logo

Top > ペット/動物全般/コラム > ペット/動物全般

ペットの葬儀で後悔しないために知っておきたいこと-費用・服装・サービス内容-






大好きなペットが亡くなった際、きちんと葬儀を行ってあげたいと思う飼い主の方は多いはず。

以前はペットが亡くなった場合、 自治体の焼却場に運ぶものでしたが、近年ではペット葬儀専門の寺院やペット霊園も増え、 人と同じようにペットの葬儀を行うことが一般的になってきました。

いつかは訪れてしまう、ペットとのお別れのとき。
葬儀はたった一度しかできないことだからこそ、主なサービス内容や費用相場・注意点を確認し、後悔することがないよう知識を深めておきましょう。

個別葬か合同葬か立会葬か

 

ペットの葬儀には、大きく分けると個別葬・合同葬・立会葬の3つのパターンがあります。

 

「合同葬」では、他のペットたちと一緒に火葬・埋葬を行うので、お墓の中でもひとりぼっちになることがありません。

また、低価格でしっかり葬儀を行いたい方にも最適です。

 

一方、その子のみで火葬を行い、骨壺に納めるのが「個別葬」です。

納骨する前に、自宅に一度ペットの遺骨を持ち帰りたい方に人気がある葬儀の仕方です。

 

「立会葬」は、時間をかけて手厚いお葬式を営みたい方に適しています。

そのまま納骨できる場合と、一度返骨してもらえる場合とがあります。

 

なお、祭壇セットを自宅に設置して葬儀を行ってもらえる、「自宅葬」サービスを提供している業者もあります。

また、会場で火葬をする場合と火葬車が来る場合とがあり、火葬車では自宅に迎えに来てもらった際、ペットをその場で預けてお別れになります。

 

具体的なサービス内容は葬儀屋によって少々異なるため、火葬に立ち会うかどうか、埋葬方法は個別か合同か、納骨は任せるか自分自身で行うか、必ず確認しておきましょう。

いずれも基本は電話予約なので、理想に近い葬儀ができるよう、じっくり相談してみることが重要です。

 


ペットの火葬料金・費用相場

 

cost_of_pet_funeral

 

ペットの葬儀を行わず、自治体で焼却してもらう場合には、料金は数千〜1万円です。

しかし、地域によっては一般廃棄物として処理されてしまうので、ずっと一緒に暮らしてきた飼い主としては、寂しい気持ちになりますよね。

 

多少の費用を支払ってでもペットのお葬式をしてあげたいという方は、以下を参考にしてみてください。

ペットの種類や体重、葬儀の内容によっても金額は変動しますが、最も安価である合同葬ですと、

 

・小鳥、ハムスターなど1kg未満のペット……1万~1万2千円

・猫、ウサギのような小動物……1万5千円前後

・小型犬、中型犬……2、3万円前後

・大型犬・特大犬……4、5万円前後

 

位が相場です。

さらに個別葬であれば、+5千〜1万円程度、自宅での立会葬であれば+7千〜3万円位かかります。

火葬車なら、上記の価格より2千〜2万円ほど安くなりますが、できれば葬儀場でお見送りしたい方も多いことでしょう。

 

祭壇のグレードや供養プランによっても料金は変わってくるので、予算や希望の供養の仕方に合わせて選びましょう。

できれば複数のペット霊園やペット葬儀場に見積もりを依頼して、内容を比較してみることをおすすめします。

 

ペットの葬儀の主なサービス内容

 

pet_funeral_services

 

ペットの葬儀の際には、どのようなサービスがあるのでしょうか。

もちろん寺院やペット霊園によってさまざまですが、火葬や納骨だけではなく、要望に合わせて読経やお焼香、お骨上げなども丁寧に行ってくれる事業者も多いです。

また、専用車で自宅まで迎えに来てくれる葬儀屋もあります。

 

自宅で供養する家庭も多いことから、遺骨の渡し方に配慮してくれる業者も多く、近頃ではインテリア性のある可愛い骨壺を選べるところも増えています。

さらにペットとずっと一緒にいられるよう、小さな分骨用壺や、ネックレス、キーホルダーに遺骨の一部を入れてくれるお寺もあります。

 

なお納骨ではなく、散骨や樹木葬をしてあげたい場合には、粉骨パウダーサービスがあるかどうかも調べておきましょう。

 


ペットセレモニーの際の服装は?

 

ペットの葬儀の当日には、どのような服装が良いかも知っておきたいところですよね。

 

寺院や会館で葬儀を行う場合は、少し暗めのカラーの私服を着るのが良いとされています。黒を基調とした服なら、より無難です。

もちろん、喪服でも構いません。

華美なカラーではなく、落ち着いた色合いの服であれば、基本的には問題ないでしょう。

 

ペットの葬儀で必要な持ち物

 

funeral_items

 

ちなみに葬儀の際には、ペットが生前に好きだったご飯やおやつ、愛用していたタオルはぜひ持って行ってあげましょう。

飼い主からのお手紙も、一緒に火葬してもらえます。

 

お花は、白や薄いピンクなど、淡い色のものであればお供えできます。

紫や赤といった濃い色の花は、火葬後に骨に色写りしてしまう可能性があるので避けましょう。

なお、予約しておけばお花を手配してくれる葬儀場もあります。

 

祭壇にペットの写真を飾ることもできます。

また、金属やプラスチック製品は一緒に火葬することはできませんが、気に入っていたおもちゃや首輪があれば、写真の隣に添えることもできます。

 

数珠を持っていきたい場合は、人のお葬式の際に使うものと同じで大丈夫です。

ハンカチも、忘れずに持参しましょう。

 


ペットの葬儀で多いトラブルには要注意

 

清らかな気持ちで、大切なペットを供養してあげたいと思う飼い主の方や葬祭業者もたくさんいる一方で、ペットの葬儀ではトラブルも多発しているので注意が必要です。

 

よくあるトラブルの例としては、

 

・後から高額請求された

・火葬車に預けた遺骨を不法投棄された

・手違いで、他の動物の骨を渡された

 

といったものがあり、いずれも悲しくなってしまう内容ばかりです。

ペットの火葬の際には、実績があり、かつ口コミサイトなどで評判の良い、本当に信頼できる業者を探すようにしましょう。

 

「動物葬祭ディレクター」の資格を所持したスタッフが在籍している火葬業者もおすすめです。

お世話になっている動物病院があれば、優良なペット霊園を紹介してもらうのも良いでしょう。

法要を執り行ってくれる寺院も多数あるので、アフターケアが充実しているところを選択するのも得策です。

 

また、慌てず焦らず、電話で問い合わせた際に本当に親身になってくれたところに依頼するのが、あなた自身にとっても、ペットにとっても大事なことと言えるでしょう。

 

ペットの葬儀は、できれば事前相談を

 

advance_consultation_on_funeral

 

ペットの葬儀のことは、できるなら考えたくないことかもしれませんが、悲しいトラブルを防ぐためにも、なるべく早めに準備しておくことをおすすめします。

 

生前からの相談や、見学を受け付けている葬儀場もあるので、一度連絡してみましょう。

事前相談の段階で親切な対応をしてくれるペット霊園であれば、安心して葬儀を依頼できるはずです。

 

日々、たくさんの愛情を私たちに注いでくれてきた、大切なペット。

いつの日かお別れをするときが訪れたら、ぜひ気持ちよく天国へお見送りできるよう、心の込もったお葬式をしてあげたいですね。


フォローして最新のペット・動物関連記事をチェック!



検索

カテゴリ一覧

大型哺乳類(22)
   カピバラ(2)
   ブタ(3)
中型哺乳類(445)
   猫/ネコ(178)
   犬/イヌ(228)
   霊長類/類人猿/サル(9)
   モモンガ(2)
   フェネック(1)
小型哺乳類/小動物(76)
   うさぎ(32)
   ハムスター(21)
   ハリネズミ(7)
   モルモット(4)
   チンチラ(2)
鳥類(109)
   インコ(15)
   梟/フクロウ(9)
   文鳥(3)
魚類/甲殻類/水生生物(75)
   海水魚/熱帯魚(33)
   淡水魚(23)
爬虫類(34)
   蛇/ヘビ(9)
   トカゲ(9)
   カメ(6)
両生類(13)
   カエル(7)
   ウーパールーパー(2)
虫/昆虫(13)
   カブトムシ/クワガタ(8)
   タランチュラ(1)
ペット/動物全般/コラム(53)
   ペットや動物と触れ合えるスポット(17)
   寄付/募金/殺処分(6)

タグ一覧

飼い方/飼育方法(720)
種類/品種(630)
繁殖/育成(565)
毛色/毛質(252)
性格/生態/特徴(576)
食事/餌/栄養(579)
病気/病院/治療(617)
しつけ(457)
トイレ(153)
選び方(498)
値段/価格(531)
ランキング/おすすめ(127)
口コミ/レビュー(161)
旅行/ホテル/レストラン(24)
寄付/募金/保護活動(14)
おもしろペット/珍ペット(94)
飼育知識/豆知識(817)
画像/動画(120)
まとめ(828)

人気記事ランキング