logo

Top > 中型哺乳類 > 犬/イヌ > 犬の種類

【獣医師監修】犬にチョコレートは危険!? 理由、症状、対処、治療法を解説






犬は人間が頻繁に口にしている食べ物で中毒症状を起こしてしまうことがあります。

なかでも注意が必要とされているのが、なんと、近年健康食品としても注目されているチョコレートです。

今回は、特に室内でわんちゃんと一緒の生活を予定している方に役立つ、犬がチョコレート中毒になってしまう原因とその対処法をご紹介します。

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、臨時休業あるいは営業時間の変更等の措置を取っている店舗・施設がございます。


お出かけ前に、店舗・施設の公式HPやSNS等で最新情報のご確認をお願い致します。


【目次】犬にチョコレートは危険!? 理由、症状、対処、治療法を解説

 

気をつけていても起こってしまうかも!?犬の「誤飲事故」

チョコレート中毒の原因は?症状は?

チョコレートを食べた時の症状

チョコレートの中毒量

愛犬がチョコレートを食べてしまったら、どのように対処する?

1. 救急や夜間に対応してくれる病院を見つけておく

2. オキシドールを使った方法

 

 

大切な家族であるペット。

つい、自分たちの食べている物を分けてあげたくなったことはありませんか?

 

dog_eating

 

愛犬に可愛くねだられたら、思わず「少しならいいか」なんて気持ちになるかもしれません。

しかし、ペットの食べ物には細心の注意が必要です。

 

人間の食べ物はペットにとって肥満などの原因になる他、痙攣や発作といった中毒症状を引き起こしてしまうものもあります。

その1つがチョコレートです。

 

 


気をつけていても起こってしまうかも!?犬の「誤飲事故」

 

dog_stare

 

犬はとても好奇心旺盛な動物で、興味を示した物のにおいを嗅いだり、口に入れたりして確認する習性があります。

時には、口に入れているうちに誤って飲み込んでしまうことも。

 

美味しいものであれば、犬にとって危険であってもわからずに食べてしまう可能性があります。

そのため、室内で犬をはじめて飼う場合は特に注意が必要です。

 

人間にとっては安全に見える室内でも、実は危険がいっぱい潜んでいます。

まだわんちゃんを迎えたばかりでしつけも十分でない時期は、誤飲で動物病院を訪れるケースが多く見られます。

 

自然と消化される食べ物であれば問題ありませんが、うっかり目を離した隙にわんちゃんがチョコレートを食べてしまった!

そのような時は、迅速に対処する必要があります。

 

日頃から誤飲の予防をしておくのはもちろん、万が一の時のために対処法を知っておくと安心です。

 

 

チョコレート中毒の原因は?症状は?

 

chocolate_brown

 

チョコレートに含まれる「テオブロミン」「カフェイン」が犬の中毒症状を引き起こすとされています。

犬は人間よりもテオブロミンの代謝速度が遅いため、大量に摂取すると中枢神経を刺激する毒素となってしまうのです。

また、健康食品として定着しているビターチョコはよりカカオ含有量が高いため、犬にとっては特に危険です。

 

なお、テオブロミンはチョコレートだけでなく、コーラやお茶にも含まれています。

 

チョコレートを食べた時の症状

 

それでは、チョコレートを食べてしまったらどのような症状がおこるのでしょうか。

以下に例を挙げます。

 

  • 落ち着きなく動き回る
  • 嘔吐
  • 下痢
  • ハアハアする
  • 心拍数が上がる
  • 頻尿
  • フラフラする
  • 痙攣をおこす
  • 意識がなくなる

 

このような症状が現れますが、実際明らかな症状が出るのは、チョコレートを食べてから2~3時間後です。

どのような種類のチョコレートをどのくらいの量食べたかにもよりますが、すぐに症状が出ないのが曲者です。

 

「チョコレートを食べたけど、何もないから大丈夫か」と様子を見ていたら、いきなり痙攣をおこし始めることもあります。

そのため、万が一チョコレートを食べてしまった場合は、様子を見ているのではなく、すぐに動物病院に連れて行くことが大切とも言えます。

 

チョコレートの中毒量

 

チョコレートには様々な種類があります。

どのくらい食べてしまうと命に関わるのでしょうか。

 

まず、各チョコレートに含まれるテオブロミン量は下記の通りです。

 

チョコレートの種類(板チョコ1枚が60gとして) テオブロミン量
ミルクチョコレート 150~180mg
ブラックチョコレート・製菓用チョコレート 1000~1200mg
ホワイトチョコレート ほぼ含まれない

 

体重1㎏あたり90~100mgのテオブロミンを摂取すると中毒症状が出るといわれています。

体重が3㎏ぐらいの小型犬の場合は、270~300mgのテオブロミンを食べてしまうと中毒症状が出ます。

 

体重3㎏の犬の場合の危険な摂取量は以下の通りです。

 

ミルクチョコレート:約1.5~2枚

ブラックチョコレート・製菓用チョコレート:約1/4~1/3枚

 

カカオ含有量が増えるほど危険ですので、少しでも食べてしまった場合は様子を見ないで動物病院を受診してください。

 

 


愛犬がチョコレートを食べてしまったら、どのように対処する?

 

チョコレートを食べた場合は動物病院に連絡して受診することが第一です。

しかし、どうしてもかかりつけの動物病院に連絡がつかない時間帯に食べてしまった場合はどうすれば良いのでしょうか。

 

1. 救急や夜間に対応してくれる病院を見つけておく

 

基本的には動物病院で治療してもらうのが大切です。

万が一の場合に備えて、救急対応・夜間対応の病院を複数見つけておきましょう。

 

2. オキシドールを使った方法

 

オキシドールは通常傷口の消毒に使用するものですが、飲ませることによってブクブク出る泡を利用して吐かせる方法です。

2倍程度に希釈したオキシドールを飲ませると吐く場合があります。

 

ただ、オキシドールは粘膜に対して刺激が強く、胃壁や食道壁が荒れて出血がおこることがあります。

そのため、動物病院でもやらないことがほとんどですので、基本的にはお勧めしません。

 

 

犬は好奇心旺盛なだけでなくとても寂しがり屋です。

時には飼い主の気を引くためにイタズラをすることもあります。

トラブル防止のための知識を持つと同時に、たくさん愛犬と遊んでスキンシップをとってあげましょう。

 

また、普段は元気でも犬は繊細な一面をもっています。

万が一チョコレート中毒が疑われる症状が出た場合は、本記事を参考に落ち着いて対応し、大切な愛犬を守ってあげてください。

 

 

監修:獣医師 平松育子(ひらまつ いくこ)

 

山口大学農学部獣医学科(現:山口大学共同獣医学部)卒業後、複数の動物病院で勤務医を経て、ふくふく動物病院を開業する。

また、YICビジネスアート専門学校ペット総合科で講師を務める。

 

その他、AIAJ認定アロマテラピーインストラクターとして、人とペットが楽しめるアロマテラピーにも取り組む。

飼い主様としっかりコミュニケーションを取ることを大切にし、飼い主様とペットの笑顔に繋がる診療を心がけている。


フォローして最新のペット・動物関連記事をチェック!



検索

カテゴリ一覧

大型哺乳類(23)
   カピバラ(2)
   ブタ(3)
中型哺乳類(508)
   猫/ネコ(212)
   犬/イヌ(252)
   霊長類/類人猿/サル(11)
   モモンガ(3)
   フェネック(1)
小型哺乳類/小動物(97)
   うさぎ(43)
   ハムスター(23)
   ハリネズミ(7)
   モルモット(7)
   チンチラ(2)
鳥類(119)
   インコ(20)
   梟/フクロウ(10)
   文鳥(3)
魚類/甲殻類/水生生物(76)
   海水魚/熱帯魚(32)
   淡水魚(23)
爬虫類(41)
   蛇/ヘビ(9)
   トカゲ(10)
   カメ(10)
両生類(13)
   カエル(7)
   ウーパールーパー(2)
虫/昆虫(17)
   カブトムシ/クワガタ(10)
   タランチュラ(1)
ペット/動物全般/コラム(63)
   ペットや動物と触れ合えるスポット(24)
   寄付/募金/殺処分(6)

タグ一覧

飼い方/飼育方法(807)
種類/品種(685)
繁殖/育成(592)
毛色/毛質(270)
性格/生態/特徴(634)
食事/餌/栄養(623)
病気/病院/治療(651)
しつけ(466)
トイレ(154)
選び方(509)
値段/価格(553)
ランキング/おすすめ(142)
口コミ/レビュー(165)
旅行/ホテル/レストラン(24)
寄付/募金/保護活動(14)
おもしろペット/珍ペット(99)
飼育知識/豆知識(919)
画像/動画(127)
まとめ(860)

人気記事ランキング