logo

Top > ペット/動物全般/コラム > ペット/動物全般

「ペットの葬儀」一人では抱えきれない辛い出来事、一緒に考えてみませんか?






「ペットとのお別れ」
それは、ペットとの出逢いの瞬間から意識しておかなければならないことです。
 
何度、経験しても慣れることのないつらい時ですが、『最期を看取る』ことまでが、ペットを家族として迎えるということなのでしょう。
 
ペットとのお別れを経験したことのある方。
いつか、そんな日を迎えたらどうしたらいいの?と不安を感じている方。
そして、そんな悲しみに直面している方。

「ペットの葬儀」について、是非、知っておいてほしいことがあります。

「ありがとう」「大好きだよ」「ごめんね」最期のとき、あなたは何を伝えたいですか?

 

sougi_2

 

ペットを家族として迎えた時から、覚悟していたはずなのに…

愛する家族を失う悲しみは、人間の家族と同様、ペットも同じです。

 

「もっと遊んであげればよかった」

「お留守番が多くて、さみしい思いをさせたな」

「大好きなおやつをいっぱい、食べさせてあげればよかった」

「一度くらいは、子供を産ませてあげたかった」

「もっとたくさん、お散歩に行けばよかった」

「お出かけ前に、洋服に毛が付くからと抱っこするのを嫌がってごめん」

「この間、じっと見てたよね、何か言いたかったんだね。聞いてあげられなくてごめんね」

「もっともっと、一緒に居たいよ…」

 

ペットの最期を看取ったとき、「本当に幸せだった?」「もっとしてあげられることがあったのでは?」と、言葉が通じない分だけ『後悔』の思いが大きく押し寄せるのではないでしょうか?

 

出来れば、そんな『後悔』の思いではなく、『愛情』と『感謝の気持ち』で天国へ見送ってあげたいですね。

そうした思いが、人それぞれであるように…

その思いの伝え方…

そして、お別れの仕方も、また、それぞれです。

 

 


『ペットの葬儀』と聞いて、どんなイメージを持っていますか?

 

どんな姿でもいいから、ずっとずっと側に居てほしい。

大好きだったおやつやオモチャ、可愛いお花をいっぱいにしてあげて、少しずつ、気持ちの整理をしながら本当の意味でのお別れを覚悟した時、あなたはどんなお別れの場面を思い浮かべるでしょうか?

 

このとき、しっかりと「葬儀」のことがイメージ出来ている人もいると思います。

加入しているペット保険会社や動物病院でペット葬儀社を紹介してもらうことが決まっているケースもあるようです。

過去に同じ悲しみを経験したことがあり、以前お願いした信頼できる葬儀社にまたお願いする、という方もいますよね。

しかし、中には「あの業者にだけは二度と頼みたくない!」という経験をお持ちの方もいるようです。

 

そして、初めてペットとのお別れに直面している人は、「どうしたらいいの?」と慌てて、お友達やご近所の人に訊いたり、「前にどこかで貼り紙を見た」と思い出したり、タウン誌やWEBサイトで検索して色々な「ペットの葬儀屋さん」を当たっているところでしょうか?

 

皆さん、共通していることは、家族として大切な存在だからこそ、最期は温かく見送ってあげたい…という気持ちだと思います。

 

 

『ペットの葬儀』とは、特別なものではありません

 

sougi_3

 

『ペットの葬儀』と聞いて、「どんな葬儀があるの?」と思う人もいれば、「えっ、ペットもお葬式をするの?」「芸能人とか特別な人がやるものじゃない?」とびっくりする人もいるでしょう。

「ペットは家族」という考え方が浸透している昨今では、人間と同じ様式で行われる「葬儀」も珍しくありません。

 

その一方で、下記のような話も耳にします。

 

■亡骸は保健所に引き取ってもらえばいいかな? 部屋に写真を飾ってお水とフードを置いて供養してあげた。

■ずっと、そばに置いておきたいので自宅の庭の片隅に埋葬して、花を供えて手を合わせた。

 

魚や小鳥、小動物などを自宅の庭に埋葬する人も多いようです。

※これは、公衆衛生上の問題を考えると他の動物に掘り返されることのない深さや火葬後の埋葬といった配慮は必要かもしれません。

 

これらも立派な「葬儀」です。

「葬儀」とは、亡くなった者を弔うためのもの。

そして、残された人が「死」を受け止め、心の整理をするためのものです。

ここまでで、『ペットの葬儀』が特別なものではないことを、お分かりいただけましたでしょうか?

 

 

 


天国へのお見送りも、「その子」らしく、あなたらしく

 

sougi_4

 

人間のお葬式にも、様々な形式やランクがあるように、ペットのお葬式もプランやサービスが豊富にあるようです。

『ペットの葬儀』を考える際の参考になればと思い、少しだけご紹介します。

 

斎場へ出向き火葬を行なってもらうというイメージをお持ちの方が多いかと思いますが、最近では、火葬炉が付いている専用車で自宅へ来てもらい「葬儀」~「火葬」までを自宅で行なうというものも増えています。

※敷地内に大型車の駐車スペースがあり、近隣のご理解を得られれば、環境上の問題等はクリアしているようです。

 

・骨壺に亡くなった子の写真、名前、命日等を印刷してくれる商品を含むプラン。

・メモリアルグッズとして、写真入りのペンダントやキーホルダーの作成や亡くなった子の手形をとってくれるというものもあるようです。

・日頃、忙しい人のために、葬儀後にバーチャルペット霊園を契約して、ネット上の墓地でいつでも供養が出来るようなプランもあります。

 

その他にも…

 

・悲しみを癒してもらうために、斎場の中にリゾート気分でくつろげる施設やサービスを完備していたり、海への散骨、ハワイ葬など、遺族の心のケアを大切にしたプランもあるようです。

 

亡くなった子の性格やイメージ、家族の皆さんの生活スタイルに合ったプランを選ぶことで、「その子らしい」形で、天国へお見送りをしてあげられそうですね。

 

後悔しないお別れを…

 

どんなに立派な斎場や祭壇、サービスが用意されていても、葬儀社や斎場のスタッフの対応や言葉に、深く傷つけられてしまうことも少なくないのです。

悲しみの中でも、冷静な判断で「後悔しないお別れ」をしていただきたいと思います。

残念な経験をしないために、事前に「こんなケース」があることを知っておいてください。

 

言葉は悪いですが「金儲け」が目的だとわかるような業者に依頼するのは、当然、避けたいですよね。

人間のお葬式でも、最近は「宗教」や「地域の慣習」などを超えた個性的なものが増えています。

ペットブームにより、こうした流れにペットを絡めた商売も多くなっています。

もちろん、依頼者の意向と一致していれば、とても有り難い事でもあります。

 

しかし、『お金をかける事が、その子への愛情の証』だと錯覚させてしまうような言葉を並べ、「○○ちゃんが喜びますよ」と、高価な葬儀プランを提案してくるなんてこともあるのです。

よく考えてみてください。

本当にあなたの「○○ちゃん」は喜びますか?

 

◆「車でご遺体を引き取りに行きます」というサービスに車を持たない人は「助かる」と思いますよね。

 

本当に、その葬儀社に依頼して大丈夫ですか?

『立ち会い火葬は可能なのか』『お骨は?』 後でトラブルにならないように、事前にちゃんと、確認しておきましょう。

立ち会いもなく、お骨は返らず…でもよいとお考えの場合でも、「保健所」へお願いするのと同じ内容で『高額な請求』では、少し疑問が残りませんか?

 

◆気候によっては、なるべく早く火葬してあげたいと考えることもあります。

 

こんな時に限って、「何軒か電話してみたけど、数日間は予約がいっぱい」「日曜日しか休めないのに…」と困っていると、『すぐに受け入れ可能』という葬儀社が見つかりました。

案内された住所へ行ってみると、数台の炉のようなものがある大きな敷地と小さな事務所。

何人かの別家族と共に、少しロビーで待つように言われ30~40分程の待ち時間で小さな骨壺に入った「お骨」を返されました。

なんとも、あっけないお別れです。

そして、こう考えてしまいます。

「このお骨、本当にウチの子?」

 

◆電話では感じが良かったのに、実際行ってみたら窓口の受付票に「家畜名:」という項目があって、ちょっとショックだった…

 

◆ペットの亡骸が入っている段ボール箱を開けることもなく、「終わったら呼びます」と言って、係の人が持って行ってしまった。

 

最期にお別れの言葉もかけてあげられなかった。

 

◆寺院のような装飾のある建物に、仰々しい祭壇。

 

哀し気な音楽が流されている待ち合い室。

過剰な演出に、心が落ち着かず、ペットとのお別れに集中出来なかった。

 

小さな体であるペットの火葬は「短時間で終わるもの」だと思っていませんか?

実は、小さな体だからこそ、丁寧に扱われるべきであり、時間もかかります。

 

心の整理がついた頃、骨壺を開けてみたら、「『粉』のようなものと数本の欠けた骨だけだった」、「お骨の中に見慣れない破片のようなものが混じっているけど何だろう」「骨が変色しているみたい」といった経験をお持ちの方、「ペットだからしょうがない」と思わないでください。

 

その子の体に合った火葬を行なってくれるなら、当然、葬儀社でも亡骸を見て、その子が何で亡くなったのか、小柄な子か大柄な子か、闘病生活で痩せているのか、活発で筋肉質な子なのか、受付票の『種類・年齢』だけではわからない「その子の姿」を確認するでしょう。

 

首輪やオモチャなどは、お骨の破損や変色の原因にもなるため、一緒に火葬出来ないので取り除くよう、声をかけてくれるでしょう。

 

葬儀社が、本当にペットと残された家族に向き合ってくれていれば、「お骨」は、生前の面影を失くしたりはしません。

このように、意に反して『後悔』の残る葬儀となってしまった場合、記憶の中から消すことは出来ません。

亡くなったペットとの思い出と共に、こんな『後悔』を残したくはないですね。

 

 

 

『ペットの葬儀』について、少しイメージをしていただけましたでしょうか?

2ページ目では、「どんな葬儀で天国へ送ってあげるのか」、「見送ったその後」について、考えてみませんか?


フォローして最新のペット・動物関連記事をチェック!



検索

カテゴリ一覧

大型哺乳類(19)
   カピバラ(2)
   ブタ(3)
中型哺乳類(433)
   猫/ネコ(175)
   犬/イヌ(220)
   モモンガ(2)
   フェネック(1)
小型哺乳類/小動物(74)
   うさぎ(31)
   ハムスター(21)
   ハリネズミ(7)
   モルモット(3)
   チンチラ(2)
鳥類(107)
   インコ(13)
   梟/フクロウ(9)
   文鳥(3)
魚類/甲殻類/水生生物(64)
   海水魚/熱帯魚(23)
   淡水魚(22)
爬虫類(31)
   蛇/ヘビ(7)
   トカゲ(9)
   カメ(6)
両生類(13)
   カエル(7)
   ウーパールーパー(2)
虫/昆虫(12)
   カブトムシ/クワガタ(7)
   タランチュラ(1)
ペット/動物全般/コラム(50)
   ペットや動物と触れ合えるスポット(16)
   寄付/募金/殺処分(6)

タグ一覧

飼い方/飼育方法(688)
種類/品種(603)
繁殖/育成(539)
毛色/毛質(245)
性格/生態/特徴(544)
食事/餌/栄養(553)
病気/病院/治療(593)
しつけ(443)
トイレ(150)
選び方(490)
値段/価格(505)
ランキング/おすすめ(124)
口コミ/レビュー(158)
旅行/ホテル/レストラン(24)
寄付/募金/保護活動(13)
おもしろペット/珍ペット(90)
飼育知識/豆知識(780)
画像/動画(120)
まとめ(791)

人気記事ランキング