logo

Top > 鳥類 > 野鳥

ツグミの特徴・生態・分布まとめ






渡り鳥のツグミは林や街路樹などに住んでいる、ヒタキ科ツグミ亜科の日本全国で見ることのできる鳥です。
エサを探しているときにはピョンピョンとホッピングしながら斜め45度に胸を反らして制止する、ツグミ独特の面白いポーズを見ることができます。

胸からお腹にかけて美しいうろこ状の模様を持ち、愛好者も多いツグミですが、かつて日本では食用として乱獲されていたり、農家にとって害鳥として扱われていたりと、あまり知られていないこともあります。

このページでは、そんなツグミについての特徴や生態についてご紹介していきます。

ツグミは林や街路樹など、日本全国で見ることのできる です。

身体に美しい模様を持ち愛好者も多いツグミですが、かつてはツグミを食用にする地域があったり害鳥として扱われていたりと、あまり知られていない一面もあったりします。

この記事では、そんなツグミについてご紹介していきます。

 

 

ツグミの特徴

 

Thrush

 

ツグミは体長24cmほど、翼を広げると39cmほどのやや大きめな冬鳥です。

体重は約75~100gで、シベリアへ北上する季節になると長旅に必要な脂肪分を蓄えるため、越冬期の約3倍、体重の10%ほどにまで達します。

飛び方は直線的で翼を数回羽ばたいては体につける動きを繰り返すことで、省エネ飛行ができるので、長距離の渡りに適しています。

外見は個体差がありますが、複雑で美しい模様の身体が特徴的です。

以下に、主な特徴をご紹介します。

 

1.褐色の身体

 

Thrush5

 

ツグミは、全体的に茶褐色~黒褐色の身体をしています。

個体差が激しい種類ですが、おおよそ以下のような身体の特徴をしています。

 

  • 頭頂部~首の後ろ・・・黒褐色
  • 背中・・・茶~黒褐色
  • 喉~胸部・・・淡い黄色
  • 胸~お腹・・・黒や黒褐色、羽毛の外縁は白
  • 尾・・・褐色や黒褐色
  • 翼・・・黒褐色で羽縁は赤褐色、オスもメスほぼ同色
  • クチバシ・・・黒、下クチバシは黄色
  • 後肢・・・ピンクがかった褐色

 

2.まゆげのような目の上のシマ模様

 

eyebrows

 

ツグミは頭頂から首の後ろは茶~黒褐色ですが、目~頬周辺にかけて白いまゆげのように羽毛が生えています。

 

3.特徴的な胸~お腹のまだら模様

 

Thrush6

 

ツグミの特徴としておそらく最も分かりやすいのが、魚のウロコのようにも見える「胸のまだら模様」です。

このまだら模様はとくに個体差が激しいため、斑点が全体的に出ていることも、一部分のみに集中していることもあります。

 

4.「ホッピング」でピョンピョン移動

 

jump

 

鳥はそれぞれの種類ごとに歩くスタイルが異なりますが、ツグミは「ホッピング」と呼ばれる歩き方をします。

このホッピングとは、鳥が両足をそろえてピョンピョンと飛びはねて移動する歩き方のことを指します。

主に木の上などにいる鳥がホッピングで移動しますが、ツグミは周囲を警戒しながらホッピングでエサ探しをしています。

ピョンピョンと飛び跳ねるツグミの姿はまるで馬のようであることから、昔は「鳥馬(ちょうま)」と呼ばれていました。

 

5.斜め45度の胸を反らした姿勢

 

protractor

 

ツグミは独特の面白いポーズをとることでも知られています。

エサを食べるためホッピングで移動したツグミは、斜め45度に胸を反らした独特の姿勢で制止することが特徴的です。

どうしてエサ探し中にしきりに胸をそらせるのかというと、見晴らしの良い地上でエサを捕食するため、ツグミの天敵である猛禽類から身を隠すことができないからです。

ピョンピョンと数歩移動しては胸を斜め45度に反らして立ち止まり、あたりを警戒しています。

 

ツグミのオスとメスの違いは?

 

sex

 

ツグミは外見的な特徴の個体差が激しいため、オスとメスの違いが分かりにくいと言われています。

しかし、「背中の色」と「胸のまだら模様」でオスかメスかを見分けることができます。

身体の色や模様が濃く、はっきりしているほうがオス。

翼や背中の褐色味が強く、色が薄いほうがメスです。

 

亜種のハチジョウツグミ

 

Hachijojima

 

ツグミの亜種として、「ハチジョウツグミ」がいます。

日本の八丈島で捕獲されたことが、和名の由来とされています。

 

ハチジョウツグミは体長24cmほどで、羽は黒褐色の個体とそれに茶色がかった個体がいます。

ハチジョウツグミは、胸からお腹にかけてツグミ同様にまだら模様がありますが、ハチジョウツグミは斑点の色が赤褐色であることが特徴とされています。

夏にシベリア北部で繁殖し、冬になると中国北部へ南下し、冬を越します。

日本でも、少数のハチジョウツグミが冬を越すために飛来しています。

 

種類たくさん!ツグミの仲間

 

blueThrush

 

ツグミは日本や中国、台湾などのアジアを中心に、世界各地に分布しています。

なかには、ヨーロッパに生息するとてもめずらしいツグミもいます。

以下がツグミの種類です。

 

  • ウタツグミ
  • コマツグミ
  • トラツグミ
  • ノドグロツグミ
  • ノハラツグミ
  • ハチジョウツグミ
  • ハワイツグミ
  • ヤドリギツグミ
  • ルリツグミ
  • ワキアカツグミ

 

ツグミはムクドリと似ている?

 

Starling

 

ツグミはムクドリと間違えられることがしばしばありますが、
 

  • ツグミのほうが全体的に茶褐色であること
  • ツグミの目の上の白いライン
  • ムクドリはツグミよりもやや大きい
  • ムクドリには黒いウロコのような胸の模様がない

 

などの特徴から、比較的簡単に見分けることができます。

 

 


ツグミの生態

 

Thrush2

 

ツグミは10月頃になるとシベリア中部から大群で南部の日本や台湾、中国南部の山林へ渡ります。

山林でしばらく群れで行動をしたのち、徐々に散らばり、それぞれ平地の里山や農耕地・草原・都市部などに移動し、冬を越します。

翌年3~5月頃には再び群れとなって、繁殖をするためにシベリアへと北上していきます。

 

  • 夏季・・・シベリア中部から南部で繁殖
  • 10月頃・・・中国南部や、日本海を渡って能登半島へ飛来し、日本各地へ分散
  • 一部のツグミはサハリンを通り、北海道へ渡るコースをたどる
  • 3~5月・・・再び群れをつくり、北上する

 

ツグミは「鳥目」じゃないから視界良好!

 

glass

 

ツグミは、他の多くの鳥とは違って「鳥目」ではないため、夜間に視界が悪くなりにくいです。

タカなどの天敵もなく、背に日を浴びない夜間に渡ることで、より安全な移動ができます。

 

ツグミの分布

 

map

 

ツグミは渡り鳥であるため、一年を通して食糧の確保・環境・繁殖などに応じて長い距離を移動します。

おもな分布を以下にまとめました。

 

<夏季>

 

  • ロシア北部や東部
  • 中国
  • ミャンマー北部
     

<冬季>

 

  • 日本
  • 台湾
  • 中国南部

 

秋ごろになると、日本のあちこちでツグミを見かけることができます。

 

ツグミの生息地・環境

 

tree

 

日本国内へ渡来したツグミは、主に

 

  • 草地
  • 河原
  • 水田
  • 山林

 

などに生息しています。

 

ツグミの巣作り

 

nest

 

ツグミの巣は、生垣や木・藪や壁・納屋などに作られることが多く、おわん型のとてもかわいらしい見た目をしています。

おもに草・ワラ・動物のフンや枝などの材料を用いて作られます。

動物のフンや自分の唾液を巣に混ぜ合わせることによって粘り気があり、かたくて丈夫な下地を作ることができます。

さらに、内側にはコケや木片を貼り付けて、より丈夫な巣になるような工夫がされています。

 

ツグミのエサ

 

eat

 

ツグミは雑食性のため、基本的になんでも食べますが、特に虫を好んで食べます。

胸を張って木の枝にとまり、地上に降りてホッピングをしながら土の中や枯葉の下などにいる虫を探します。
 

  • ミミズ
  • クモ
  • 昆虫
  • 熟したカキなどの果実
  • ネズミモチ
  • ハゼノキ
  • カラスザンショウの木の実

 

などをおもにエサとしています。

春ごろ、越冬し北上する前に、長距離を飛ぶためにツグミはエネルギーを蓄えようとします。

餌を食べる量が増え、餌探しに熱中する様子を見ることができますよ。

冬に落ち葉が積もっている公園などに行けば、ツグミ独特の胸を張って歩くスタイルでエサを食べている光景を見かけることもあります。

 

 

ツグミの寿命

 

life

 

個体差がありますが、ツグミの寿命はおよそ10年とされています。

 

 


ツグミは食用にされていた!

 

yakitori

 

かつて日本では、焼き鳥などの料理にしてツグミが食べられている地方もありましたが、現在ツグミの捕獲は鳥獣保護法により禁じられているため、食べる機会はほぼありません。

しかし、現在も伝統的にカスミ網猟をしていた地方でツグミを食用にする習慣が残り、密猟は完全になくなったとはいえず問題視されています。

 

かわいらしいツグミですが、前述の通り捕獲は厳重に禁止されているため、もし見つけたとしても絶対に捕まえないようにしてください。

もしも捕獲している人を見かけた場合は、警察へ通報をしましょう。

ツグミを傷付けてしまったり、殺してしまったりした場合は法律により罰せられ、「懲役1年以下または100万円以下の罰金」が課せられます。

 

まれに、地方のスーパーなどで海外で捕獲されたツグミが販売されている場合があるようです。

購入する行為自体には問題はありませんが、野鳥保護の観点からは積極的に購入することはおすすめできません。

 

カスミ網猟とは?

 

カスミ網猟とは、細い糸などで作られた網を空中に渡し、そこに飛んできた野鳥を捕獲するといった方法です。

衝突した鳥は反射的に網を足で掴み、足で掴んでいる物を蹴って空中に飛び出して羽ばたこうとします。

 

しかし、網は細い糸で作られているため鳥の体を空中に投げ出すのに充分な反動を得ることができません。

捕まった鳥はいつまでも網を掴んでは蹴る動作を繰り返し、衰弱していきます。

もがくうちに網に絡まり、羽根を傷めたり、長時間に渡り無理な体勢で拘束されるため、疲労や重力で血行が阻害されて死んでしまうこともあります。

 

 

畑を荒らす農家の敵、ツグミ

 

apple

 

ツグミは果樹などの畑を荒らす「害鳥」としても知られています。

農家では、ネットなどでツグミから作物を守る対策が行われていますが、ツグミがネットに絡まり逃げられずにいるところを見かけることもあります。

その場合は、放っておくとツグミが死んでしまう可能性があるので、放してあげましょう。

 

 


ツグミの鳴き声

 

cry

 

ツグミは「クィクィ」もしくは、「キュイキュイ」「キュッキュー」と美しくさえずりますが、日本でそれを聞ける機会はほとんどありません。

日本国内では、「ジジッジジッ」といった地鳴きを聞くことができる場合はありますが、基本的には鳴かないため「口をつぐむ」の意で「ツグミ」という名前の由来にもなっています。

 

 

ツグミのデータ

 

Thrush3

 

  • 英表記:Thrush
  • 科目:ヒタキ科ツグミ亜科
  • 主な分布:中国、台湾、日本、ミャンマー、ロシア
  • 体長:約24cm
  • 体重:約75~100g
  • 寿命:約10年
  • 特徴:頭から尾にかけての茶褐色の羽毛。目~頬にかけてのクリーム色の縞模様。胸のまだら模様など。
  • 鳥言葉:「成長する心」

 

 

渡り鳥のツグミは、冬の時期に日本各地で見ることができる鳥です。

寒い冬ですが、ツグミを見つけにバードウォッチングに出かけてみるのも良いと思います。

ツグミを観察して、オスとメスを見分けてみるのも楽しいですよ!


フォローして最新のペット・動物関連記事をチェック!



検索

カテゴリ一覧

大型哺乳類(22)
   カピバラ(2)
   ブタ(3)
中型哺乳類(446)
   猫/ネコ(178)
   犬/イヌ(229)
   霊長類/類人猿/サル(9)
   モモンガ(2)
   フェネック(1)
小型哺乳類/小動物(80)
   うさぎ(36)
   ハムスター(21)
   ハリネズミ(7)
   モルモット(4)
   チンチラ(2)
鳥類(109)
   インコ(15)
   梟/フクロウ(9)
   文鳥(3)
魚類/甲殻類/水生生物(75)
   海水魚/熱帯魚(33)
   淡水魚(23)
爬虫類(34)
   蛇/ヘビ(9)
   トカゲ(9)
   カメ(6)
両生類(13)
   カエル(7)
   ウーパールーパー(2)
虫/昆虫(15)
   カブトムシ/クワガタ(10)
   タランチュラ(1)
ペット/動物全般/コラム(54)
   ペットや動物と触れ合えるスポット(18)
   寄付/募金/殺処分(6)

タグ一覧

飼い方/飼育方法(727)
種類/品種(634)
繁殖/育成(569)
毛色/毛質(253)
性格/生態/特徴(581)
食事/餌/栄養(583)
病気/病院/治療(620)
しつけ(459)
トイレ(153)
選び方(500)
値段/価格(534)
ランキング/おすすめ(130)
口コミ/レビュー(163)
旅行/ホテル/レストラン(24)
寄付/募金/保護活動(14)
おもしろペット/珍ペット(94)
飼育知識/豆知識(825)
画像/動画(120)
まとめ(836)

人気記事ランキング