logo

Top > 中型哺乳類 > 犬/イヌ > 犬の種類

イギリス生まれの元闘犬「スタッフォードシャー・ブル・テリア」の歴史や特徴、飼い方を解説






あなたはイギリス生まれの中型犬、「スタッフォードシャー・ブル・テリア」を知っていますか?
彼らは少し強面ですが、穏やかで優しく、人好きでチャーミングという家庭犬に向いた性格を持つ犬種です。

しかし、彼らはもともと闘犬として、牛や犬と命を懸けて戦うことを生業にしていました。
そのため、愛らしい性格をしているものの、その独特の性質から誰にでも飼える犬種とは言えません。

本記事では、そんなスタッフォードシャー・ブル・テリアの魅力や飼い方について解説していきます。

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、臨時休業あるいは営業時間の変更等の措置を取っている店舗・施設がございます。


お出かけ前に、店舗・施設の公式HPやSNS等で最新情報のご確認をお願い致します。


【目次】イギリス生まれの元闘犬「スタッフォードシャー・ブル・テリア」の歴史や特徴、飼い方を解説

 

スタッフォードシャー・ブル・テリアの特徴

スタッフォードシャー・ブル・テリアの歴史

スタッフォードシャー・ブル・テリアとアメリカン・ピット・ブル・テリア(ピット・ブル)との違い

スタッフォードシャー・ブル・テリアの大きさ

スタッフォードシャー・ブル・テリアのカラー(毛色)

スタッフォードシャー・ブル・テリアの性格

スタッフォードシャー・ブル・テリアの寿命

スタッフォードシャー・ブル・テリアのまとめ

スタッフォードシャー・ブル・テリアはこんな人におすすめ

1. 犬の飼育経験が豊富な方

2. 室内飼いできる方

スタッフォードシャー・ブル・テリアのお迎えについて

1. スタッフォードシャー・ブル・テリアのお迎え方法

2. スタッフォードシャー・ブル・テリアの値段

スタッフォードシャー・ブル・テリアの飼い方

1. ドッグフード(エサ)について

2. ブラッシングについて

3. シャンプーについて

4. 運動について

5. しつけについて

スタッフォードシャー・ブル・テリアに多い病気

スタッフォードシャー・ブル・テリアを飼うときの注意点

さいごに

 

 


スタッフォードシャー・ブル・テリアの特徴

 

 

スタッフォードシャー・ブル・テリアの特徴は、筋肉質でバランスの取れた体型です。

 

外見は骨太でどっしりとしていますが、とても活動的で動きも俊敏です。

大きさは中型犬に分類されますが、その体にはサイズに見合わない強力なパワーが秘められています。

 

被毛は艶やかなスムースコートで、体に密着するように生えています。

耳は耳の途中から折れ曲がる半立ち耳で、尻尾は垂れていて飾り毛は生えません。

 

スタッフォードシャー・ブル・テリアの歴史

 

 

スタッフォードシャー・ブル・テリアはイギリス原産で、300年ほど前から存在していたと考えられています。

 

18~19世紀のイギリスでは動物を戦わせる娯楽、いわゆる 「ブラッドスポーツ」 が流行していました。

当初は犬にネズミ殺させる「ネズミ殺しゲーム」が人気でしたが、いつしかその人気は犬同士を戦わせる「闘犬」(犬と牛を戦わせる「牛いじめ」、犬と熊を戦わせる「熊いじめ」などを含む)へと移り変わっていきました。

 

闘犬に向く犬を作る流れの中で誕生した犬種の1つが、スタッフォードシャー・ブル・テリアです。

スムース・フォックス・テリアやホワイト・イングリッシュ・テリア(絶滅種)、そしてブルドッグなどを交配して作られた初期のスタッフォードシャー・ブル・テリアたちは気性が激しく、犬という犬に飛び掛かっては命懸けで戦い抜く苛烈さを持っていたそうです。

 

しかし1835年になると、動物愛護の精神から法律で闘犬を含む動物への残虐な行為が禁止されました。

その後も闘犬は秘密裏に続けられていたものの、闘犬としての仕事を失ったスタッフォードシャー・ブル・テリアの飼育頭数は減少し、愛好家の間で飼育されるのみとなってしまいました。

 

愛好家は彼らに家庭犬としての道を与えようと、外見も性質も優しくなるように改良していきました。

その結果、今や彼らは原産国イギリスではトップクラスの人気を誇る家庭犬となっています。

 

スタッフォードシャー・ブル・テリアとアメリカン・ピット・ブル・テリア(ピット・ブル)との違い

 

鼻がピンクのピットブル
ピットブル

 

闘犬と聞くと、有名な犬種 ピットブル を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

本記事の主人公スタッフォードシャー・ブル・テリアとピットブルは外見が似ていますが、どのような違いがあるのでしょうか。

 

実はスタッフォードシャー・ブル・テリアは、ピットブルの祖先にあたる犬種です。

スタッフォードシャー・ブル・テリアを元に、闘争心の強いテリアや闘犬としての気質が強い ブルドッグ を交配させて作られた犬種がピットブルという訳です。

 

アメスタフィー
アメリカン・スタッフォードシャー・テリア

 

なお、ピットブルと似た犬には アメリカン・スタッフォードシャー・テリア という犬種もいます。

アメリカン・スタッフォードシャー・テリアとピットブルの祖先は同じですが、アメリカン・スタッフォードシャー・テリアは気性の荒さを抑え家庭犬に向くように改良された犬種であり、ピットブルは闘犬としての気質を残した犬種という違いがあります。

 

しかし、現在はピットブルでも家庭犬に向くように改良された“アメリカンブリー”と呼ばれる種類も見られます。

 

スタッフォードシャー・ブル・テリアの大きさ

 

飼い主を見上げるスタッフィー

 

スタッフォードシャー・ブル・テリアの体高は、性別を問わず35.5~40.5cmが理想とされています。

体重はオスで12.97~17kgほど、メスで11~15.4kgほどと、オスの方がやや大きくなる傾向にあります。

 

スタッフォードシャー・ブル・テリアのカラー(毛色)

 

4頭のスタッフィー

 

スタッフォードシャー・ブル・テリアのカラーは、レッド、フォーン、ホワイト、ブラック、ブルー、ブリンドルが認められています。

これらのカラーを基本に、白い斑が入ることもあります。

 

スタッフォードシャー・ブル・テリアの性格

 

笑っているような黒いスタッフィー

 

スタッフォードシャー・ブル・テリアは優しく穏やかで、愛情深い性格をしています。

 

人や子どもが大好きでとても友好的、かつ飼い主に対する強い忠誠心を持っています。

しかし、テリアの仲間らしく頑固な一面も持ち合わせています。

 

スタッフォードシャー・ブル・テリアの寿命

 

パーティーハットをかぶったスタッフィー

 

諸説がありますが、スタッフォードシャー・ブル・テリアの寿命は12~14年ほどといわれています。

 

スタッフォードシャー・ブル・テリアのまとめ

 

英名:Staffordshire Bull Terrier

別名:スタッフィー

原産国:イギリス

サイズ:中型犬

グループ:3G・テリア

大きさ:

体高・性別を問わず35.5~40.5cm
体重・オスで12.97~17kgほど、メスで11~15.4kg

寿命:12~14年ほど

 

 

スタッフォードシャー・ブル・テリアはこんな人におすすめ

 

見上げる茶色のスタッフィー

 

次にスタッフォードシャー・ブル・テリアをおすすめしたい人、スタッフォードシャー・ブル・テリアとの暮らしに向いている人について説明していきます。

 

1.  犬の飼育経験が豊富な方

 

 

スタッフォードシャー・ブル・テリアは、かつて命を懸けた死闘を繰り広げていた闘犬です。

 

そんな彼らは温和で愛情深く、友好的な性格ですが、とても強い力を持っています。

彼らは遊んでいるつもりでも、力加減を間違えれば人間や犬に大怪我をさせてしまうこともあります。

 

彼らと暮らす際は多少のことでは動じず、また飼い主の指示を常に聞く状態にしておく必要があります。

適切なしつけが欠かせませんが、闘犬の本能を抑えつつ正しくしつけるのは簡単なことではありません。

 

そのため、スタッフォードシャー・ブル・テリアは犬の飼育経験が豊富な方に向く犬種だといえます。

 

2.  室内飼いできる方

 

室内にいるスタッフィー

 

スタッフォードシャー・ブル・テリアの被毛は、ツヤツヤとした短毛のスムースコートです。

 

彼らの被毛は抜け毛が少なく手入れの手間もかかりませんが、その分寒さには強くありません。

冬場は室内で飼育し、また散歩の際は洋服を着せるなど防寒対策をする必要があります。

 

そんなスタッフォードシャー・ブル・テリアは、室内飼いできる方に向く犬種だといえます。

 

 


スタッフォードシャー・ブル・テリアのお迎えについて

 

ブランケットとスタッフィーの茶色い子犬

 

次の項目では、スタッフォードシャー・ブル・テリアのお迎え方法や価格について見ていきましょう。

 

1. スタッフォードシャー・ブル・テリアのお迎え方法

 

落ち葉とスタッフィーの子犬

 

スタッフォードシャー・ブル・テリアは、ブリーダーやペットショップから購入できます。

 

スタッフォードシャー・ブル・テリアは日本国内では珍しく、ブリーダーの数が少ない犬種です。

お迎えを検討している場合は事前にブリーダーを探し、子犬や出産予定などの情報を確認しておきましょう。

 

どうしても国内で購入できない場合は、海外ブリーダーからの輸入を検討するのも1つの手段です。

動物を輸入する際は様々な法律の確認や資料のやり取りが必要となるため、自力での対応が難しい場合は、動物の輸出入に強い動物商やペットショップの力を借りると良いでしょう。

 

なお、何らかの事情(飼い主の病気や飼育崩壊など)があり、里親を探している個体がいるかもしれません。

スタッフォードシャー・ブル・テリアを飼いたいと考えている方は、里親募集サイトをチェックしてみても良いでしょう。

 

2. スタッフォードシャー・ブル・テリアの値段

 

芝生に伏せる茶色いスタッフィーの子犬

 

スタッフォードシャー・ブル・テリアの価格は、 1 頭あたり20~40万円ほどです。

これはあくまで概算であり、カラーや性別、血統によって価格が大幅に前後する可能性があります。

 

 

スタッフォードシャー・ブル・テリアの飼い方

 

右を向いて座る黒いスタッフィー

 

次の項目ではスタッフォードシャー・ブル・テリアの飼い方と、そのポイントについて説明していきます。

 

1.  ドッグフード(エサ)について

 

 

スタッフォードシャー・ブル・テリアの主食には、品質の良い総合栄養食のドッグフードを与えましょう。

 

ドッグフードは犬の成長や健康状態に合わせ、信頼できるメーカーのものを選びましょう。

おやつはしつけや訓練に役立ちますが、与えすぎると肥満の原因になるため与える量に注意してください。

 

与えるフードの種類や量について悩んだ時は、ブリーダーや動物病院に相談すると良いです。

 

2.  ブラッシングについて

 

 

スタッフォードシャー・ブル・テリアのブラッシングは、週に1~2回程度行いましょう。

 

彼らの被毛は短毛のシングルコートで、抜け毛は少なめです。

獣毛ブラシや手袋状のブラシ(グローブブラシ)を使い、コミュニケーションを取りながらブラッシングすると良いでしょう。

 

ブラッシングをする時は同時に目や耳の周り、爪の長さなどもチェックしましょう。

そして汚れがあればコットンや濡れタオルで拭い、定期的に爪切りをするようにしてください。

 

3.  シャンプーについて

 

シャワーを浴びるスタッフィー

 

スタッフォードシャー・ブル・テリア のシャンプーは、月に1回を目安に行いましょう。

 

彼らの被毛はスムースコートなので、濡れタオルで拭うだけでもある程度汚れが取れます。

しかし、汚れと体臭を落としつつ皮膚の病気を防ぐためにも、定期的にシャンプーをしてあげてください。

 

4.  運動について

 

服を着たスタッフィー

 

スタッフォードシャー・ブル・テリア の散歩は 1 回30分以上、1日2回行くと良いでしょう。

 

そして毎日の散歩に加え、頭を使う遊びやスポーツを取り入れることをおすすめします。

定期的に運動をさせて、有り余ったエネルギーやストレスを発散させてあげてください。

 

なお、彼らは非常に賢いため、アジリティやオビディエンスなどのドッグスポーツにも向いています。

 

5.  しつけについて

 

 

スタッフォードシャー・ブル・テリアは非常に賢く飼い主に忠実ですが、しつけは簡単とは言えません。

なぜなら彼らはテリアらしい頑固な面を持ち合わせているうえ、ケンカ(戦うこと)は楽しいと感じる闘犬の気質を持っているからです。

 

一度犬とのケンカを覚えるとすぐ他の犬にケンカを売るクセがつき、矯正することが難しくなります。

そういった事態を防ぐためにも、子犬の頃から一貫したしつけを行うことがとても大切です。

人間と生活するうえで必要なルールを学ぶことはもちろん、常にそのルールに従わなければならないということをしっかりと学ばせていきましょう。

 

どうしてもしつけが上手くいかない時は、プロの訓練士の力を借りることをおすすめします。

 

 


スタッフォードシャー・ブル・テリアに多い病気

 

歯磨きをするスタッフィー

 

スタッフォードシャー・ブル・テリアの遺伝病としては、 「若年性白内障」 「股関節形成不全」 などが知られています。

 

遺伝病はブリーディングの段階で避けられるものが多いため、犬を大切に考えるブリーダーは先天性の病気を避け、かつ荒い気質を持たないように配慮したブリーディングを行います。

そのため、闘犬の子犬を迎えるブリーダーに関しては、特に慎重になって選ぶことをおすすめします。

 

また、彼らは耳や目の病気になりやすいので、小さなうちから耳掃除を習慣にしておくと良いでしょう。

病気を早期発見・治療できるようにかかりつけの動物病院を作り、定期的に健康診断を受けることも大切です。

 

 

スタッフォードシャー・ブル・テリアを飼うときの注意点

 

川にいるスタッフィー

 

スタッフォードシャー・ブル・テリアを飼いたい方は、闘犬種の性質について良く学んでください。

そして、もともと闘犬である彼らの気質を理解し、きちんとしつけができるか良く考えたうえで迎えるかどうか判断してください。

 

 


さいごに

 

 

イギリス生まれの犬種、 「スタッフォードシャー・ブル・テリア」 について説明してきました。

彼らがもともと闘犬であり、その性質から誰にでも飼える犬種ではないことが伝わったでしょうか。

 

スタッフォードシャー・ブル・テリアは日本国内では珍しいものの、熱心な愛好家がいる犬種の1つです。

日本国内で純血犬種の登録や保護を行っている愛犬団体・ジャパンケネルクラブの2019年(1月~12月)犬種別犬籍登録頭数を見てみると、43頭(142犬種中78位)の新規登録が行われています。

 

スタッフォードシャー・ブル・テリアと一緒に暮らす際は、しっかりとしつけをしてください。

適切なしつけを受けたスタッフォードシャー・ブル・テリアは愛情深いその性格と賢さを生かして、素晴らしい家族の一員になってくれることでしょう。


フォローして最新のペット・動物関連記事をチェック!



検索

カテゴリ一覧

大型哺乳類(23)
   カピバラ(2)
   ブタ(3)
中型哺乳類(544)
   猫/ネコ(213)
   犬/イヌ(286)
   霊長類/類人猿/サル(12)
   モモンガ(3)
   フェネック(1)
小型哺乳類/小動物(100)
   うさぎ(44)
   ハムスター(23)
   ハリネズミ(7)
   モルモット(8)
   チンチラ(2)
鳥類(120)
   インコ(21)
   梟/フクロウ(10)
   文鳥(3)
魚類/甲殻類/水生生物(76)
   海水魚/熱帯魚(32)
   淡水魚(23)
爬虫類(41)
   蛇/ヘビ(9)
   トカゲ(10)
   カメ(10)
両生類(13)
   カエル(7)
   ウーパールーパー(2)
虫/昆虫(17)
   カブトムシ/クワガタ(10)
   タランチュラ(1)
ペット/動物全般/コラム(64)
   ペットや動物と触れ合えるスポット(24)
   寄付/募金/殺処分(6)

タグ一覧

飼い方/飼育方法(841)
種類/品種(716)
繁殖/育成(594)
毛色/毛質(299)
性格/生態/特徴(662)
食事/餌/栄養(656)
病気/病院/治療(672)
しつけ(464)
トイレ(154)
選び方(509)
値段/価格(583)
ランキング/おすすめ(142)
口コミ/レビュー(164)
旅行/ホテル/レストラン(24)
寄付/募金/保護活動(14)
おもしろペット/珍ペット(99)
飼育知識/豆知識(957)
画像/動画(127)
まとめ(858)

人気記事ランキング