logo

Top > 鳥類 > 陸生鳥類 > 陸生鳥類の種類

身近な鳥のホオジロ。生態や分布、見分け方、特徴まで






日本各地に生息するホオジロ。
かつてはカッコウの卵を代わりに育てていました。

ホオジロの特徴の一つに聞きなしがあります。
鳴き声が日本語で表現した時に面白く聞こえますよ。

渡鳥ではない留鳥の一種ですのでいつでも観察できそうですが冬場はより難しくなります。
今回はホオジロについて体の特徴から歴史、鳴き声、見つけ方など詳しく紹介していきます。

スズメと似ていることもあるせいか見つけることが難しいと感じている方は特に必見の内容になっています。
それでは、ぜひ読み進めてください。

ホオジロってどんな鳥?

 

 

A post shared by Ryuichi Aoki (@iryuichi) on

 

ホオジロはスズメ目ホオジロ科ホオジロ属に分類される 鳥類

顔の模様、さえずりに個性のある小さめの鳥になります。

 

日本では全国的に見ることのできる留鳥。

では、ホオジロについて詳しくみていきましょう。

 

ホオジロの名前

 

歴史仮名では「ホホジロ」と表現されて、感じでは「頬白」と書きます。

あとでホオジロの特徴を詳しくみていきますが、漢字の表記からもわかるように頬の白さが特徴的。

ただ、頬が全体的に白いわけではないです。

また、体の箇所で白い部分はもっとあります。

体の白い部分はまだらに混じって、いちじるしいいことから「イチジロシ」のシロをとったという見解も。

 

ホオジロの特徴

 

ホオジロの体の大きさは16〜17cmほど。

ずんっとした頭の形で、頭の毛はトサカのようになっています。

顔には黒いラインが縁取るように入っています。

体毛は淡く茶色がかっていてしっぽは少し長く感じるかもしれません。

くちばしは短く太い円錐状担っています。

 

もう少し特徴を詳しくみていきましょう。

オスの顔は白と黒の模様でできあがっています。

眉斑と頬線は白、襟は灰色になっています。

メスの体は顔に黒い部分はほとんどなくぼやっと薄い色で仕上がっていることが特徴。

ホオジロの体の特徴はとさかの立った頭、明るい茶色の体毛、長いしっぽと覚えておくといいでしょう。

 

また、ホッピングと言ってぴょんぴょんと二本の足で地面を飛びながら移動することも特徴的。

その時に地面に落ちている小さな種子を拾って食べています。

 

 

ホオジロの生活

 

 

A post shared by taropapa0919 (@taropapa0919) on

 

では次に、ホオジロの生活に迫っていこうと思います。

好んでいる食べ物や生息している場所、繁殖についてをメインに紹介していきます。

 

ホオジロの食べ物

 

ホオジロは雑食性ですので昆虫類からクモ、植物の種子などを食べて生活しています。

いつもは植物や種子を食べるようですが繁殖期は昆虫類を好むとのこと。

昆虫を食べるときにホオジロが好むのが体の長い虫。

その虫がどんな虫かは場合によって違うかもしれません。

長い虫を好むのは細かくして、何羽かのヒナに配ることも推測できます。

 

時々、バッタや毛虫、青虫など割と大きめの虫を口にくわえてるホオジロのオスが目撃されています。

電線や林の中の枝など獲物をくわえてたたずんでいるオスは少し勇ましく感じますよ。

 

ホオジロの生息や繁殖

 

ホオジロは広い意味でいうとアジアの温帯の地域に生息しています。

日本では種子島や屋久島から北海道と幅広く生息しているので身近な野鳥とも言えますね。

基本、同じ場所にとどまる留鳥ではありますが、北海道など寒い地域に生息しているホオジロは冬の期間に温暖な場所へと移動します。

 

生活している場所は日本ならば標高が1600m以下の山地をはじめ、草原や田畑、森林を住処に。

だからと言って森林の奥地に巣作りをすることは少ないようです。

巣作りは都市部の河原や橋の下に行うなど気温への対応力は高いと言えます。

 

ホオジロの繁殖期は4月下旬から9月ごろ。

単独行動を好むホオジロですが繁殖期には縄張りを持ちます。

一夫一婦がつがいとなる様は絆を感じます。

 

巣作りはメスだけで行って繁殖期が終わっても巣につがいとなって繁殖地に確率の高いホオジロ。

他につがいとなっているホオジロとともに少数のグループを形成することもあります。

 

ホオジロの歴史

 

ホオジロはかつてカッコウに托卵(たくらん)されていました。

ホオジロの巣にカッコウが卵を産み付けてそれを知らない仮親は自分の卵と知らずに育てて孵化。

 

カッコウのヒナは短い期間で孵化してしまうので、他の卵を巣から落として自分だけ育ててもらいます。

仮親は自分よりも大きなカッコウのヒナにずっと餌を与え続けたとか。

 

しかし、最近の調査では何十年もかけてホオジロは識別能力を高めたと言われています。

カッコウはホオジロへの托卵を諦めて他の鳥へ托卵することが増えたと言います。

 

 


ホオジロの鳴き声

 

 

A post shared by Temple Slope (@terrakenny) on

 

実はホオジロの鳴き声は鳥の中でも特徴があります。

ホオジロの地鳴きは「チチッ、チチッ」と2回連続で、さえずりは「ピピッ、ピピッ」と少し高い声で鳴くようですね。

ちなみに、地鳴きとは普段、発する鳴き声でさえずりは繁殖期にオスが発する綺麗な鳴き声です。

 

オスのさえずりは少し長く「ピッピチュ・ピーチュー・ピリチュリチュー」と聴こえることもあります。

鳴き声が「一筆啓上仕候」(いっぴつけいじょうつかまつりそうろう)や「源平つつじ白つつじ」と聴こえることは以前から言われていますね。

聴く人によって「札幌ラーメン味噌ラーメン」と聴こえることもあるようです。

面白い表現ですので、ホオジロを見つけたらぜひ、鳴き声を聞いてみましょう。

そのような表現は「聞きなし」と言って鳥の鳴き声を人間の言葉に置き換え覚えやすくしたものです。

 

 

ホオジロに似た鳥とは?

 

 

A post shared by Kaerunosyou (@otama815) on

 

ホオジロと似ている鳥は「スズメ」になります。

体の大きさも少しだけスズメが小さいくらいですので見分けが難しいかもしれませんね。

 

しかし、全く違うのは鳴き声。

ホオジロのように聞きなしもなく、「チュンチュン」と鳴くのは皆さんご存知だと思います。

朝起きた時に聞こえてきますね。

 

体の模様や色の特徴で見分ける場合には顔と尾羽、さらに胸からお腹にかけて注意してみましょう。

ホオジロは顔の黒白のパターンはスズメと異なります。

そして、尾羽がスズメよりも長くなていることにも注意。

ホオジロは背中と同じで胸からお腹にかけて赤茶色をしています。

 

鳴き声では区別できても体の大きさ、模様で迷った時には胸からお腹にかけての色に注目するとわかりやすいでしょう。

居場所でホオジロとスズメを区別できることもあります。

スズメは人間には警戒心を持っているものの、人間が生活している場所が安全と知っています。

ですので、都市部での繁殖もみられます。

 

どちらかというとホオジロは先にも紹介しましたが都市部とは言っても河原などにいる可能性が高い。

しかし、スズメは時々、人間が出したゴミ袋をあさって食べ物を得たりします。

よって、都市部の人がいそうなところに繁殖しているのはスズメの可能性が高いとも考えられます。

 

 


ホオジロの観察

 

 

では、最後にホオジロの見つけ方や観察方法を紹介します。

実践してホオジロを見つけてみましょう。

 

ホオジロが好む場所は茂みとひらけた場所のセットです。

理想は雑木林と畑のセットでしょう。

 

もっとホオジロを見つける可能性を高めたい時には樹木と川沿いの草地のセット。

樹木と川沿いのセットの場所が見つかればほとんどの確率でホオジロはいると考えられます。

都市部の街中に住んでいる場合は電線やロープの上にもいたりします。

双眼鏡でみてみるといいでしょう。

 

スズメと似ていることもあってかなかなか見分けのつかないホオジロ。

目立つ場所に止まることは少ないようですが時々地面を二羽で歩いていることも。

これはオスメス一羽ずつの可能性が高いです。

オスがメスを優しくエスコート指定いるようですね。

運が良ければ仲睦まじいホオジロの姿をみることができますよ。

 

繁殖期を過ぎたホオジロは藪の中で過ごすことが多くなります。

周辺の枯れた草木の色と同化してしまい、見つけることはさらに困難に。

ホオジロを観察するのは繁殖期まででしょう。

 

 

進化してきたホオジロを楽しもう

 

かつてはカッコウの卵を知らずに育てていたホオジロ。

しかし、識別能力の向上とともに進化。

スズメとの違いに注意しながら聞きなしが珍しいホオジロを見つけてみましょう。


フォローして最新のペット・動物関連記事をチェック!



検索

カテゴリ一覧

大型哺乳類(4)
   カピバラ(2)
   ブタ(2)
中型哺乳類(357)
   猫/ネコ(155)
   犬/イヌ(202)
小型哺乳類/小動物(50)
   うさぎ(29)
   ハムスター(21)
鳥類(85)
   陸生鳥類(77)
   水生鳥類(8)
魚類/甲殻類/水生生物(43)
   海水魚/熱帯魚(23)
   淡水魚(20)
爬虫類(16)
   蛇/ヘビ(7)
   トカゲ(9)
両生類(9)
   ウーパールーパー(2)
   カエル(7)
虫/昆虫(8)
   カブトムシ/クワガタ(7)
   タランチュラ(1)
ペット/動物全般/コラム(24)
   ペットや動物と触れ合えるスポット(16)
   寄付/募金/殺処分(8)

タグ一覧

飼い方/飼育方法(625)
種類/品種(567)
繁殖/育成(499)
毛色/毛質(235)
性格/生態/特徴(482)
食事/餌/栄養(507)
病気/病院/治療(555)
しつけ(419)
トイレ(147)
おもちゃ(16)
選び方(471)
値段/価格(484)
ランキング/おすすめ(117)
口コミ/レビュー(150)
旅行/ホテル/レストラン(24)
寄付/募金(13)
おもしろペット(83)
飼育知識/豆知識(710)
画像/動画(120)
まとめ(723)

人気記事ランキング