logo

Top > 小型哺乳類/小動物 > うさぎ

ピーターラビット好き必見!ストーリー、家系図、グッズ、カフェなど丸ごと解剖






世代を越えて愛されている児童書「ピーターラビット」。
写実的ながらも愛らしい動物たちが活躍する絵本です。

特に、ピーターラビットは最も愛着を持たれたキャラクターであり、もはや知らない人はほとんどいないと言っても過言ではありませんよね。

そんな世界中から愛されている物語、ピーターラビットの世界を、このページでは丸ごとご紹介。
登場キャラクターからあらすじ、ぬいぐるみやマグカップなどのグッズ、ピーターラビットの世界観を感じられるカフェなど、あらゆる情報をお届けしていきます。

世界で愛されるピーターラビット。

その名を知らない人は、もはやいないのではないでしょうか。

私たちの日常にもピーターラビットのグッズは浸透していますね。

このページでは、私たちの周囲に溢れるピーターラビットについて見ていきましょう。

 

 

波乱万丈な生涯を送った作者 ビアトリクス・ポター

 

世界的な児童書となった「ピーターラビット」を執筆したビアトリクス・ポターが生まれたのは、19世紀のイギリス。

裕福で厳格な家庭に生まれた彼女でしたが、当時のイギリスの女性の地位の低さによりその人生は順風満帆とは言えませんでした。

 

その昔、19世紀のイギリスでは女性が社会で活躍することが「ありえないこと」とされていたのです。

絵本作家以外に菌類研究家や自然保護活動家、農婦としての顔を持つポターは、この風潮により、研究者として生きることは許されなかったのです。

研究家としての研究は大成功を収めるも、その発見は公にされることもなく、彼女の夢はついえてしまいます。

 

そんな彼女の元でピーターラビットが生まれたのは1893年。

ポターが、病気を患った友人息子・ノエル少年に宛てた絵手紙に描かれたうさぎが原型。

絵手紙が描かれた9月4日がピーターラビットの誕生日とされています。

 

ノエル少年は、いたずら好きのピーターがどうなるのかドキドキしながら手紙を待っていたのでしょう。

ビアトリクスは少年に送ったこのお話を絵本にしたいと考えますが、なかなか出版には至りませんでした。

そこで、1901年250部の自費出版。

 

翌年1902年には全ての絵に色を付け、フレデリック・ウォーン社から「ピーターラビットのおはなし」として刊行。

初版は予約のみで完売、2年足らずの間に5万部を超えるベストセラーに。

19世紀のイギリスの女性に2人といない、ベストセラー絵本作家となったのです。

 

 


お子さん用やギフトにぴったり!ピーターラビットの絵本

 

ご紹介してきた通り、ピーターラビットシリーズはたくさんのストーリーが存在します。

全ピーターラビットシリーズを読破すれば、動物たちの優しくかつ厳しい世界への理解がさらに深まるはず。

お子さんの情操教育だけでなく、大人の趣味としてもぴったり。

子どものいる家庭に喜ばれるプレゼントでもありますね。

世界中で訳されているため、語学勉強にもGOOD!

 

ピーターラビットシリーズセット

 

 

ピーターラビットのお話がひとつになったお得なセット。

お子さんにピーターラビットのお話全てを楽しんでもらうのにちょうど良いですね!

たくさんの動物たちと、さまざまな冒険の物語を楽しみましょう。

お子さんがいる家庭へのギフトにもぴったりの、キャラクターが散りばめられた美しい化粧ケース付き。

 

英語版ピーターラビット

 

 

お子さんの英語の導入に、ご自身の英語力アップにぴったりの英語版。

美しいクイーンズ・イングリッシュの本格的ピーターラビットの世界を楽しめます。

1pごとに熟語・単語の解説が出ているので、分かりやすくおすすめ。

楽しく英語力をアップしてくれるありがたい一冊です。

 

 

バレエ版ピーターラビットが秀逸!

 

theater

 

ピーターラビットはバレエ映画にもなっています。

英国ロイヤルバレエ団が、ピーターラビットをはじめとするビアトリクス・ポターのキャラクター達を再現した「ピーターラビットと仲間たち」。

精巧なマスクと衣装でピーターラビットの可愛さを存分に引き出しています。

動物らしい「もふもふ感」も健在。

本国イギリスで大ヒットし、バレエ作品としても高い評価がなされています。

以後は舞台作品として英国ロイヤルバレエ団の定番レパートリーとなっています。

 

日本では1978年に公開され、2003年にDVD化されました。

現在では廃盤となっているものの、英国ロイヤルバレエ団の日本公演でバレエ版ピーターラビットを楽しむことができます。

2017年には3月に東京で公演され、大成功を収めています。

ピーターラビットファンなら絶対に観ておきたいですね!

 

 


ピーターラビットのモデルとなったうさぎはネザーランドドワーフなの?

 

rabbit

 

時おり、ペットショップなどで見かける「ピーターラビットのモチーフとなったうさぎです!」のPOP。

世界最小のうさぎである ネザーランド・ドワーフ を紹介してピーターラビットを用いることが多いようです。

ポターはネザーランド・ドワーフをモチーフに絵本を描いたのでしょうか?

 

厳密に言えば、答えはNOです。

ネザーランド・ドワーフはもともと、オランダのアナウサギをアメリカで品種改良して生まれたうさぎ。

ポターが「ピーターラビット」を執筆・発表した当時には存在しない品種でした。

 

しかし、ピーターラビットの顔立ちや短い耳は、確かにネザーランド・ドワーフに似ています。

というのも、ピーターラビットはヨーロッパのアナウサギ。

ネザーランド・ドワーフは、アナウサギを品種改良して生まれた種類ですから、いわば先祖・子孫の関係です。

ピーターラビットの子孫なら、ネザーランド・ドワーフが似ているのは当然のこと。

似た容姿を持つことから、「ピーターラビットの元になったのはネザーランド・ドワーフだ」という噂が生まれたのかもしれませんね。

 

 

ピーターラビットのカフェが大人気

 

ピーターラビットは、世界的ベストセラー絵本として、日本人にもお馴染み。

大人になってもピーターラビットが大好きという人は多いものです。

ここでは、そんな大人におすすめな、ピーターラビットシリーズの世界と、英国らしさを追求した空間をご紹介しましょう。

 

ピーターラビットガーデンカフェ自由が丘本店

 

住所:〒152-0035 東京都目黒区自由が丘1-25-20自由が丘MYU 1F

営業時間:11:00~22:00

定休日:無休

問合せ先:03-3725-4118

 

英国らしいクラシカルモダンなカフェ。

ピーターラビットの世界に迷い込んだようなイングリッシュガーデンを再現したエントランスや優しい物語を思わせる雰囲気の店内が人気。

ピーターラビットのアートや絵本を見ながら、ピーターラビットにちなんだメニューが楽しめます。

ゆっくりとしたひと時を過ごしたい人におすすめの癒しスペース。

 

同系列のピーターラビットのカフェ、ピーターラビットカフェ 町田モディ店は、2016年12月25日に残念ながら営業を終了。

ピーターラビットカフェを楽しむなら、自由ヶ丘で。

 

 


ぬいぐるみにマグカップ…ピーターラビットのグッズを集めよう!

 

ピーターラビットファンならいくつでも持っておきたいグッズ。

ぬいぐるみやマグカップなど定番グッズを見ていきましょう。

 

・グッズが欲しいときはどこで買う?取り扱い店舗は?

 

ピーターラビットのグッズを手に入れるなら、1番手っ取り早いのが 公式オンラインショップ

日用品からアクセサリー、インテリアまで幅広いグッズを展開しています。

自宅でレアグッズの買い物ができるのは嬉しいですよね。

 

実物を手に取って買い物を楽しみたいという人は、前述したカフェや雑貨屋さんへどうぞ。

また、本年はビアトリクス・ポター生誕150周年ということで、ピーターラビット展を開催中(2017年7月〜9月3日)です。

展示会場である東京富士美術館にもたくさんのピーターラビットグッズが並びますよ。

 

ピーターラビット展 (東京富士美術館)

住所:〒192-0016 東京都八王子市谷野町492-1

営業時間:10:00 ~ 17:00(16:30受付終了)

問合せ先:042-691-4511

 

・おすすめぬいぐるみ

 

吉徳製ピーターラビットぬいぐるみ

 

 

江戸最古の人形老舗が手がけるピーターラビット。

しっかりしたつくりと世界観をリアルに演出したぬいぐるみのオルゴールです。

オルゴール曲は「ブラームスの子守唄」。

 

・おすすめ食器

 

Wedgwood ピーターラビット旧刻印プレート

 

 

ウェッジウッドの旧刻印入りの希少価値のあるプレート。

磁器老舗のウェッジウッドらしいしっかりした丈夫なプレートです。

ケーキ皿としてぴったりの大きさで、朝食やおやつどきに大活躍しそうなアイテム。

 

ピーターラビット 木箱入りマグ(ピーター&ベンジャミン)

 

 

山加商店のギフトにぴったりな木箱入りマグカップ。

しっかりしたつくりで普段使いにちょうど良い大きさと重さ。

ピーターラビットらしい色彩が可愛いアイテムです。

 

ピーターラビット ナチュラルボウル

 

 

山加商店より発売されているボウル。

優しい色合いで描かれた普段使いにもってこいのボウルです。

化粧箱入りでギフトにもおすすめの品。

朝食や一品料理の盛り付けに活躍する食器です。

 

 

まとめ

 

ピーターラビットについてたくさんのことを知っていただけたのではないでしょうか。

ピーターラビットは初発表から100年以上経った今も愛され続けている作品。

これからもずっと子どもにも大人にも愛されていくのでしょうね。

すでに私たちの日常の中で目にするピーターラビット、今後も可愛らしい姿を見せ続けてくれることでしょう。


フォローして最新のペット・動物関連記事をチェック!



検索

カテゴリ一覧

大型哺乳類(22)
   カピバラ(2)
   ブタ(3)
中型哺乳類(446)
   猫/ネコ(178)
   犬/イヌ(229)
   霊長類/類人猿/サル(9)
   モモンガ(2)
   フェネック(1)
小型哺乳類/小動物(80)
   うさぎ(36)
   ハムスター(21)
   ハリネズミ(7)
   モルモット(4)
   チンチラ(2)
鳥類(109)
   インコ(15)
   梟/フクロウ(9)
   文鳥(3)
魚類/甲殻類/水生生物(75)
   海水魚/熱帯魚(33)
   淡水魚(23)
爬虫類(34)
   蛇/ヘビ(9)
   トカゲ(9)
   カメ(6)
両生類(13)
   カエル(7)
   ウーパールーパー(2)
虫/昆虫(15)
   カブトムシ/クワガタ(10)
   タランチュラ(1)
ペット/動物全般/コラム(54)
   ペットや動物と触れ合えるスポット(18)
   寄付/募金/殺処分(6)

タグ一覧

飼い方/飼育方法(727)
種類/品種(634)
繁殖/育成(569)
毛色/毛質(253)
性格/生態/特徴(581)
食事/餌/栄養(583)
病気/病院/治療(620)
しつけ(459)
トイレ(153)
選び方(500)
値段/価格(534)
ランキング/おすすめ(130)
口コミ/レビュー(163)
旅行/ホテル/レストラン(24)
寄付/募金/保護活動(14)
おもしろペット/珍ペット(94)
飼育知識/豆知識(825)
画像/動画(120)
まとめ(836)

人気記事ランキング