logo

Top > 小型哺乳類/小動物 > うさぎ > うさぎの飼い方/豆知識

うさぎにチョコレートは危険!理由・症状・対処法まとめ






草食動物であるうさぎは基本的に、牧草やペレット・野菜などを食べます。

ペットとして人間と生活しているからといって、何でも人間と同じものを与えるのは大変危険。
人間が口にするような食べ物が毒となる場合もあります。

特に注意が必要なのがチョコレートです。
ここでは、うさぎのチョコレート誤食による危険性と中毒症状、食べてしまった時の対処法をご紹介します。

うさぎの健康を守るために知っておきたい… うさぎにチョコレートは危険?

 

うさぎは一般的に、牧草を中心にペレットや野菜、果物を与えて育てます。

しかし、部屋を散歩させている間に「何か食べてる…」なんて動作をすることはありませんか?

うさぎは興味本位で床に落ちているものを食べることがあります。

これが時に大きな事故につながることも。

 

特にチョコレートは中毒になる可能性もあり大変危険。

もしうさぎがチョコレートを食べてしまった場合、体調にどのような変化があるのでしょうか。

また、食べてしまった時はどのように対処すれば良いのでしょうか。

 

 

うさぎにチョコレートは毒?

 

chokolate1

 

犬や猫に、チョコレートを与えると良くないと聞いたことがある人は多いはず。

うさぎも同じように、チョコレートは与えてはいけません。

その理由は、犬や猫の理由と同じで、中毒症状が起こることによります。

特にうさぎは、犬猫より体が小さいので少量でも危険です。

 

 


中毒症状を引き起こすテオブロミン

 

うさぎや犬猫にとって危険なチョコレートに含まれる物質は「テオブロミン」。

テオブロミンはカカオに含まれる苦味成分で、中枢神経や血管に作用し、人間にとっては覚醒効果が得られる物質です。

しかし、うさぎはこのテオブロミンを素早く分解することができないため、中毒症状を起こしてしまいます。

 

テオブロミンはカカオの量と比例しており、ビターチョコレートなどカカオを多く含むものにはより多くのテオブロミンが含まれています。

逆に、カカオの量が少ないホワイトチョコレートやミルクチョコレートはテオブロミンの量も少なくなります。

もちろん、テオブロミンの量が少ないからといってチョコレートを与えるのは危険。

また、チョコレート以外にもコーラやお茶、カカオ入りの食品にはテオブロミンが入っているのでご注意を。

 

 

うさぎがチョコレートを食べてしまった時の症状は?

 

チョコレートは嘔吐、下痢、動悸、興奮、痙攣、不整脈、多尿など、さまざまな中毒症状を引き起こします。

時には昏睡状態に陥ることや、摂取量が多ければ最悪死に至ります。

 

小型犬は60g、成猫は30gのチョコレートが致死量と言われており、より体の小さいうさぎは30g以下の少量でも命の危険があります。

内臓が小さいため中毒の影響を強く受け、より危険な状態に陥りやすいのです。

 

 


うさぎにチョコレートを食べないように予防策を

 

rabbit_on_the_kussion

 

前述したように、うさぎは床に落ちているもの、目線の先にあるものを興味本位で食べたりかじったりしてしまうことがあります。

当たり前のことですが、チョコレートなどうさぎが食べてしまうと有害なものはうさぎの背の高さ、うさぎが届く範囲に置かないようにしましょう。

また、部屋をこまめに掃除をして、部屋散歩の時に食べこぼしなど 誤食することを予防しましょう。

 

 

もしチョコレートを食べてしまったら

 

stroked_rabbit

 

もしうさぎがチョコレートを食べてしまった場合は、迷わず動物病院へ。

飼い主の自己診断や治療は危険です。

 

被捕食動物であるうさぎは、なるべく自分の不調を隠す傾向があるので、「症状が出ないから安心」とは言えません。

また、中毒症状自体、すぐに現れず翌日、翌々日に現れるケースもあります。

できるだけ早めに、うさぎの診断も行なっている獣医師に診てもらうのが良いでしょう。

夜間に誤食した場合にも診察可能な動物病院や緊急外来病院もありますので、早急な対応を!

 

 


人間用の「うさぎチョコレート」ならいくらでも♪

 

rintzchokolate

 

うさぎ型のチョコレートが可愛いと近年人気なのはご存知でしたか?

うさぎにチョコレートを食べさせるのはNGですが、人間がうさぎチョコを食べるのはもちろんOKです!

 

 

 

モロゾフから販売されているうさぎをモチーフにした「フォアダムール」は可愛らしいと人気。うさぎ好きは必見です!

さまざまな味と形の一口チョコレートが詰め込まれた、これからのバレンタイン時期に嬉しいギフトです。

 

イースター期に販売されるうさぎ型のチョコレートも人気。

イースターは日本人にはあまり馴染みのないイベントですが、欧米では春の豊穣を祝う大切な日です。

この時期、各国のスーパーマーケットや百貨店は豊穣を意味するうさぎや玉子の商品が満載。

 

 

 

中でも人気なのが、スイスのチョコレート会社・リンツのうさぎ型チョコ。

イースター時期に日本でも販売されていますので、ぜひ買ってみてください。

 

 

まとめ

 

うさぎは体が小さい分、少量の誤食も命取りになってしまいます。

また、体の不調を隠す動物なので症状が分かりにくいことも多いもの。

チョコレートの誤食に限らず、新しいものを与える前に害がないか必ず調べるのが良いでしょう。

 

また、うさぎの診察を扱っている動物病院はまだまだ多くない現状です。

普段からうさぎの健康チェックを行うとともに、うさぎを診てくれる獣医師を探しておきましょう。

うさぎとの楽しくて健やかな生活のために、しっかり見守ってあげたいものですね。


フォローして最新のペット・動物関連記事をチェック!



検索

カテゴリ一覧

大型哺乳類(17)
   カピバラ(2)
   ブタ(3)
中型哺乳類(418)
   猫/ネコ(167)
   犬/イヌ(213)
小型哺乳類/小動物(71)
   うさぎ(30)
   ハムスター(21)
鳥類(95)
   陸地に棲む鳥(82)
   水辺に棲む鳥(9)
魚類/甲殻類/水生生物(63)
   海水魚/熱帯魚(23)
   淡水魚(21)
爬虫類(30)
   蛇/ヘビ(7)
   トカゲ(9)
両生類(13)
   ウーパールーパー(2)
   カエル(7)
虫/昆虫(12)
   カブトムシ/クワガタ(7)
   タランチュラ(1)
ペット/動物全般/コラム(49)
   ペットや動物と触れ合えるスポット(16)
   寄付/募金/殺処分(6)

タグ一覧

飼い方/飼育方法(656)
種類/品種(584)
繁殖/育成(520)
毛色/毛質(241)
性格/生態/特徴(515)
食事/餌/栄養(529)
病気/病院/治療(577)
しつけ(433)
トイレ(148)
選び方(483)
値段/価格(492)
ランキング/おすすめ(120)
口コミ/レビュー(154)
旅行/ホテル/レストラン(24)
寄付/募金/保護活動(13)
おもしろペット(83)
飼育知識/豆知識(745)
画像/動画(120)
まとめ(757)

人気記事ランキング