 

毎日、猫ちゃんのうんちの状態をチェックして健康状態のバロメーターにしましょう。


フォローして最新のペット・動物関連記事をチェック!



検索

カテゴリ一覧

大型哺乳類(23)
   カピバラ(2)
   ブタ(3)
中型哺乳類(580)
   猫/ネコ(236)
   犬/イヌ(299)
   霊長類/類人猿/サル(12)
   モモンガ(3)
   フェネック(1)
小型哺乳類/小動物(103)
   うさぎ(44)
   ハムスター(23)
   ハリネズミ(7)
   モルモット(8)
   チンチラ(3)
鳥類(125)
   インコ(23)
   梟/フクロウ(10)
   文鳥(3)
魚類/甲殻類/水生生物(76)
   海水魚/熱帯魚(32)
   淡水魚(23)
爬虫類(44)
   蛇/ヘビ(9)
   トカゲ(10)
   カメ(11)
両生類(13)
   カエル(7)
   ウーパールーパー(2)
虫/昆虫(17)
   カブトムシ/クワガタ(10)
   タランチュラ(1)
ペット/動物全般/コラム(66)
   ペットや動物と触れ合えるスポット(24)
   寄付/募金/殺処分(6)

タグ一覧

飼い方/飼育方法(887)
種類/品種(729)
繁殖/育成(598)
毛色/毛質(303)
性格/生態/特徴(673)
食事/餌/栄養(673)
病気/病院/治療(695)
しつけ(474)
トイレ(154)
選び方(509)
値段/価格(589)
ランキング/おすすめ(142)
口コミ/レビュー(164)
旅行/ホテル/レストラン(24)
寄付/募金/保護活動(14)
おもしろペット/珍ペット(99)
飼育知識/豆知識(1010)
画像/動画(127)
まとめ(866)

人気記事ランキング