logo

Top > 中型哺乳類 > マーラ

マーラの生態と飼い方






つぶらな瞳や、長い耳。
ウサギ?カピバラ?はたまたカンガルーにも見えるこの動物はマーラです。

アルゼンチン固有種でテンジクネズミ科のマーラはネズミの中までは珍しく昼行性で、夜は穴の中でひっそりと過ごします。

また、オスとメスのペアで生活し、そのペアは一生解消されることはないというロマンティックな一面も!

そんなマーラをペットとして飼うならどんなことに注意すればいいのか、今回はマーラの生態と特徴についてご紹介していきます。

マーラってどんな動物?ペットとして飼えるの?

 

サムネイルの動物を見たことはありますか?

 

動物園などでも見かける、ウサギにも似たカピバラにも似た動物。

実はマーラというまったく別の動物なんです。

 

日本でも合法的にペットとして飼うことの出来るマーラ。

いつも通り生態や特徴、飼い方等のペットとして飼う際の注意点をまとめていきましょう!

 

 


マーラってどんな動物?:生態編

 

mara

 

マーラは、ネズミの仲間で、齧歯目テンジクネズミ科に分類されます。

世界最大のネズミと呼ばれるカピバラと同じ部類です。

 

成長すると、体長60cm~70cm、体重10kg~15kgと程になります。

カピバラより一回りほど小さいですが、カピバラに次ぐ世界最大級のネズミです。

 

主に南アメリカに生息しており、英名でパタゴニアウサギとも呼ばれています。

動物園などの飼育下では、10年から15年ほど長生きし野生下ではもっと短くなります。

 

 

マーラって何を食べるの?:食事・餌やり編

 

mara

 

マーラは草食性の動物で、乾草や草木の枝などを主食にしています。

特にイネ科の乾草が好物なので、野生のマーラはそれらが多く摂取出来る低草原に住みます。

 

また、齧歯類で一生歯が伸び続けるマーラにとって、歯を削れる硬い食べ物は必須です。

 

マーラを飼う場合、食べ物と思いなんでもかんでも齧ってしまいます。

マーラに齧られて困るものは目に入らないところに置いておきましょう。

 

そして、枝などを食べる強靭な歯がマーラの特徴なので、誤って噛まれでもしたら大変です。

相当慣れるまでは、マーラの口の前に手を出したり、口周りに触れるのはやめておいた方がいいでしょう。

 

 


マーラはどんなところで暮らすの?住処・環境編

 

マーラは食料となる乾草など、植物の多い低草原に住んでいます。

 

そこに巣穴を掘って群れで暮らしているので、家でマーラを飼う場合は似たような環境を作ってあげる必要があります。

 

マーラを室内で飼うと柱や壁、コード類などなんでもかんでも齧られてしまいます。

なので、人間とは別のマーラだけが暮らせる庭などがあれば最適です。

 

野生のマーラは夜は穴の中に身を潜めて休みます。

隠れ家として、大きめ犬小屋くらいの巣穴の代わりになるものを設置してあげるとよいでしょう。

 

また、マーラは高く跳び上がることが出来るので、マーラが道路や外に脱走しないように高めの柵を作っておくと安心です。

 

 

マーラのしつけ

 

マーラを飼う上で大変なのが、しつけです。

 

実は、基本的にマーラをしつけることは出来ません。

飼う上で普通のペットの様にはいかないのでこれがペットとして中々普及しない一番の理由かもしれません。

 

ウサギに似た顔のマーラですが、体格もパワーも全然違います。

マーラにとっては少し遊んでるだけのつもりでも人間にとっては大怪我に繋がる危険もあります。

 

また、トイレを決まった場所でする習性もないので、トイレを覚えさせることも難しいでしょう。

これも室内でマーラを飼うのが難しい理由の一つです。

 

 


マーラの値段

 

mara

 

マーラは、動物園などで飼育されているのが主ですが、実際に家でマーラを飼育している人もいます。

 

マーラを販売している業者では、動物園に限らず、一般人でも購入することが可能です。

一体、15万円~20万円ほどで販売されていて、オスとメスで少々値段に差があることがあります。

 

 

 

マーラってどんな動物?飼えるの?:まとめ

 

マーラは一般人が飼うにはハードルが高いですが、実際にペットとしての飼育例もある動物です。

朝起きて、庭でまどろむマーラがいたら癒されますよね。

 

しかし、実はマーラは準絶滅危惧種に指定されており、いつ絶滅危惧種になるかわかりません。

 

準絶滅危惧種、絶滅危惧種ともに、絶対に飼えないというわけではありませんが、

国や自治体の保護対象になると許可を取得するのにより多くの手間がかかります。

 

ペットとして飼いたい!という方は今がチャンスなのかもしれませんね。

 

ただし、記事でもご紹介した通り、法律上問題なくてもペットとして飼うハードルは非常に高いです!

もし飼われる際は相当の覚悟と準備を持って臨んでくださいね。


フォローして最新のペット・動物関連記事をチェック!



検索

カテゴリ一覧

大型哺乳類(23)
   カピバラ(2)
   ブタ(3)
中型哺乳類(468)
   猫/ネコ(187)
   犬/イヌ(240)
   霊長類/類人猿/サル(9)
   モモンガ(2)
   フェネック(1)
小型哺乳類/小動物(87)
   うさぎ(41)
   ハムスター(22)
   ハリネズミ(7)
   モルモット(5)
   チンチラ(2)
鳥類(114)
   インコ(19)
   梟/フクロウ(9)
   文鳥(3)
魚類/甲殻類/水生生物(75)
   海水魚/熱帯魚(33)
   淡水魚(23)
爬虫類(36)
   蛇/ヘビ(9)
   トカゲ(10)
   カメ(6)
両生類(13)
   カエル(7)
   ウーパールーパー(2)
虫/昆虫(17)
   カブトムシ/クワガタ(10)
   タランチュラ(1)
ペット/動物全般/コラム(58)
   ペットや動物と触れ合えるスポット(19)
   寄付/募金/殺処分(6)

タグ一覧

飼い方/飼育方法(752)
種類/品種(651)
繁殖/育成(572)
毛色/毛質(255)
性格/生態/特徴(600)
食事/餌/栄養(599)
病気/病院/治療(626)
しつけ(464)
トイレ(154)
選び方(504)
値段/価格(535)
ランキング/おすすめ(135)
口コミ/レビュー(164)
旅行/ホテル/レストラン(24)
寄付/募金/保護活動(14)
おもしろペット/珍ペット(99)
飼育知識/豆知識(858)
画像/動画(127)
まとめ(849)

人気記事ランキング