logo

Top > 中型哺乳類 > 猫/ネコ > 猫の種類

ベンガル猫の柄の種類、性格、値段、飼い方






ベンガル猫は、何と言ってもヒョウ柄の毛並みが特徴的な猫ちゃんです。

その見た目に魅了されて、ベンガル猫をペットにしたいと思う方も多いことでしょう。
しかし、事前に特徴や飼い方を押さえ、十分に知識を蓄えておいて頂きたいと思っています。

本記事では、ベンガル猫をペットにするなら知っておきたい特徴や飼い方をまとめ、
ベンガル猫をペットにしたい!という方が一人でも増えれば幸いです。

公認されているものだけでも50種類はいると言われている  猫の種類  。

その中でも、今回はベンガル猫にフォーカスを当ててご紹介していきます。

 

 

ベンガル猫をペットにするなら知っておきたいコト:値段は?

 

ベンガル猫をペットショップで購入する場合は、およそ15万円程度です。

値段は柄によって変動することが多く、幅は10万円から40万円ほどにもなります。

 

ベンガル猫は近年注目されるようになっており、ブリーダーも増えてきていますので、

入念にブリーダーをあたれば、安くて8万円程度で購入することもできるでしょう。

 

 

ベンガル猫をペットにするなら知っておきたいコト:柄の種類は?

 

ベンガル猫の魅力の一つは、ヒョウ柄の美しい毛並みですが、

その毛並みの模様には大きく二種類あります。

 

 

ベンガル猫の模様①:ロゼット

 

ロゼットとは、本物のヒョウ柄に近いような綺麗な斑点のことを指します。

2色以上のカラーが合わさっているマーブル模様が特徴的です。

 

すべてのブリーダーは、この綺麗な斑点を作るために繁殖を心掛けたりしています。

 

ベンガル猫:ロゼット

 

ベンガル猫の模様②:グリッター

 

グリッターとは、光輝く毛質を持っていることを指します。

そのキラキラと光輝く様は、見るものを魅了し、質感はシルクのような肌触りで最高です。

 

ベンガル猫:グリッター

 

ベンガル猫の模様おまけ:シルバー

 

中にはシルバーの毛色を持ったベンガル猫もいます。

まるでホワイトタイガーのような美しさですね。

 

ベンガル猫:シルバー

 


ベンガル猫をペットにするなら知っておきたいコト:寿命は?

 

ベンガル猫の寿命はおおよそ12歳から15歳程度と言われています。

通常の猫の平均年齢は15歳前後ですので、それとあまり差はないですね。

 

飼育環境を整えて、丁寧に扱っていれば猫の平均寿命よりも長生きする品種です。

 

 

ベンガル猫をペットにするなら知っておきたいコト:大きさについて

 

ベンガル猫は、猫の種類の中でもやや大き目の品種です。

 

ベンガル猫の体重は男の子で5kgから8kg、女の子で3kgから6kgほどになります。

猫の平均体重である4kgをやや超えていますね。

 

運動が大好きで動き回る子が多いので、基本的には肥満になることはないと思います。

その分、ベンガル猫が遊びまわれるようなスペースは確保しておくようにしましょう。

 

 


ベンガル猫をペットにするなら知っておきたいコト:特徴

 

驚く方が多いと思いますが、見た目のワイルドさとは裏腹に、意外と落ち着いています。

気性が荒いと思われがちですがそんなことはなく、温厚でお子さんがいたとしてもそこまで心配はありません。

 

また、先述していますがベンガル猫はとにかく遊び好きな猫ちゃんです。

温厚で危害を加えることは少ないですが、じっとしているタイプではありません。

 

壁によじ登るベンガル猫

 

運動神経も良いため、広いスペースよりかは、出来るだけ部屋に高さを用意してあげることが大切です。

高めのキャットタワーを購入することも、ベンガル猫の遊ぶスペース確保のためには重要かもしれません。

 

猫の種類の中では極めて珍しく、水遊びが好きな子も多いので、

たまには水遊びを一緒にしてあげてみてはいかがでしょうか。

 

 

ベンガル猫をペットにするなら知っておきたいコト:性格は?

 

人懐っこくフレンドリーです。

飼い主以外にも興味を示したり、社交的な一面も兼ね備えています。

 

五匹のベンガル猫の赤ちゃん

 

自立心が芽生えるのも早く、環境に適さないとストレスを溜めてしまう恐れがあります。

そのため、先にも記載したように、ベンガル猫のために十分なスペースを取ってあげてください。

 

 


ベンガル猫をペットにするなら知っておきたいコト:かかりやすい病気は?

 

ベンガル猫は野生の血を多く引いているせいか、病気には強いタイプの猫です。

そのため、突然病気にかかって動物病院での検診の回数は、他の猫に比べ極端に少ないと思います。

 

しかし、ペットにするには広くて高めのスペースを用意してあげないといけないため、

それが叶わなかったときにベンガル猫が抱えるストレスは大きなものとなってしまいます。

 

そのストレスが原因で、脱毛症になってしまったり膀胱炎になってしまうケースも考えられますので、

本当に、遊ぶスペースの確保だけ第一優先でやってあげるようにしましょう!

 

また、飼い主の方ができるだけ時間をかけて一緒に遊んであげることが重要です。

運動不足にはなり辛い猫ですが、精神的健康を保つためにも意識してあげてください。

 

 

ベンガル猫はとにかく遊び好きで人懐っこい猫ちゃんです!

ヒョウ柄でシルクのような肌触りの毛並みには虜になる人が続出すると思います。

遊ぶためのスペースだけ確保してあげた上で、是非とも家族の一員にしてあげてください。


フォローして最新のペット・動物関連記事をチェック!



検索

カテゴリ一覧

大型哺乳類(18)
   カピバラ(2)
   ブタ(3)
中型哺乳類(426)
   猫/ネコ(171)
   犬/イヌ(217)
   モモンガ(2)
   フェネック(1)
小型哺乳類/小動物(74)
   うさぎ(31)
   ハムスター(21)
   ハリネズミ(7)
   モルモット(3)
   チンチラ(2)
鳥類(96)
   陸地に棲む鳥(83)
   水辺に棲む鳥(9)
魚類/甲殻類/水生生物(64)
   海水魚/熱帯魚(23)
   淡水魚(22)
爬虫類(30)
   蛇/ヘビ(7)
   トカゲ(9)
   カメ(5)
両生類(13)
   カエル(7)
   ウーパールーパー(2)
虫/昆虫(12)
   カブトムシ/クワガタ(7)
   タランチュラ(1)
ペット/動物全般/コラム(50)
   ペットや動物と触れ合えるスポット(16)
   寄付/募金/殺処分(6)

タグ一覧

飼い方/飼育方法(669)
種類/品種(589)
繁殖/育成(530)
毛色/毛質(243)
性格/生態/特徴(525)
食事/餌/栄養(539)
病気/病院/治療(587)
しつけ(439)
トイレ(149)
選び方(488)
値段/価格(498)
ランキング/おすすめ(122)
口コミ/レビュー(157)
旅行/ホテル/レストラン(24)
寄付/募金/保護活動(13)
おもしろペット(86)
飼育知識/豆知識(760)
画像/動画(120)
まとめ(772)

人気記事ランキング