logo

Top > 鳥類 > 陸地に棲む鳥

陸地に棲む鳥のサブジャンル一覧




陸地に棲む鳥の記事一覧

陸地に棲む鳥の種類

桜文鳥の特徴や飼い方

名前を呼べば飛んできて手の中に潜ったり、甘えてきたり、丸々としたかわいらしい身体と人懐っこさが魅力の文鳥。 飼い主への愛情が強いがゆえに嫉妬をしてしまうこともあります。 値段が手ごろで小型なため、初心者向けの鳥としてインコと並んで人気があります。 文鳥にはさらに並文鳥をはじめ、桜文鳥、白文鳥、シナモン文鳥、シルバー文鳥など、様々な品種が存在します。 このページでは胸の桜模様が特徴の桜文鳥に絞って、性格や特徴、ヒナや成鳥の飼育方法など、初めて文鳥をお迎えする飼い主さんにも分かりやすくご紹介していきます。

陸地に棲む鳥の種類

日本にはどんな野鳥がいるの?エリアごとに分けて野鳥の種類や見分け方を解説

野鳥は普段からよく見ることがある思いますが、その野鳥は何という名前でどんな鳥か知っていますか? 種類は違くても見た目が類似している鳥がいたり、飛んでしまって見えにくいため、意外と鳥の見分け方は難しいのです。 鳥の見分け方の一つとして生息地の違いがあります。 場所により生息している鳥が決まってくるので候補が絞られ、鳥が見分けやすくなります。 さらに鳥の生息地を知っていることで、お目当ての鳥の観察がしやすくなるのです。 本記事では「身近」「海辺」「水辺」「野山」の4エリアに分けて野鳥を紹介します。

陸地に棲む鳥の種類

にわとりを飼育しよう!にわとりの歴史・特徴、飼い方について

家畜化されているにわとりは今や私たちの生活に欠かせない存在です。 鶏卵は様々な料理に活用されており、にわとりも食材として身近な存在です。 そんなにわとりは購入も非常にしやすく、孵化させ、ひよこから育てる楽しみがあり、ペットとしても人気です。 成長過程で変化していく様子を楽しむことができ、人に懐きやすい鳥類でもあります。 また、雌のにわとりを飼育すれば採卵することも可能です。 今回はにわとりの歴史や特徴、飼育のポイントをご紹介させていただきます。

陸地に棲む鳥の飼い方/豆知識

鳥の種類ごとに合う鳥かごはどれ?鳥かごの必要性や選び方のポイントも解説

鳥カフェやフクロウカフェなどの鳥とふれあえるお店が増え、自分で鳥を飼いたいという人も増えてきたと思います。 いざ鳥を飼うとなった時に準備しなければいけないのが、大事な愛鳥の家になる鳥かごです。 たくさん種類がありますので、どんな大きさで、どんな形状の鳥かごを買えばいいの迷ってしまうのではないでしょうか? 本記事では「鳥の種類ごとにおすすめの鳥かご」を鳥の種類ごとに紹介し「鳥かごの必要性」や「鳥かごの選び方」もまとめています。


オウムの種類や飼い方。オウムとインコの違いも解説!

「セキセイインコ」や「オカメインコ」「ボタンインコ」など、名前に「インコ」とつく鳥はたくさんいますよね。 名前的にみんな同じ種類の仲間に見えますが、実はこの中にインコではなくオウムの仲間が混じっているのです! 名前だけ見てもどれがインコでどれがオウムなのかわからないと思いますが、容姿を見ればしっかりと見分けることができる特徴があります。 本記事では「オウムとインコの違い」や「オウムの種類」「オウムの飼育方法」についてまとめています。


鳥のトキ(朱鷺)は絶滅した?保護の理由と歴史・現在の繁殖状況と課題を解説!

トキ(朱鷺)は、「ニッポニア・ニッポン」という学名で知られるように、日本の代表的な鳥の一種であるにもかかわらず、絶滅の危機を迎えてしまった貴重な生物です。 トキが絶滅寸前の状態になってしまった理由・原因、保護活動の歴史と現在、日本産最後のトキとして知られる「キン」の話、そして今現在のトキの繁殖状況や、日本国内に生息している数、観察できる場所など、トキに関するさまざまなことをご紹介します。

陸地に棲む鳥の種類

スズメの生態や保護時の対応について

スズメは、日本では知らない人がいないのではないかと言うくらいに有名な鳥ですよね。 外を見わたせば屋根の上や電信柱の上など私達の身近な場所にいるので、日本に住んでいて見たことがない人はいないでしょう。 しかし、そんなスズメの生態について知っていますか? スズメについて詳しく知ることで、スズメに対して見方が変わるかもしれませんよ。 本記事では「スズメの生態」や「スズメの保護時の対応」など、スズメについて幅広く紹介しています。

陸地に棲む鳥の種類

フクロウの生態や値段、寿命や飼い方。都内のおすすめフクロウカフェも解説!

現在鳥類の中でも人気が高まっている種類が「フクロウ」です。 全国でフクロウと触れ合うことのできるフクロウカフェも人気を高めています。 フクロウの魅力とは、一体どのようなところにあるのでしょう。 フクロウの生態や特徴、値段や寿命、人気の種類などを始め、飼い方や都内にあるフクロウカフェを紹介します。 フクロウに興味のある方は、是非ご一読ください!

陸地に棲む鳥の種類

チャボってどんな動物?ニワトリとの違いや飼育方法を解説

養鶏場で見かけるニワトリよりちょっぴりワイルドな姿をしているチャボ。 時代劇などの背景として見かけることも多いですね。 実は、チャボはコレクターの間やペットとしても密かに人気のニワトリ。 日本の天然記念物として登録されている鳥です。 そんなチャボには、どのような魅力があるのでしょうか。 ここでは、チャボの特徴やニワトリとの違い、飼い方など詳しくご紹介していきます。

陸地に棲む鳥の種類

初心者にもおすすめの日本を代表する鳥「十姉妹」の飼育方法や特徴について

十姉妹(ジュウシマツ)は、日本でペット用として改良された鳥の一種。 飼育のしやすさや、繁殖のしやすさ、声も小さくて近所迷惑にならないなど、ペットとして飼育しやすい要素が多い鳥でもあります。 初めて鳥を飼うという方にもおすすめな鳥で、基本的な鳥の飼育方法について理解しておけば、しっかりと寿命を全うしてくれることでしょう。 今回はそんなジュウシマツの歴史や飼い方について見てみましょう。

陸地に棲む鳥の種類

美しい鳴き声が特徴の春告げ鳥、うぐいすの生態、特徴、保護した時の注意点など

生き物たちが動き出し、若葉が萌えいづる季節。 春になると「ホーホケキョ」と甲高くも澄んだ音で鳴くうぐいすの美しい声を聞いたことのある方は多いのではないでしょうか。 早いところでは3月、遅くても4月頃に鳴き始めるうぐいすは古くから春を指す季語として和歌に詠まれています。 では、そんなうぐいすはどのような生き物なのでしょうか。 今回はよくうぐいすと混同されるメジロとの違いにも触れながら、その生態、特徴、保護をした時の注意点について解説していきます。

陸地に棲む鳥の種類

日本人と長い付き合いを持つ「キンカチョウ」の特徴や飼い方

「キンカチョウ」、その名前はあまりメジャーではありませんが、実は明治時代から愛玩鳥として日本人に愛されてきた、長い歴史を持つ子鳥です。 文鳥に間違われやすいのですが、丸いほっぺたのような模様やオレンジ色のくちばしがとても愛らしいキンカチョウ。 ここでは、キンカチョウの体重や寿命、鳴き声、性格などの基本データから、どのくらい懐くのか、餌は何を与えるかといった飼育方法を始め、飼う際の注意点をまとめました。

陸地に棲む鳥の種類

ツバメの生態、特徴、保護したときの注意点など

童話「幸福な王子」にも登場するツバメは、日本でメジャーな渡り鳥です。 春になると巣を作り、見事な滑空で餌となる昆虫を捕らえる姿を見たことがある方は多いのではないでしょうか。 人の家の軒下に巣を作ることが多いため、家でその姿をよく見るという方もいるかもしれません。 を食べずに害虫のみを食べてくれるという習性から、農家の方には昔から大切に扱われてきた益鳥でもあります。 今回はそんなツバメについて、生態や特徴、保護した際の注意点について解説していきます。

陸地に棲む鳥の種類

カラスの生態や保護方法

カラスに対して好印象を抱いている人はあまり多くはないと思います。 カラスから何もしてこなければまだいいのですが、筆者は歩いている時に、急にカラスに頭を叩かれたことがありました。 しかし、カラスにも可愛らしい一面はあります。 なぜそのようなことが言えるのかと言うと、筆者がカラスのお世話をしたこがあるからです。 本記事では「カラスの生態」や「ハシブトガラスとハシボソガラスの違い」、「カラスの飼育方法」など、幅広く掲載しています。

陸地に棲む鳥の種類

桃色カラーが美しい「アキクサインコ」の生態や飼い方

桃色と黄色の淡いパステルカラーが美しい「アキクサインコ」。 コンパニオンバードの人気が高まる中、女性を中心に現在人気沸騰中の中型インコです。 アキクサインコとは、どのような鳥なのでしょう。 大きさや寿命、性格などの基本データから、繁殖、飼育の仕方、注意点など、アキクサインコについて詳しく調査しました。 アキクサインコを飼っている方はもちろん、お迎えを検討している方も、一度は読んでいただきたい項目をまとめました。

陸地に棲む鳥の種類

アオサギの生態や観察スポットなど

野鳥というと、スズメやカラスのようにさほど大きくない鳥をイメージしますが、たまに野外で大きな鳥を見ることはありませんか。 その大きな鳥はアオサギかもしれません。 アオサギは海岸や河原、水田などの水がある地帯にいることがよくあります。 そのため、意外と身近にいる鳥なのです。しかし、どのような鳥なのかご存じない人は多いと思います。 本記事では、『アオサギの生態』や『アオサギを飼うことはできるのか』、『アオサギの観察スポット』などを紹介しています。

陸地に棲む鳥の種類

モズ(百舌鳥)の魅力や謎を徹底追究!【はやにえの理由・生活・保護した時の注意点】

古くから日本で親しまれてきた野鳥である「モズ(百舌鳥)」。 人気を博した刑事ドラマ『MOZU』の影響で、興味を持ったという方も多いのではないでしょうか。 一見するとスズメのように可愛らしい小鳥ですが、実は肉食で、ちょっと怖い一面や不思議な習慣を持つ、とてもミステリアスな存在です。 今回は、名前の由来、特徴、生息地といった基本的なことから、はやにえ(早贄・速贄)や高鳴きという独特の習慣の理由、保護した時に注意したいポイントまで、知りたかったモズの謎や魅力に迫ります!

陸地に棲む鳥の種類

鳩時計はカッコウだった?カッコウの特徴、托卵の方法とその巧みな技とは

日本では夏の始まりに「カッコー」という鳴き声を届け初夏を知らせるカッコウ。 今もその声を聞くと「夏が始まったなぁ」と思う人もいるのではないでしょうか。 そんなカッコウは独特の繁殖方法で知られています。 自分で子育てをせず、他の鳥に育てさせる托卵。 その巧妙な技とは一体どんなものでしょうか。 ここでは、カッコウの特徴や托卵の方法など詳しくご紹介していきます。

陸地に棲む鳥の種類

ハリーポッターにも登場!シロフクロウの生態や飼い方

大人気映画「ハリー・ポッター」シリーズには、多くのフクロウが出演しています。 その中でも、主人公の相棒であるフクロウこそが「シロフクロウ」です。 映画の影響もあり、人気沸騰のシロフクロウ。 全身真っ白で美しい姿がとても印象的です。 シロフクロウはどのような生き物なのでしょうか。 また、ペットとして飼うことはできるのでしょうか。 ハリー・ポッターファンにも必見!シロフクロウの生態や、飼い方を詳しく紹介します。

陸地に棲む鳥の種類

色鮮やかなオオルリを観察しよう。オオルリの特徴や性格、生活のまとめ

鮮やかな体の色と美しいさえずりが魅力のオオルリ。 日本には4月ごろやって来て巣作りをし、繁殖をします。 しかし、10月を過ぎた頃から暖かい場所へと去ってしまいます。 観察できる期間が限られているオオルリですので、是非とも観察に出かけたいところ。 今回はオオルリについて、体の特徴から生活の様子などを説明していきます。 さらに、関東地区でオオルリを観察しやすいスポットも紹介。 観察のコツを頭に入れて、綺麗な野鳥のオオルリをみてみましょう!

検索

カテゴリ一覧

大型哺乳類(16)
   カピバラ(2)
   ブタ(3)
中型哺乳類(420)
   猫/ネコ(169)
   犬/イヌ(213)
小型哺乳類/小動物(71)
   うさぎ(30)
   ハムスター(21)
鳥類(95)
   陸地に棲む鳥(82)
   水辺に棲む鳥(9)
魚類/甲殻類/水生生物(64)
   海水魚/熱帯魚(23)
   淡水魚(22)
爬虫類(30)
   蛇/ヘビ(7)
   トカゲ(9)
両生類(13)
   ウーパールーパー(2)
   カエル(7)
虫/昆虫(12)
   カブトムシ/クワガタ(7)
   タランチュラ(1)
ペット/動物全般/コラム(49)
   ペットや動物と触れ合えるスポット(16)
   寄付/募金/殺処分(6)

タグ一覧

飼い方/飼育方法(658)
種類/品種(584)
繁殖/育成(520)
毛色/毛質(241)
性格/生態/特徴(517)
食事/餌/栄養(531)
病気/病院/治療(579)
しつけ(433)
トイレ(148)
選び方(484)
値段/価格(492)
ランキング/おすすめ(120)
口コミ/レビュー(154)
旅行/ホテル/レストラン(24)
寄付/募金/保護活動(13)
おもしろペット(83)
飼育知識/豆知識(747)
画像/動画(120)
まとめ(759)

人気記事ランキング