logo

Top > 中型哺乳類 > 犬/イヌ > 犬の飼い方/豆知識

「シワシワネーム」が静かなブームに…ワンちゃんのネーミング事情いろいろ






ワンちゃんが家に来ると決まって、いざ名前を付けようという時、どのような思いを込めて命名されましたか?

一目会った時の直感やその子の容姿の特徴など、それぞれのエピソードがありますよね。

昨今の名前のランキングを見ると、キラキラした可愛らしい名前が並んでいますよね。

現在の人気ランキングでは、ココ、レオン、マロン、ソラなどが上位を占めるようですが、明治時代の人気No.1はポチだったとか。

 

 

ポチはプチ(Petit)の聞き間違えが始まりだった!?

 

一見とても日本的な雰囲気の名前ですが、聞き間違えが始まりだったという説もあります。

明治時代、日本に駐在していたとある外国人が、愛犬に付けた名前がフランス語のpetit(小さい、かわいい)。

それを聞いた日本人はプチがポチと聞こえたため、そこからポチが定着したのだそう。

時代によってワンちゃんの名前も変遷していますね。

 

人気のキラキラネームの対極には、小太郎、龍之介、薫子といった古風な名前があります。

「シワシワネーム」と言うそうですが、こちらも静かなブームのようです。

 

 

呼ぶたびに運気が上がるネーミング

 

dogソファ 赤いバンダナ

 

名前のつけ方は様々ですが、まずは呼びやすい、聞き取りやすいは外せないですよね。

もちろん、ワンちゃん自身が呼ばれて、覚えやすいというのも肝心です。

変わったところでは、呼べば呼ぶほど運気が上がるという理由からlucky、happyとネーミングするケースや、好きなタレントや俳優の名前を愛犬につけて、呼ぶたびに愛の相乗効果に浴するというケースも見受けられます。

 

 


海外での傾向も面白い

 

一方、海外に目を向けると、イギリスではジョージ、ホリー、モリ―、デイジーなど、犬も猫も人間と同じ名前をつける傾向にあるようです。

日本よりも家族の一員という認識がより強いのかもしれません。

そうとはいえ、隣のワンちゃんと夫や息子が同じ名前で、しょっちゅう隣家から「Hey、ジョージ」とか聞こえてくる環境は慣れないかもしれません。

 

 

提供:ペット手帳


フォローして最新のペット・動物関連記事をチェック!



検索

カテゴリ一覧

大型哺乳類(18)
   カピバラ(2)
   ブタ(3)
中型哺乳類(426)
   猫/ネコ(171)
   犬/イヌ(217)
   モモンガ(2)
   フェネック(1)
小型哺乳類/小動物(74)
   うさぎ(31)
   ハムスター(21)
   ハリネズミ(7)
   モルモット(3)
   チンチラ(2)
鳥類(96)
   陸地に棲む鳥(83)
   水辺に棲む鳥(9)
魚類/甲殻類/水生生物(64)
   海水魚/熱帯魚(23)
   淡水魚(22)
爬虫類(30)
   蛇/ヘビ(7)
   トカゲ(9)
   カメ(5)
両生類(13)
   カエル(7)
   ウーパールーパー(2)
虫/昆虫(12)
   カブトムシ/クワガタ(7)
   タランチュラ(1)
ペット/動物全般/コラム(50)
   ペットや動物と触れ合えるスポット(16)
   寄付/募金/殺処分(6)

タグ一覧

飼い方/飼育方法(669)
種類/品種(589)
繁殖/育成(530)
毛色/毛質(243)
性格/生態/特徴(525)
食事/餌/栄養(539)
病気/病院/治療(587)
しつけ(439)
トイレ(149)
選び方(488)
値段/価格(498)
ランキング/おすすめ(122)
口コミ/レビュー(157)
旅行/ホテル/レストラン(24)
寄付/募金/保護活動(13)
おもしろペット(86)
飼育知識/豆知識(760)
画像/動画(120)
まとめ(772)

人気記事ランキング