logo

Top > 中型哺乳類 > 犬/イヌ > 犬の飼い方/豆知識

犬が足を舐めているのはなぜ?犬が足を舐める理由とその対処法について






愛犬が時々足を舐めているのを見たことがありませんか?
たまにであれば良いのですが、頻度が多かったり、必死になって足を舐めている姿を見ると心配になりますよね。

一体、犬が足舐めをする理由は何なのでしょうか。
また、足を舐める時はどのように対処したら良いのでしょうか。

本記事では、犬が足を舐める時に考えられる理由から対処法までご紹介します。

【目次】犬が足を舐めているのはなぜ?犬が足を舐める理由とその対処法について

 

1ページ目 :

 

犬が足を舐める理由は?

身体的要因1. アレルギー

身体的要因2. 指間皮膚炎

身体的要因3. 病気

精神的要因1. ストレス

精神的要因2. 構って欲しい

精神的要因3. 暇つぶし

最後に

 


犬が足を舐める理由は?

 

inu

 

犬が足舐めをする場合は様々な要因が考えられますが、主に身体的要因と精神的要因に分けられます。

 

身体的要因は、身体の原因を対処してあげる必要があります。

また、精神的要因は、飼い主さんとのコミュニケーションの改善が必要になってきます。

 

いずれにせよ早く気付いて対処していくことが重要になりますので、これからそれぞれの具体的な要因についてご紹介します。

 

身体的要因1. アレルギー

 

dog

 

犬が足舐めする理由の一つとして アレルギー が考えられます。

アレルギーは食事が原因となるものや、花粉や植物・ハウスダストなど生活環境に起因するものがあります。

 

また、アレルギーの場合は、手足だけを痒がるのではなく、身体全体に症状が出ることが多いため、顔・背中・お腹など他の部位も痒がり、酷くなると自身で毛をむしったり噛んだりしてしまうこともあります。

悪化すると脱毛して皮膚がむき出しになったり、出血することもあります。

 

犬の足舐めが足だけではなく、他の部位にも見られるかどうかが一つのポイントとなります。

 

対処法

 

アレルギーの場合は、その原因を取り除くことで犬の足舐めを防ぐことができます。

食事やおやつを新しい種類のものに替えたタイミングで症状が見られた場合や、季節性が見られた場合は、アレルギーが原因となっている可能性があります。

 

新しいものを与える際は、その後の様子を注意深く観察してあげると良いでしょう。

ただし、アレルギーの原因や対処を素人が勝手に判断するのは危険ですので、症状が現れた場合は、まずは行きつけの動物病院を受診してください。

 

身体的要因2. 指間皮膚炎

 

dog

 

次にあげられる原因の一つが指間皮膚炎です。

これは、犬の肉球に炎症が起きてしまうものです。

肉球の指の間や隙間に炎症が起こり、かゆみが出るので、犬が気になって患部を舐めたり噛んでしまいます。

 

指間皮膚炎は、患部を舐めたり噛んだりする頻度が多いと、そこから菌が繁殖してさらに悪化するという悪循環に陥ってしまいます。

 

見た目の特徴として、炎症が起こった部位は赤くなって腫れ上がります。

犬が必死に足舐めをしている場合で、足だけを気にしていて指や肉球の隙間が赤いなどの症状がある際は、指間皮膚炎の可能性が考えられます。

 

対処法

 

指間皮膚炎の要因は様々ですが、主な原因は以下の通りです。

 

  • 常在菌の繁殖による細菌性皮膚炎
  • 散歩中やトリミングなどでできた小さな傷
  • 炎天下のアルファルトの上でのお散歩による皮膚のやけど
  • 犬が足舐めや足を噛むことによる持続的な刺激

 

筆者の愛犬も以前指間皮膚炎になったことがあり、この病気はとても治りづらく繰り返してしまうのも特徴なので、痒がっている姿を見るのはとても辛かったです。

まずは、定期的に犬の足裏の状態を観察してあげてください。

 

また、夏の暑い時期は涼しい時間帯に散歩に行くなどして原因を少しても減らしてあげましょう。

それでも発症してしまった場合は、繰り返さないためになるべく早く見つけ、早期に対処してあげることが大切です。

 

炎症が見られる場合はなるべく早く動物病院へ連れて行きましょう。

 

身体的要因3. 病気

 

dog

 

犬の足舐めにおいて最も怖いのが 病気 に起因するものです。

足舐めくらいなら大したことないと考えてしまう方もいるかもしれませんが、実は大きな病気の兆候の場合もあります。

 

具体的には下記が挙げられます。

 

  • 椎間板ヘルニア
  • 関節炎
  • リウマチ様関節炎
  • 脊髄の病気による神経症状

 

椎間板ヘルニア

 

犬の背骨部分には、脊髄と呼ばれる神経の束があります。

脊髄は、脳の指令を体全体や四肢に伝達したり、反対に体で感じる感覚を脳に送る役割があります。

 

脊椎の間を結びつけているのが椎間板です。

この椎間板の内部にゼリー状の髄核があり、脊椎のクッションのような役割をもち、通常は脊椎への衝撃を吸収してくれます。

 

しかし、椎間板や髄核が飛び出て脊髄を圧迫してしまうのが椎間板ヘルニアです。

脊髄への直接的・物理的に強い圧迫が生じるため、ひどい痛みが伴います。

 

椎間板ヘルニアには、首と背中の2パターンがあり、それぞれ症状も異なります。

どちらも最初は痛みから始まり、悪化すると歩行障害や麻痺に繋がるとても怖い病気です。

 

関節炎

 

関節とは骨と骨の間にあり、この関節があるおかげで足や体などを曲げることができます。

 

関節の表面は軟骨で覆われ、関節への衝撃を和らげる機能を持っています。

この関節部分に炎症が起こる病気です。

 

原因は、加齢や遺伝、体重増加による関節への負担、外傷など様々です。

散歩に行きたがらない、家の中でも動かなくなった、ソファーや段差を嫌がるようになった、体を触ると嫌がるなどの症状が見られます。

 

リウマチ様関節炎

 

免疫の異常が原因で発症する免疫介在性関節炎(膠原病)です。

関節の腫れや破壊によるひどい痛みや歩行障害、身体のこわばりなどが主な症状です。

 

脊髄梗塞

 

脊髄の中にある血管が詰まってしまう病気です。

血管が詰まると脊髄に十分な栄養を送ることができず、体に指令を送っている脊髄を圧迫するために麻痺を引き起こす病気です。

具体的な症状として、痛みのない歩行障害、立つことができない、前足や後ろ足が動かせない、肢の痺れなどが挙げられます。

 

対処法

 

上記で取り上げた病気の症状の一つとして、犬の足舐めが見られる場合があります。

もちろん、犬が足舐めしたからといってすぐさま病気を疑う必要はありませんが、他にも該当する症状や異変が見られた場合や、気になることがある際は、まずはかかりつけの動物病院に相談してください。

 

精神的要因1. ストレス

 

dog

 

犬の足舐めの原因として ストレス があげられます。

 

犬も人間同様に日々ストレスを感じて生活しています。

特に犬は私たち人間の生活に合わせている子が多いため、その分ストレスも溜まりやすいかもしれません。

 

例えば、下記は犬に大きなストレスを与えます。

 

  • お散歩の時間が不足している
  • 留守番の時間が長い
  • 家の中での遊ぶ時間が短い
  • 飼い主さんとのコミュニケーション不足

 

犬は元々群れで生活する動物なので、飼い主である人間と一緒に過ごす時間が何よりも幸せです。

しかし、反対に大好きな飼い主との時間が少ないとストレスを感じやすいです。

そのようなストレスから犬は足を舐めることがあります。

 

対処法

 

十分な散歩と飼い主とのコミュニケーションは犬のストレスを軽減 します。

時間に余裕がある時は ドッグラン に遊びにいっても良いでしょう。

 

もし天候などの理由によって外にいけない場合は、室内でボール遊びをしてあげたり、日頃からよく話しかけてあげたりと構ってあげましょう。

運動をたくさんすると家でも疲れて寝てしまうので、お留守番も上手にすることができます。

 

精神的要因2. 構って欲しい

 

dog

 

犬の足舐めは 飼い主に構って欲しいという欲求から 起こることもあります。

 

  • 飼い主さんが忙しくて構ってくれない
  • 屋外で飼われていたり、ケージの中にいる時間が多く、ひとりぼっちの時間が多い

 

このように日頃不安がある中で、普段なかなか構ってくれない飼い主さんが、足舐めをしている時に心配そうに声をかけてくれたことを覚えていて、足舐めをすると構ってもらえると誤った認識をしてしまいます。

大好きな飼い主さんに心配してほしくて足舐めをすることがあります。

 

対処法

 

このような場合の足舐めの見分け方の一つとして 「飼い主がいない場合でも足舐めをするか」 がポイントとなります。

飼い主の前ではよく足舐めをするのに、飼い主が見ていない時は全くそんな素振りを見せないのであれば、構って欲しい欲求からこのような行動を取っている可能性があります。

 

この場合は、飼い主が心配して構えば構うほど悪化してしまいます。

根本的には、飼い主さんともっとコミュニケーションを取りたいという気持ちから来ていますので、まずは愛犬と触れ合う時間を増やしてあげましょう。

 

ただし、足舐めをしている最中に構ってしまうともっと構って欲しくて足舐めが悪化するので、足舐めをしていない時を見計らって積極的にコミュニケーションを取ってください。

 

精神的要因3. 暇つぶし

 

dog

 

これは、人間でいう貧乏ゆすりのようなもので、犬が暇でなんとなく足舐めを始めたのがいつのまにか癖になってしまっているパターンです。

ご飯を食べたあと、なんとなく暇だからやっている、することがないからやってみるといった感じです。

 

しかし、これが癖になってしまうと前述の指間炎に繋がることもあるので、なるべく早めにやめさせてあげることが大切です。

 

対処法

 

この場合は 癖づけさせない、暇な時間を多く与えない ことが重要です。

 

足舐めを始めた場合は、他のことに注意を向けさせてください。(足舐め=飼い主が構ってくれるとならないように注意)

日中、十分な散歩やおもちゃ遊びなどのコミュニケーションをとって疲れさせるなどして、暇つぶしによる足舐めを防ぎましょう。

 

 

最後に

 

dog

 

犬の足舐めについて身体的要因と精神的要因の2つをご紹介しました。

どちらの要因だとしても、まずは飼い主さんか愛犬が足舐めしていることに気付き、獣医師などの専門家と相談しながらなるべく早く対処してあげることが重要です。

 

犬は言葉を発することができないので、自分で「かゆい」「痛い」「不安」と伝えることが難しいです。

飼い主さんが積極的に普段から愛犬の身体と触れ合って気にかけてあげるようにしましょう。


フォローして最新のペット・動物関連記事をチェック!



検索

カテゴリ一覧

大型哺乳類(23)
   カピバラ(2)
   ブタ(3)
中型哺乳類(479)
   猫/ネコ(192)
   犬/イヌ(245)
   霊長類/類人猿/サル(9)
   モモンガ(3)
   フェネック(1)
小型哺乳類/小動物(93)
   うさぎ(43)
   ハムスター(23)
   ハリネズミ(7)
   モルモット(5)
   チンチラ(2)
鳥類(116)
   インコ(19)
   梟/フクロウ(9)
   文鳥(3)
魚類/甲殻類/水生生物(76)
   海水魚/熱帯魚(32)
   淡水魚(23)
爬虫類(38)
   蛇/ヘビ(9)
   トカゲ(10)
   カメ(8)
両生類(13)
   カエル(7)
   ウーパールーパー(2)
虫/昆虫(17)
   カブトムシ/クワガタ(10)
   タランチュラ(1)
ペット/動物全般/コラム(61)
   ペットや動物と触れ合えるスポット(22)
   寄付/募金/殺処分(6)

タグ一覧

飼い方/飼育方法(774)
種類/品種(664)
繁殖/育成(583)
毛色/毛質(257)
性格/生態/特徴(616)
食事/餌/栄養(612)
病気/病院/治療(638)
しつけ(466)
トイレ(154)
選び方(506)
値段/価格(543)
ランキング/おすすめ(138)
口コミ/レビュー(165)
旅行/ホテル/レストラン(24)
寄付/募金/保護活動(14)
おもしろペット/珍ペット(99)
飼育知識/豆知識(882)
画像/動画(127)
まとめ(853)

人気記事ランキング