logo

Top > 大型哺乳類 > アザラシ

猫ちゃんの「会いたいよ~」に応えるIoT商品も出現!






昨今、IoTという言葉を耳にする機会が増えていませんか。

IoTとは「IoInternet of Things」のことで、直訳するとモノのインターネットです。
身近なところで言うと、スマホと家電などを結び、生活をより便利にするというようなことを表します。

例えば、外出中にスマホから部屋のエアコンをつけたり、お風呂を入れたりといった遠隔操作です。
人間の世界では少しずつ定着してきていますが、IoTはペットの世界にもどんどん取り入れられてきています。

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、臨時休業あるいは営業時間の変更等の措置を取っている店舗・施設がございます。


お出かけ前に、店舗・施設の公式HPやSNS等で最新情報のご確認をお願い致します。


深い猫ちゃんへの愛がIoT商品を生む

 

猫3匹

 

猫ちゃんとIoTと言えば、真っ先にトイレが浮かんできます。

尿の回数・量・色をチェックして、猫ちゃんのヘルスケアまでしてくれる、ちょっと前から思うと魔法のようなトイレですよね。

 

最近では、顔認証をした上で餌や水が出てくる自動給餌器もあります。

顔を認証して、その子に合った餌が出てくるという、多頭飼いのお宅にはうってつけの優れモノです。

しかも、餌の入ったタンクの前には体重計が付いていて、そこに乗るとその日の体調に合わせた餌や水の量をコントロールして提供してくれるのです。

さらにスピーカーも付いていて、外出先から食べているときに声をかけられます。

離れていても、万全な食事と寂しくないように声もかけられるのは、開発者の深い猫愛を感じずにはいられません。

 

 


留守中、猫ちゃんの「寂しいよ」に応える機能も登場

 

キャットタワーの猫

 

ここにきて、さらに猫愛を感じさせる進化した機能も登場しています。

今までは、飼い主目線の一方的な見守り機能が主流でしたが、双方向のコミュニケーションに近づいたIoT商品も出現しているのです。

 

それは、カメラの前にいる猫ちゃんの様子を分析して、気持ちを予測してくれる機能です。

例えば、猫ちゃんがカメラの前を離れずじっと留まっているとします。

この行動を分析し、「飼い主に会いたがっている、寂しい」という気持ちを予測・認識し、飼い主さんのスマホに「猫ちゃんが寂しがっていますよ」という通知を届けます。

飼い主さんは、即座にお部屋のカメラに繋ぎ、お互いに顔を見ることができるというもの。

猫ちゃんの思いを受けて飼い主さんがアクションする、これまでより一歩進んだコミュニケーションツールと言えますね。

 

 

提供:ペット手帳


フォローして最新のペット・動物関連記事をチェック!



検索

カテゴリ一覧

大型哺乳類(23)
   カピバラ(2)
   ブタ(3)
中型哺乳類(571)
   猫/ネコ(230)
   犬/イヌ(296)
   霊長類/類人猿/サル(12)
   モモンガ(3)
   フェネック(1)
小型哺乳類/小動物(103)
   うさぎ(44)
   ハムスター(23)
   ハリネズミ(7)
   モルモット(8)
   チンチラ(3)
鳥類(124)
   インコ(22)
   梟/フクロウ(10)
   文鳥(3)
魚類/甲殻類/水生生物(76)
   海水魚/熱帯魚(32)
   淡水魚(23)
爬虫類(44)
   蛇/ヘビ(9)
   トカゲ(10)
   カメ(11)
両生類(13)
   カエル(7)
   ウーパールーパー(2)
虫/昆虫(17)
   カブトムシ/クワガタ(10)
   タランチュラ(1)
ペット/動物全般/コラム(65)
   ペットや動物と触れ合えるスポット(24)
   寄付/募金/殺処分(6)

タグ一覧

飼い方/飼育方法(877)
種類/品種(723)
繁殖/育成(597)
毛色/毛質(303)
性格/生態/特徴(669)
食事/餌/栄養(670)
病気/病院/治療(691)
しつけ(473)
トイレ(154)
選び方(509)
値段/価格(588)
ランキング/おすすめ(142)
口コミ/レビュー(164)
旅行/ホテル/レストラン(24)
寄付/募金/保護活動(14)
おもしろペット/珍ペット(99)
飼育知識/豆知識(997)
画像/動画(127)
まとめ(863)

人気記事ランキング