logo

Top > 爬虫類 > トカゲ > トカゲの種類/飼い方/豆知識

まるでビール腹!?ぽってりとしたお腹とトゲトゲの尻尾を持った「トゲオアガマ」の生態や飼い方を解説






まんまるの腹部にトゲが生えたしっぽを持つ爬虫類、「トゲオアガマ」を知っていますか?
初めて名前を聞いたという方も多いかもしれません。

トゲオアガマは砂漠地帯に生息している、トカゲの一種です。
少しマイナーなトカゲの種類ですが、一度見たら忘れられない独特な体つきをしています。

当記事ではそんな特徴的な姿をしたトゲオアガマについて、生態や特徴、飼い方を解説していきます。

【目次】まるでビール腹!?ぽってりとしたお腹とトゲトゲの尻尾を持った「トゲオアガマ」の生態や飼い方を解説

 

トゲオアガマの生態

トゲオアガマの分布と種類

トゲオアガマの大きさ

トゲオアガマの食性

トゲオアガマの特徴

トゲオアガマの繁殖

トゲオアガマの寿命

トゲオアガマの生態まとめ

トゲオアガマはペットとして飼えるのか

トゲオアガマの購入方法

トゲオアガマの値段

トゲオアガマの飼い方

トゲオアガマのエサについて

トゲオアガマの飼育環境について

トゲオアガマがいる動物園・施設

さいごに

 

 


トゲオアガマの生態

 

 

トゲオアガマは乾燥した砂漠地帯に生息している、トカゲの仲間です。

ペットとして人気が高い フトアゴヒゲトカゲ と同じ、 「アガマ科」 に分類されています。

 

その独特のフォルムからペットとしての人気が高く、性質が大人しいことから爬虫類初心者にも飼いやすいといわれているトゲオアガマ。

この項目では、そんな彼らの生態を見ていきましょう。

 

トゲオアガマの分布と種類

 

 

トゲオアガマの仲間はアフリカの北部からインド西部にかけた、広い地域に生息しています。

砂や岩が転がり、低木がまばらに生えている乾燥した砂漠地帯を好むとされています。

 

1. ゲイリートゲオアガマ

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by YUKIKO (@togeoagama0701) on

 

赤色や黄色のカラーが美しい、アフリカ産のトゲオアガマです。

他のトゲオアガマと比較すると尻尾が細長く、トゲが細くて長めという特徴があります。

 

ゲイリートゲオアガマ の基本データ

 

学名:Uromastyx geyri

生息地:北アフリカ(アルジェリア、マリ、ニジェールなど)

体長:30cm程度

 

2. ディスパートゲオアガマ

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by Max Benito Smeele (@max_smeele_photography) on

 

かなり広い範囲に生息している、アフリカ産のトゲオアガマです。

丈夫で飼育しやすいことから、トゲオアガマ初心者の方におすすめの種類です。

 

ディスパートゲオアガマ の基本データ

 

学名:Uromastyx dispar

生息地:サハラ砂漠南部

体長:38cm程度

 

3. エジプトトゲオアガマ

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by Crystal Palace Reptiles (@crystal_palace_reptiles) on

 

トゲオアガマの仲間の中でも最も大きい体を持つ、最大種です。

オスは成長すると70cmほどになるため、飼育する時は大きめのケージを用意する必要があります。

 

エジプトトゲオアガマの基本データ

 

学名:Uromastyx aegyptia

生息地:北アフリカ(エジプト、イスラエル、ヨルダンなど)、中東

体長:70cm程度

 

4. サバクトゲオアガマ

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by This Is Exotics (@this_is_exotics) on

 

西アフリカに生息している、初心者でも飼いやすい丈夫なトゲオアガマの一種です。

カラーはグリーン・イエロー・レッドの3種が存在します。

 

サバクトゲオアガマ の基本データ

 

学名:Uromastyx acanthinura

生息地:アルジェリア、モロッコ、西サハラ

体長:約40cm

 

トゲオアガマの大きさ

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by ひゆき (@hiyukiiiiii) on

 

トゲオアガマの大きさは種類によって大幅に異なりますが、おおよそ30~75cmほどです。

最も体が大きい種類は 「エジプトトゲオアガマ」 で、なんと全長75cm・体重1.5Kgを超えたという記録もあるそうです。

 

トゲオアガマの食性

 

 

トゲオアガマは草食性の強い、雑食性の動物です。

基本的には植物を好んで食べますが、時期や個体によっては昆虫を食べることもあります。

 

トゲオアガマの特徴

 

 

トゲオアガマ最大の特徴は、尻尾にトゲ状のウロコが生えていることです。

 

その特徴的な尻尾から、「トゲ(棘)」「オ(尾)」という名前が付けられたと言われています。

まるで恐竜のようなその尻尾は振り回して武器にするのはもちろん、栄養を蓄える貯蔵庫としての役割もあるそうです。

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by ひゆき (@hiyukiiiiii) on

 

トゲオアガマのもう1つの特徴は、ぽってりと膨らんだ腹部です。

 

肋骨が横に広がっているために太って見えますが、これが彼らの正常な体型です。

しかし、その丸い腹部から「まるでビール腹」「おじさんみたい」と言われることも…。

 

そんなトゲオアガマの腹部には、実は1つ秘密があります。

彼らは興奮したり威嚇したりする時に空気を吸い込み、腹部を膨らませる習性を持っています。

リラックスしている時の腹部は柔らかい手触りですが、膨らむと風船のようにパンパンになります。

 

トゲオアガマは見た目だけではなく、なんとも面白い特徴を持っていることがわかりますね。

 

トゲオアガマの繁殖

 

クジャクトゲオアガマ( Uromastyx ocellata)が昨夜産卵しました。とりあえず4個産みましたがまだお母さんのお腹には卵が残っています。一晩で急激にゲッソリしました。 順調に育てば32℃で2ヶ月間半後位に孵化します。

Posted by イズー(体感型動物園 iZoo) on  Saturday, April 16, 2016

 

トゲオアガマの繁殖については、ほとんど情報がありません。

 

具体的な理由は不明ですが、トゲオアガマは飼育下での繁殖が難しいことで知られています。

オスメスのペアで飼育・産卵しても孵化しない、孵化しても無事に育たないということが多いようです。

 

情報が少ないためおおよその数になりますが、トゲオアガマは1回に5~10個程度の卵を産むようです。

「クジャクトゲオカガマ」の場合は卵を32度ほどで温めると、2か月半程度で孵化するという情報もあります。

 

トゲオアガマの寿命

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by YUKIKO (@togeoagama0701) on

 

トゲオアガマの平均的な寿命は、10~20年と言われています。

最大種である「エジプトトゲオアガマ」はさらに長寿で、野生では30年以上生きる個体が少なくないという報告がされています。

 

トゲオアガマの生態まとめ

 

分類:爬虫綱 有鱗目 アガマ科

学名:Uromastyx

英名:Uromastyx,spiny-tailed lizards

分布:アフリカの北部からインド西部の砂漠地帯

大きさ:30~75cmほど(種類によって異なる)

食性:植物性の強い雑食

繁殖:

繁殖形態:卵生
産卵数:おおよそ5~10個ほど

寿命:10~20年

 

 

トゲオアガマはペットとして飼えるのか

 

 

トゲオアガマはペットとして飼うことができる爬虫類です。

非常におとなしくて動きもゆったりしているため、比較的飼いやすい種だと言われています。

 

トゲオアガマの購入方法

 

 

トゲオアガマは、爬虫類を扱うショップやブリーダーから購入できます。

ゲイリートゲオアガマやディスパートゲオアガマ、エジプトトゲオアガマは販売しているショップが多いようです。

 

トゲオアガマの値段

 

 

種類によっても大幅に値段が異なりますが、20,000~100,000円程度で販売されています。

貴重な種類やカラーの場合は、非常に高い値段が付けられていることもあります。

 

 


トゲオアガマの飼い方

 

 

トゲオアガマの飼い方は他の爬虫類(トカゲ類)とほとんど変わりません。

 

しかし、野生では高温かつ乾燥している砂漠に生息している、トゲオアガマならではの注意点もあります。

この項目ではトゲオアガマの飼育方法や、飼育に必要なアイテムを見ていきましょう。

 

トゲオアガマのエサについて

 

カゴに盛ったコマツナ

 

トゲオアガマは雑食性ですが、基本的には植物質を主食としています。

 

飼育下では新鮮な野菜を複数用意し、飽きないようにローテーションで与えると良いでしょう。

豆類や穀物も好むため、野菜と一緒に与えている方が多いようです。

 

食欲が落ちた時や産卵前で栄養を欲していると考えられる時には、昆虫や果物を与えます。

 

トゲオアガマが食べられる野菜

 

コマツナ、チンゲンサイ、カボチャ、ニンジン、ダイコン葉、カブ葉、豆苗、サニーレタスなど

 

トゲオアガマが食べられる豆類、穀類

 

赤レンズマメ、麻の実、燕麦、アマランサスなど

 

トゲオアガマが食べられる果物

 

バナナ、リンゴ、マンゴー、メロンなど ※おやつ程度で多く与えないこと

 

他にトゲオアガマが食べられるもの

 

  • 昆虫(ミルワーム、コオロギなど)
  • 花(食用菊やタンポポなど)
  • 野草(タンポポやカラスノエンドウなど) ※農薬に注意してください
  • 植物食トカゲ用の人工飼料

 

トゲオアガマの飼育環境について

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by あきまきしまむ'zoo (@akimaximum_zoo) on

 

エサに関する情報の次は、飼育環境に関する情報を見ていきましょう。

トゲオアガマの飼育環境を整えるためには、どんなものが必要なのでしょうか。

 

1.  ケージ

 

 

まずはトゲオアガマを飼育するための必須アイテム、ケージを用意しましょう。

 

トゲオアガマを飼育する際は、ホットスポット(バスキングスポット)を作る必要があります。

そのため、ケージはプラスチックではなく、ガラス製の爬虫類用ケージを使用すると良いです。

プラスチックケージを使用すると、高温でケージが溶けてしまう可能性があります。

 

2.  床材

 

 

次に必要になるのが、ケージに敷く床材です。

爬虫類用の床材は種類が多く、どれを使えば良いか悩む方も多いのではないでしょうか。

 

トゲオアガマに関しては、床材を舐めたり飲み込んだりしてしまうことが多いと言われています。

そのため、 多少床材を誤飲してしまっても、喉や消化管に詰まらない大きさや材質のもの を選ぶと良いでしょう。

 

3.  ライト

 

 

トゲオアガマを飼育する上で欠かないのが、紫外線と熱・明るさを確保できるライトです。

 

彼らは非常に高温になるうえ、紫外線が強い砂漠地帯で暮らしている動物です。

ペットとして飼育する上でも、なるべくそういった環境を再現してあげることが大切です。

 

トゲオアガマの体の大きさ、使用するケージの大きさに合うものを選んでください。

 

4.  シェルター

 

 

トゲオアガマは岩のすき間に身を隠し、休む性質があります。

ペットとして飼う場合も、身を潜めることができるシェルターを用意してあげましょう。

 

シェルターは大きすぎず、トゲオアガマの体の大きさに合うものを設置してあげると良いでしょう。

 

5. 水入れ

 

 

ほとんどの場合、トゲオアガマには水入れが必要ないといわれています。

 

そうというのも、トゲオアガマはほとんど水を飲むことがないからです。

砂漠に生息する彼らは食べ物から水分を摂取し、基本的にはその水分だけで生きていくことができます。

 

また、水入れを設置するとケージ内の湿度が上がりすぎるため、設置していない方も多いようです。

ただし、水を飲みたがる個体もいるため、様子を見ながら設置するかどうかを決めると良いでしょう。

 

 

トゲオアガマがいる動物園・施設

 

クジャクトゲオアガマ( Uromastyx ocellata)の交尾行動を初確認しました。北アフリカに分布する彼らには強い紫外線と高温のホットスポットを設け、生活にメリハリをつけることが繁殖につながると考えています。 iZooでは様々な植物と昆虫を与えています。レーズンやワイルドベリー等の乾果も大好物です。

Posted by イズー(体感型動物園 iZoo) on  Thursday, March 10, 2016

 

国内でトゲオアガマの仲間を飼育している動物園はありません。

過去には愛知県の東山動植物園や沖縄県の沖縄こどもの国、静岡県のiZoo(イズー)で飼育されていましたが、2020年1月現在は飼育を行っていないとのことです。

 

実際にトゲオアガマの生体を見てみたい方は、爬虫類を扱うショップやカフェに行くと良いでしょう。

 

 


さいごに

 

トゲオアガマ縦長写真

 

当記事ではずんぐりむっくりのフォルムがかわいらしい、トゲオアガマについて解説してきました。

その独特のフォルムから「おじさんトカゲ」という不名誉な(?)愛称で呼ばれることもあるトゲオアガマですが、1度飼うと恐竜のような尻尾と丸くてぷにぷにしたお腹の魅力にはまってしまう方も多いようです。

 

なお、トゲオアガマは繁殖が難しく、現在ペット向けに流通している個体はほとんどがワイルド個体です。

しかし、野生のトゲオアガマたちは環境破壊や食用・ペット向けの捕獲により、その数を減らしています。

そして、現在では全ての種について、このままでは絶滅してしまう可能性があるとも言われています。

 

野生のトゲオアガマたちの生活を脅かさないためにも、トゲオアガマをお迎えする際はぜひ信頼できるショップから購入するようにしてください。


フォローして最新のペット・動物関連記事をチェック!



検索

カテゴリ一覧

大型哺乳類(23)
   カピバラ(2)
   ブタ(3)
中型哺乳類(468)
   猫/ネコ(187)
   犬/イヌ(240)
   霊長類/類人猿/サル(9)
   モモンガ(2)
   フェネック(1)
小型哺乳類/小動物(87)
   うさぎ(41)
   ハムスター(22)
   ハリネズミ(7)
   モルモット(5)
   チンチラ(2)
鳥類(114)
   インコ(19)
   梟/フクロウ(9)
   文鳥(3)
魚類/甲殻類/水生生物(75)
   海水魚/熱帯魚(33)
   淡水魚(23)
爬虫類(36)
   蛇/ヘビ(9)
   トカゲ(10)
   カメ(6)
両生類(13)
   カエル(7)
   ウーパールーパー(2)
虫/昆虫(17)
   カブトムシ/クワガタ(10)
   タランチュラ(1)
ペット/動物全般/コラム(58)
   ペットや動物と触れ合えるスポット(19)
   寄付/募金/殺処分(6)

タグ一覧

飼い方/飼育方法(752)
種類/品種(651)
繁殖/育成(572)
毛色/毛質(255)
性格/生態/特徴(600)
食事/餌/栄養(599)
病気/病院/治療(626)
しつけ(464)
トイレ(154)
選び方(504)
値段/価格(535)
ランキング/おすすめ(135)
口コミ/レビュー(164)
旅行/ホテル/レストラン(24)
寄付/募金/保護活動(14)
おもしろペット/珍ペット(99)
飼育知識/豆知識(858)
画像/動画(127)
まとめ(849)

人気記事ランキング